トップページ | 2004年1月 »

2003.12.31

03シーズンの小笠原満男選手

2月上旬のA3から始まって、AFCチャンピオンズリーグ、リーグ戦、ナビスコ杯、天皇杯、それに代表の試合と、大忙しの1年間でしたね。左膝の鵞足炎、右ふくらはぎ打撲、左足大腿二頭筋炎と、いろいろケガがあったけど、それで出場しなかったのは1試合だけ。だましだまし出場していた試合も多かったと思います。その中でも、特に、ナビスコ杯が終わった後からの活躍は素晴らしく、得点も多かったですね。

前にも縁側日和に書いたけど、厳しいマークにつかれた時の対処が、この1年間で、わたしが感じた大きな成長です。02シーズンからビスマルク選手がいなくなって、満男選手のマークが以前よりキツくなったということが大きいのでしょう。相手選手を背負いながらのトラップする時の体の向きやボールを置く位置、ボールを持つ時とワンタッチでさばく時の判断、マークを引き連れてのスペースの作り方など、ハッとさせられる場面がたくさんありました。もちろん、満男選手のやり方を分かって信頼してくれているアントラーズのチームメートがいればこそだと思います。代表では、まだまだその点で、満男選手の力が100%見せられていないんじゃないかな。

キャプテンマークを巻くようになって、メンタル面の成長が強調される嫌いがあるけど、2ndステージ終盤からの活躍は、単にメンタルの変化だけでなく、結果を残せなかった試合の中からつかんでいったテクニック・戦術面での向上も大きいと思います。このシーズンは勝とうという気負いばかりが強く感じられて、うまくいかない試合もあったけど、次のシーズンはその成長を本に、さらにワンランクアップしたプレーを見せてくれると信じてます。

計49試合、4068分出場、得点12。

1年間、楽しいプレーをありがとう。

|

増田誓志選手 / 高校選手権1回戦 鵬翔vs星陵

報知に「小笠原のようなタイプ」という記事がでていて、どんな選手か興味を持っていたので、今日、高校選手権1回戦、鵬翔高対星陵髙戦を見に、西が丘サッカー場に足を運んでみました。

行ってみたら、出場選手の掲示がなくて、増田選手がどの選手か分からないんじゃないかと思ったけど、試合が始まってすぐに分かりました。視野が広く、DF裏やサイドのスペースにいいパスを送り込んでいきます。ロングパスは正確。1点目のアシストは増田選手でした。ゴール前でワンツーで相手をくずそうとしたり、前線に飛び込む動きも多くはないけどタイミングがいい感じです。

ただ、満男選手とは、雰囲気は全然似てないです(笑)。体が大きくて、比較的ゆったりした身のこなしは、どちらかというと中田浩二選手の方が似てる感じ。あくまで、雰囲気ですけど(汗)。ポジションは、今日は4−4−2の2列目だったけど、なんとなく、ボランチタイプかなと思って見てました。ただし、わたしの目では守備力はよく分からないです(汗)。

結果は、残念なことに2−3で鵬翔高が敗れました。星陵校の3点目は、クロスがそのままゴールに入っちゃったもので、不運もありましたね。

Football Weeklyにもこの試合のレポートが出てます。

|

2003.12.30

契約更改交渉終了

スポニチOSAKAによると、昨日でアントラーズのすべての選手の交渉が終了したとのことです。満男選手は、最初の契約更改交渉のあと話題が出てなかったけど、もう終わってたんですね。

FWの補強についての話も出てますね。ブラジル人FWは、1人獲得するでしょうね。ビザを取るのに3週間くらいはかかるはずだから、発表はされてないけど、もう決まっていてもおかしくない時期の気がします。

|

2003.12.29

サッカーai発売中

隔月2日発売だけど、お正月休みで早めに発売になってるんですね。東アジア選手権の特集に、満男選手の試合後などのコメントがかなり取り上げられてます。香港戦のあとは、どうして左サイドからばかりの攻撃になったのかなど、厳しめの質問も出てたようです。

曽ヶ端選手のインタビューもあります。昨年末に痛めた右肩の痛みが、まだあるそうです。1年間、無理を続けて来たんですね。まずは、ゆっくりと休んで欲しいですね。

|

涙の別れ

昨日のミーティングで、チームを離れる選手たちの挨拶があったんですね。ブラジル人はいないみたいだから、秋田選手、高嵜選手、相馬選手、加藤選手が挨拶をしたんでしょうか。nikkansports.comによると秋田選手の挨拶にはセレーゾ監督も号泣したようで。4年間、一緒に戦ってきたわけですもんね。この時期は、毎年だけど、別れは辛いですね。

|

2003.12.28

今日からオフに

アントラーズオフィシャルサイトメンバーズルームによると、今朝11時に全体ミーティングのあと、チームはオフに入ったそうです。年明けの集合は2/2。キャンプの場所は発表になってないけど、代表と入れ違いに宮崎に入るのかしら。

準々決勝のあと、負けた岡田監督が、オフが長くなるのでよかったと発言してたけど、わたしも満男選手がケガのケアをする時間が、少しでも長くなってよかったと思うことにしました。かなり、負け惜しみだけど(汗)。

Numberに載っていたインタビューで川淵キャプテンは、国内組の選手は1/26からのキャンプに、しっかりと体を作って臨んで欲しいということを言ってました。2/8には公式戦があるし、体を休められる時間は、とても短いですね。と、満男選手が選ばれると決めつけてますけど、キャンプに臨む代表メンバーの発表はまだですね。いつなんでしょう。

|

関塚コーチがフロンターレ監督に

スポーツ新聞なんかには、噂としてずいぶん出てたけど、正式発表になりましたね。[アントラーズオフィシャルサイト]

眼鏡の奥の真面目な目と、ゲーム中、審判から注意されるくらい熱く指示を出す姿が印象的でした。監督になるのだから、お目出たいことだけど寂しいなぁ。今季の試合が終了したことで、今日の発表になったんだと思うけど、選手の移籍についても、ボツボツ公式発表がありそうですね。

|

奥野コーチ誕生

ついこのあいだまで、ザスパ草津で監督権選手として活躍されてた奥野さんが、コーチとしてアントラーズに帰ってこられるんですね。[アントラーズオフィシャルサイト]

わたしはアントラーズを見始めたのが奥野選手が移籍する直前だったから、あまり思い入れがないんだけど、喜ばれる方、たくさんいらっしゃるでしょうね。満男選手にとっても、2年間、チームメートとしてプレーした奥野さんと、また一緒に働けるのはうれしいんではないでしょうか。

|

2003.12.27

残念でしたね / vsC大阪

延長Vゴール負けで、今シーズンは終了。秋田選手と一緒に戦う試合も終わりです。終始、アントラーズがペースを握っていただけに、残念です。

|

『小笠原、どつき事件の真相』

っていう刺激的なタイトルの記事が木曜日に発売になったNumberに出てますね。長居に向かう電車の中で人が読んでるのを発見。急いでキヨスクで買っちゃったんだけど、内容はたいしたことないです(汗)。

書いてるのはアントラーズのイヤーブックにも文章を書いている小室功さんなんだけど、あの試合を見てなかったのかも。満男選手が怒ってたのは、エウレル選手の攻撃に対してだけじゃなくて、守備面が大きかったと思うんだけど、そこには全く触れられてません。関係者への取材もなしです。

|

2003.12.26

海外移籍についてのゴシップ

下でリンクを紹介してますけど、F・マリノス戦の次の日のスポニチアネックスに『今月中旬に行われたクラブ幹部との話し合いで来季中の海外移籍を封印することを決断。二人の子供が2歳と1歳とまだ幼いこともあり「来年リーグで優勝してからということで本人も納得している」(クラブ幹部)と3シーズンぶりのリーグ制覇に全力を注ぐ。』という記事が載っていました。クラブ幹部と匿名になってるところが、ちょっとうさんくさい記事です(汗)。

今日のnikkansports.comの本山選手の海外移籍希望に関する記事には「(小笠原)満男も希望しているみたいですしね」という本山選手のコメントが出てきてます。希望してる<みたい>っていうような、みずくさい仲なのかしら2人はっていうのが第一印象(笑)。記事自体もちょっとオーバーかなぁ。

|

サッカー協会のファン登録制が来春から

登録料1,000円で、代表のチケットが手に入りやすくなるようですね。[nikkansports.com]

チケットの枚数が、チケットを手に入れたい人よりも少ないというのが、根本の問題だから、どんな手段を使っても手に入らなかった人から不満の声が出ちゃいますよね。完全な解決方法はないと思います。ただ、今回の方法が、チケットゲッター対策になるなら、今よりは、かなりいいんじゃないかしら。

|

東京はアラレ

今、外でパチパチと音がして降ってます。アラレといえば、一昨年の長居。春なのに、すごいヒョウが降ってきた憶えが。あの時は、延長で決着がつかず引き分けでしたね。99年から、確か勝ち星のない、長居のセレッソ戦だけど、明日はきちっと勝って欲しいですね。

|

秋田選手、相馬選手移籍の理由

フリークスの記事が、アントラーズオフィシャルサイトにも掲載されました。『来年の戦力として期待すべきかどうか』の1点で検討した結論ということですね。秋田選手、相馬選手自身は、その点で納得することはないでしょうし、来季も十分できるはずと思う方はフロントの決断に反対されるでしょう。証明でることではないだけに、難しいですね。わたしは、フロントの判断は間違っていない気がします。応援してきた選手が去るのは、とても寂しいけど(涙)。

|

足は大丈夫? / vs横浜FM

F・マリノス戦の2点目、青木選手のゴールのあとに、満男選手がピッチの外に出て治療を受けたのが気になってるですけど、TVでは全く話題になってなかったんでしょうか。痛めているという左足の付け根ではなくて、右のシューズとストッキングを脱いで手当を受けてました。足首か足先でしょうか。自ら、30メートルくらい走ってタッチラインまで行ったから、たいしたことがないといいんですけど。

|

F・マリノス戦ヒーローインタビュー

――放送席、放送席、小笠原選手です。ナイスゲームでした。サポーターが再びこの国立に戻ってくることを期待してると思いますが。
「……え? (インタビュアーの方を見て)どういう意味ですか?」
――この国立に、再び、アントラーズの選手たちが戻ってくるってことをサポーターは期待してると思いますが、その辺りはどうですか?
「(じっとインタビュアーの方を見ながら)え? …意味が分かんないんですけど」
――再びこの元日、国立で、アントラーズの選手たちのプレーを期待してると思いますが、いかがですか?
(インタビュアーの質問の意味がようやく分かり、「決勝戦ね」と小さく声に出し、ホッとしたように小さく笑いながら2〜3度うなずく)
「次、勝てばそうなると思うんで。まぁ…、勝てればいいと思います」
――今日は、それにしてもF・マリノスを相手に、見事なアントラーズのサッカーができましたね。
「あのぉ、この前の2試合が、先制されてっいう形で、立ち上がり試合の入り方がまずかったんで、その辺、あのぉ、しっかりやろうということで、今日は、いい形で入れたと思います」
――秋田選手始め、今シーズン、ユニフォームを脱ぐ選手もいるなかで、そうした強い思いもありますか?
「秋田さんだけじゃなくて、やっぱり、高嵜さんとか、相馬さん、加藤と、あと…ブラジル人ですけど、まぁ、その人たちとも、できるだけ長くっていう思いも、みんなの中にはあると思うし、(咳払い)あの、勝ってシーズンを終われたらいいなと思います。
――ありがとうございました。おめでとうございました。

[スカパー!録画放送]

ずいぶん長いこと話してたのに、NHKでは途中で時間切れになっちゃったし、スタジアム内には音声が流れてなかったので、何を話していたか知ることができないかと思ってたら、スカパー!が放送してくれました。NHKの生放送の時は、普段はヒーローインタビューを受ける選手はすぐにマイクの方に向かうのだけど、今回は、ほかの選手と一緒に場内を回り終わってから広報の方が呼びに来て、いつもと違うなと思ったんだけど、NHKの方が放送時間を勘違いでもしてたのかしら。

質問の意味が分からなくて、満男選手、困惑の表情でしたね。インタビュアーの真後ろから、広報の服部さんがじっと満男選手の顔をのぞいてたんですよね。ジェスチャーかカンニングペーパーで教えられるものだったら、教えてあげたかったでしょうね(笑)。キチンと聞き返すところも満男選手らしいし、「秋田さんだけじゃなくて」とチームを去る仲間の名前を1人ずつ挙げるところも、いかにも満男選手らしいインタビューですね。

|

2003.12.25

2得点、2アシスト

遅ればせながら、天皇杯準々決勝F・マリノス戦のネット上の記事を集めました。素晴らしかったですね。1stステージでは、満男選手と本山選手の守備面に注文をつけていたセレーゾ監督が、2人をほめています。ドゥトラ選手を抑えた守備は素晴らしかったですね。右サイドにいることが多かった本山選手の、守備面での貢献、目立ったと思います。

「(ゴールシーンについて)相手のマークをうまく外せて、いいボールが入ってきたから、うまくいったと思う。練習しているパターンだった。FKはゴールに向かっていくボールを蹴って、誰かが飛び込んでくれれば、ドンピシャでいければよかったが、たまたま久保君だった。この2試合は試合の入り方が悪かった。本当は今日のように入らないといけなかった。みんな口に出さないが、秋田さんとか相馬さんとか。終わって(優勝してから)よかったね、と言いたい。最近、勝っていないので、しっかりタイトルを取りたいです」[ケイタイサッカー新聞「オーレ!ニッポン」【河合貴子】]

「立ち上がりから集中できた。みんなのバランスがいいと、それがプレーにも出ると思う。ミスもあったがピンチもなかった。しっかり守れた」[アントラーズオフィシャルサイトメンバーズルーム]

「青木が上がってくれたのが大きい。今までなかったし。自分はああいう形が特に好きだから」[J's GOAL]

「本当なら(4回戦の)柏戦で修正していなきゃいけない」[Mainichi INTERACTIVE]

「秋田さんだけに限らず、相馬さんとか高嵜さんとか…」[Football Weekly]

「ベンチ入りできない相馬さんたちのためにもタイトルをとる」[東京中日スポーツ]

(秋田選手)「オガサはキャプテンの自覚が出てきたね。キャプテンになると自分のことよりもチームのことを先に考えるから退場もしなくなるもの…」[Sports Communications]

[SANSPO.COM] [スポニチアネックス] [nikkansports.com] [nikkansports.com] [デイリースポーツonline] [YOMIURI ON-LINE] [共同通信] [J's GOAL【元川悦子】]

セレーゾ監督コメント[スポーツナビ] [F・マリノス公式サイト] [J's GOAL]

|

今日の満男選手の表情

『DIARY』のコーナーに載ってます。[アントラーズオフィシャルサイトメンバーズルーム]

|

W杯予選、アウェイ2戦の日程決定

インド戦は9/8(水)、オマーン戦は10/13(水)。[スポーツナビ]
昨日、発表されたJリーグの日程表にも、もう載ってましたね。

スカパー!の鈴木チェアマンのインタビューによると、W杯予選の欧州組の招集は、全く問題がないということでした。協会に強制力があるということだと思います。

|

柳沢選手の結婚が発表に

柳沢選手が自身の言葉で、入籍を報告してくれてますね。[柳沢敦オフィシャルサイト]

クラブハウスグランドで見かけたのは、もうずいぶん前だから、ゆっくりと愛をはぐくんでこの日を迎えたのでしょう。末永くお幸せに。

|

2003.12.24

カシマスタジアムがドラマの舞台に

明日、夜9時からNHK総合で放送される「川、いつか海へ」で。

|

来季ナビスコ杯は、東京、柏、神戸と

04年ナビスコ杯、1次リーグは、4チームごと4組に分かれ、ホーム&アウエイの総当たり戦。アントラーズは、東京、柏、神戸と同組。

第1節 3/27(土)
第2節 4/29(祝)
第3節 5/29(土)
第4節 6/5(土)
第5節 7/17(土)
第6節 7/24(土)

決勝トーナメントは、1次リーグ上位2チームが進出。1回戦制のノックアウト方式。

準々決勝 9/4(土)
準決勝 10/9(土)
決勝 11/3(祝)

[Jリーグ公式サイト]

決勝をのぞいて、すべて、A代表の選手がチームを離れている時期に行なわれそうですね。

|

J1 05年から18チームで1ステージ制に

これは、まだ正式決定ではありませんが、年間34試合の白熱した戦いになりそうで楽しみです。スカパー!のインタビューでも、サッカーの魅力は、おらがチームを持って習慣的に足を運べるこなどと語っていたアントラーズの前社長の鈴木チェアマン、クラブ経営の経験者だけあって、延長戦の廃止など魅力的なリーグ作りに積極的ですね。[YOMIURI ON-LINE]

|

W杯予選、初戦は埼玉スタジアムで

下と同じ記事から。2月18日(水)の初戦は埼玉スタジアムで開催。

その直前の強化試合、イラク戦は2月12日(木)、国立競技場で開催。

マレーシア戦、イラク戦、オマーン戦とも、チケットは、登録制抽選販売。ファミリーマートでの優先販売は、12/26(金)から。[日本サッカー協会]

|

国際Aマッチがカシマスタジアムで

W杯予選に向けた強化試合、来年最初のAマッチのマレーシア戦が、2月7日(土)カシマスタジアムで行なわれることが正式発表されたそうです。[YOMIURI ON-LINE]

代表は、宮崎で始動、鹿島に移動ということになりそうですね。まるで、アントラーズみたい。代表スタッフの面々が慣れてる環境ですものね(笑)。メンバーは国内組中心になると思うから、東アジア選手権みたいになるのかな。満男選手のケガ、完治して、来年の始動をいいコンディションで迎えられるといいですね。

|

Jリーグ来季の日程発表

3月13日が開幕。1stステージが6月いっぱいまで。アジアカップが行なわれる7月は中断して、オリンピック期間中の8月14日から、2ndステージが始まります。

日本がオリンピックに出場した場合、2ndステージ開幕から、最大3試合程度、代表メンバーが抜けることになって影響が大きそうですね。アントラーズには候補選手が、青木選手、野沢選手、それに復帰がまだ決定していない根本選手といますけど、予選・本選とチームを抜けることを考えると来季の編成は難しそうですね。

ゼロックススーパーカップ 3月6日(国立)
J1第1ステージ 3月13日−6月26日
J1第2ステージ 8月14日−11月28日
オールスター戦 7月3日(新潟)
チャンピオンシップ 12月初旬
ナビスコカップ 3月27日開幕、決勝11月3日

[Jリーグ公式サイト]

|

岡田監督も握手を求める活躍

『試合後、小笠原とすれ違った横浜Mの岡田監督は、自ら握手を求めてきた。「がんばれよ」。』 [産経サッカーWEB]

昨日の満男選手のプレーには、岡田監督も脱帽だったようですね。

|

元旦にピッチに

「チームのモチベーションも高く、結果も出て気持的にもとても充実しています。絶対に元旦の決勝ピッチに立てるようベストを尽くしたいと思います」[アントラーズオフィシャルサイトメンバーズルーム]

試合直後のコメントでしょうか。気持ちの充実がプレーからも感じられますよね。「決勝ピッチに」っていうのは、脱字かしら。

|

2003.12.23

全てお前が責任を持て

秋田選手が、今日の試合後、身の引き締まるようなコメントをされたようです。

『試合後、小笠原に「ファンもチームも後輩も勝敗も、全てお前が責任を持て」と説教した。「相馬さんも秋田さんもいなくなるからそうですね」と言っていた。
僕も昔、奥野さんに甘えていたところがあった。奥野さんがいなくなって責任感がでてきた。
満男も今日の感じなら大丈夫。メンタル的な面で伸びて欲しいところがあったが、今日の感じだったらいけるだろう。彼は日本代表で欧州組に食い込める、それ以上のことができると思う。』
[ケータイ・サッカー新聞「オーレ!ニッポン」【河合貴子】]

秋田選手の本当に重い言葉だと思います。満男選手も、感じとっているでしょう。今日の満男選手の素晴らしいプレーをこれからも続けていって欲しいですね。

|

準決勝会場は長居

予想通りですね。アントラーズはアウェイ側です。[アントラーズオフィシャルサイト]

帰省ラッシュの時期だから移動の手配は、お早めに。

|

2003.12.22

パンツにも広告が

去年のゲンクの隆行選手のお尻の広告が印象的だったんだけど(汗)、あんな感じだったら面白いな。 [スポーツナビ]

|

当日もコンビニでは前売料金

天皇杯ハローダイヤルの方が言ったので確かのはず。ファミリーマート、ローソンなどでは、残券があれば、明日も前売料金で販売とのことです。@ぴあでは、今朝の時点で、チケットはかなり余っていた模様。チケット買いそびれた方は、トライしてみてください。

|

F・マリノス戦に向けて

「結果が求められる試合。勝つ意識を強く持って90分戦いぬきたい」 [アントラーズオフィシャルサイトメンバーズルーム]

常に勝ちにこだわる満男選手らしいコメントですね。

|

2003.12.21

代表始動キャンプは1/26〜2/1

宮崎キャンプについて、正式発表があったようです。[スポニチアネックス]
2/1以降は、場所を変えてキャンプということでしょうか。

|

秋田選手の名古屋移籍が決定

[デイリースポーツonline]

[YOMIURI ON-LINE]によると、『愛知県生まれの秋田は、鹿島での練習前に「11年越しの恋がかなった感じ。スピリットのある選手が必要と、熱心な誘いを受けた」などと語った。』とのことです。来季の活躍を期待したいです。その前にF・マリノス戦ですね。

|

準々決勝はアウェイ側

アントラーズオフィシャルサイトに、昨日のうちに発表になってたんですね。見逃してました。

|

2003.12.20

天皇杯4回戦 鹿島vs柏

鹿嶋は快晴。突然の寒さと、強い風。方向は、ピッチを斜めに、バックスタンドの上から吹き込んできた風が、ホーム側のサイドスタンドを吹き上がっていく感じ。コーナーフラッグを強くはためかせる風と、ホーム側のスタンドに差し込む強い西日は、プレーに影響したと思います。

前半は、まるで先週の試合のリプレイを見るよう。チーム全体がシャッキリしない感じでした。それでも、アントラーズペースで進むなか、余裕があると見えた秋田選手のヘディングでのバックパスが、曽ヶ端選手の届かない方向に飛び、ポストに当たってゴール前を転がります。ゆっくりと詰めたレイソルの選手が、ゴールラインのすぐ手前で、軽くボールに触ってゴール。前半10分で0−1にされてしまいました。

その後も、なんだか、まったりした展開。リカルジーニョがいないレイソルに対して、ボールキープは多かったのですけど、攻めに速さがなくて。満男選手のゴール左にわずかにそれる惜しいシュートや、FKの流れからゴールを割るかと思われたボールが、ラインギリギリで相手選手にクリアされるなど、得点が入りそうで入らないままの後半40分、わずかなレイソルの時間帯に追加点を取られてしまいます。相手の左CKの流れから、逆サイドにいた玉田選手がフリーで豪快に蹴り込んで2−0。先週と同じ点差に、2度も逆転は難しいのではないかと、少し悲観的な気持ちになりました。

後半立ち上がりも、なんとなくペースをつかめない感じだったのですが、12分、フェルナンド選手が右前のスペースに送り込んだボールを受け、深井選手がうまくDFの裏に抜けて、角度のないところからシュート。1−2に追いつきます。ここから、勢いが出てきたアントラーズ。本山選手がGKと1対1になって決めたシュートは、惜しくもオフサイド(ハンド?)の判定。この辺りから、選手たちの気迫がはっきりと伝わるようになります。少しでも時間を有効に活用しようと、左CKを本山選手が蹴り、右CKを満男選手を蹴ったりと工夫も見られます。

33分には、野沢選手と中島選手が一度にピッチに入り、後半43分、その野沢選手の右サイドからのパスを受けた深井選手がシュートを決めて同点。そして、ロスタイムに中島選手が決めて、その後2分ほどを守り抜き、準々決勝への進出が決まりました。

満男選手は、厳しいマークに苦しんではいましたが、短いパス、長いパスともに、今日はよかったのではないかと思います。左足のケガの調子は、少し回復しているのではないでしょうか。アシストにはならなかったけど、決定的なパスを何本も出していました。選手交代後は、ボランチに下がって、本田選手が入ってからは左ボランチになってたと思います。試合終了後も、ストレッチはしてなかったと思うけど、もしかしたら見逃しているかもしれません。勝ち試合でうれしかったのでしょう、スタンドに何回も手を挙げていました。そういえば、ハーフタイムに第4の審判の方に近づいて、和やかに話をしていたのが不思議だったのだけど、何を話していたのかしら。

深井選手は、途中で痛んで1度×印が出されて心配したのですが、その後、影響はなかったようで、2点を決める大活躍でしたね。それに、中島選手のプロ初ゴール。これはうれしかった。

試合後には、相馬選手、秋田選手のお別れのセレモニーが行なわれました。チームを去ることに対しての悔しさを強くにじませた2人の挨拶に、プロとしての高いプライドを感じました。次のチームで、そのプレーとプライドを生かして欲しい。秋田選手の挨拶には、さすがにホロッと来ました。

2人の挨拶で、今シーズンが終わったような気分に一瞬なっちゃったんですけど、またすぐ先の試合ですね。中2日だけど、満男選手の足は大丈夫かしら。パッとしない試合運びの続くアントラーズだけど、次の試合は、年間王者のF・マリノスに、挑戦者として果敢に立ち向かって欲しいと思います。

|

準々決勝は国立

次は、国立競技場でF・マリノスとです。[日本サッカー協会]
アウェイ側になるのかしら。

これを順調に勝ち上がれば、次はヴィッセルとセレッソの勝者と。多分、会場は長居でしょうね。帰省ラッシュで移動が大変そう。あまりに、気の早い話ですけど(汗)。

|

逆転勝利 / vs柏

深井選手の2ゴールと、中島選手のプロ初ゴールで逆転。後半は、秋田選手のホーム最終戦を勝利で飾ろうという選手たちの執念を感じました。
今日は、予定が変更になって生放送があったんですね。こちらで間違った情報を流してすみません。わたしも録画失敗です(涙)。
生放送がないと思って携帯から書き込みしてたんですが、詳しいレポートは、家に着いてからにします。ハーフタイムのレポートで期待して来られた方、ごめんなさい。

|

ハーフタイムです / vs柏

0-2で負けています。強風と西日に向かって攻める苦しい前半でした。1失点目は秋田選手のヘッドでのバックパスがGKの逆方向に飛び、ゴール左隅に入ってしまいました。2点目は、CKの流れからボレーで決められました。満男はパスの精度もよく調子よさそうです。今度は風に乗って攻める番です。

|

カシマスタジアムより / vs柏

快晴です。寒くて、とても風が強いです。
031220_122601.jpg

|

国内組 始動は宮崎

日本代表は1月26日から10日間、宮崎県総合運動公園で国内組中心のメンバーで合宿。
メンバーの発表は年内。

[SANSPO.COM] [スポニチアネックス] [nikkansports.com]

|

2003.12.19

準々決勝の岡山は売り切れ寸前?

天皇杯で勝ち上がったときに会場になる可能性のある4会場のうち、岡山の桃太郎スタジアムだけが売り切れ寸前のようです。ぴあでは、自由席は完売、指定席も残りわずかになっています。新しいスタジアムだけに、人気が高いのでしょうか。
対戦相手が、サンフレッチェとF・マリノスの勝者になるのですけど、サンフレッチェであれば岡山で決まりでしょうし、F・マリノスになったとしても、他の山も関東のチームが多いので、この組み合わせが岡山になる可能性もありそうです。

天皇杯のハローダイヤルに問い合わせてみたところ、売り切れ間際なことも把握していない様子。外部に委託してやっているのだと思うので、仕方がないのかな。
ただ、「明日の午後5時過ぎからハローダイヤルで決定した会場を案内する」とのことでした。回線が少ない気がするので、決定直後はかなり混み合うんじゃないかと思いますけど。

天皇杯ハローダイヤル tel 03−5777−8600

日本サッカー後援会会員は、準々決勝は無条件で入場できるはずですけど、直接、問い合わせてみたところ、担当の方がおらず、電話口に出た方がおっしゃるには、その日会場のひとに聞いてもらわないと分からないけど、多分、大丈夫だと思うとのことでした。そんな、頼りない(汗)。
岡山サッカー協会にも電話してみましたが、担当者がいらっしゃらなくて、分かりませんでした。

天皇杯はJリーグではなくて、サッカー協会が主催してるから、運営がアマチュアっぽいんですよね。プロのチームが参加するには、頼りない部分が多すぎるかな。全国各地で試合があるから、普段Jリーグの試合を観られない地方の、特にサッカーに関わっている人たちには、とてもいい大会だと思うけど。

|

準々決勝の会場は4回戦終了後に発表

18:00以降、オフィシャルサイトに掲載予定とのこと。
詳しくはこちらに掲載されています。

その前に、まずはレイソル戦ですね。

|

当選確認期間です

アントラーズファンクラブのポイントシステムのプレゼントの当選確認が始まってます。
12/24(水)正午まで。

去年は、確認しなくてもプレゼントが届いたという知人がいた気もしますが(汗)、念のためお忘れなく。

|

2003.12.18

リニューアルオープンです

突然の引っ越しで驚かれた方も多いと思います。以前から、トップページの変更が少ないのが気になっていました。カウンターだけが回っている状態で申し訳なくて。

掲示板のほうにも、いいタイミングで顔を出せないので、なにかいい方法がないかと考え、@niftyの「ココログ」というサービスを利用してみることにしました。馴染んできたデザインから離れるのは寂しいのですが、掲示板では、なかなか自分のペースを保って書き込みしていくことが難しいので、このほうが自分にはあっているかもしれません。まだ、ちゃんとサービスを使いこなせていないのですが、ボツボツやっていくつもりですので、みなさまもつき合ってやってください。

わたし(あり@家主)から発信する情報やレポートは、このトップページに書くことになると思いますが、「縁側日和 - BBS」も、今まで通り開いていますので、ちょっと縁側で茶飲み話でもするように、これまで通り多くの方に利用していただけるとうれしいです。

「縁側日和 - BBS」だけでなく、トップページのほかは、内容もアドレスも今までと全く変わっていません。左上のリンクより飛んでください。これからもよろしくお願いします。

|

天皇杯4回戦はBSで録画放送

NHK-BS1にて、試合当日(12/20(土))の午後3時から。
SKY PerfecTV!での放送はなし。

|

セリエAのEU外選手枠が5人に?

SANSPO.COMの柳沢選手についての記事の中の記載。いつも、開幕ギリギリまでレギュレーションの決まらないセリエAだから、これも、まだ先どうなるか分からないけど、日本人選手のセリエA移籍の壁が少し低くなるということかしら。
柳沢選手のレンタル延長については、噂程度の話でしょうか。まだまだ先のことですしね。

|

鹿島サポーターが戦力外選手の送別会

nikkansports.comの記事です。鹿島サポーターと書いてあるのは、IN.FIGHTのことかな。IN.FIGHTの送別会は、毎年開かれてるんじゃなかったかしら。もちろん、ブラジル人選手も含めての送別会。今年、日本人4選手になってるのは、もうエウレル選手が日本にいないってことなのかも。

|

鈴木チェアマンのロングインタビュー放映

SKY PerfecTV! フジテレビ739『ジョン・カビラ 夢のマッチアップ』

初回放送 12/18(木)21:00〜22:50
再放送 12/18(木)27:00〜28:50
再放送 12/19(金)08:00〜09:50

|

2003.12.17

スカパー!でJチームの特集番組

2003 Jリーグオフ企画「Jリーグ 28」
Jリーグ全28チームをそれぞれ特集した30分番組。選手や監督が出演し、チームやホームタウンなどを紹介するそうです。

アントラーズの特集  1/27(火)20:00
再放送  1/31(土)13:30 & 2/1(日)14:30

|

海外移籍を熱望?

17日付の報知新聞に、『小笠原海外移籍熱望』というタイトルの記事が掲載されています。
内容は『小笠原満男が16日、1回目の契約更改を行い、初めて海外意識の希望を伝えた。鈴木強化部長が明かした。ただ、現時点では3年契約の3年目となる来季も鹿島でプレーすることでほぼ合意しており、契約は更に延長される見込み。次回の契約更改は近日中に行なわれる。』とのことです。

スポーツ新聞の記事なので、どの程度まで当てになるか分からないけど、情報の出所の関係者の名前が実名で出ている時は、比較的信憑性が高いという話です。チーム事情からして、1月の移籍シーズンでの移籍はありえないと思うし、夏のヨーロッパの移籍シーズンも、中田選手のケガからの復帰の時期との関係が微妙かも。シーズン途中での移籍が難しいことを考えると、もし記事が本当で、海外移籍の希望があったとしても、再来年の夏くらいにタイミングが合えばということになるでしょうか。

|

久保選手のゴールを喜ぶ満男選手

スポーツナビの素敵な写真です。

|

トップページ | 2004年1月 »