« 国際親善試合 日本代表vsイラク代表 | トップページ | 今日も2部練習 »

2004.02.15

イラク戦後のコメント

またまた、遅くなりましたが、試合後のコメントを。

−2−0という今日の勝利についていかがですか?
 結果が出てよかった。立ち上がりの入り方があまりよくなかった。相手のプレッシャーがきつくてボールを失うことが多かった。逆に自分たちがそういう形を作っていかなければならなかった。ハーフタイムにこのままじゃダメだ。リズムを変えていこうと話していたところ、早い時間に点が入ってリズムが変わってよかった。
−1点目のゴールの場面の三都主との連携については?
 思い切って出てくれたから、相手の裏を取ることができた。いい形になったと思います。
−コンディションはいかがですか?
 ボールの感覚が戻ってきたし、フィジカルもあがってきた。
−18日のオマーン戦については?
 取りこぼしは許されない。結果が必要だと思います。
−三都主の左サイドでのプレーについては?
 前に出て行って生きるタイプ。どんどん行けと話している。あとは自分やボランチが、カバーするからと伝えてある。今日はその形ができた。
[J's GOAL]

「個人としては、だいぶボールにもなじんできたし、フィジカルも上がってきたので、これからだと思います。
 18日は取りこぼしが許されないので、欧州組が帰ってきて競争も生まれてくると思うし、チーム力も上がってくるなどメリットは多いと思います」[スポーツナビ]

「裏で受けたりとか、もっと工夫できたらよかったんだけれども」[asahi.com]

「ずい分試合カンが戻ってきたと思う」「(イラクのような)ああいう入りを自分たちがしなくてはならなかった。プレッシャーをかけてシュートに持ち込む、そういう動きです。急ぎすぎてピンチを招く、そういうことを学んだ試合だったし、その意味ではいい相手と厳しい練習ができたと思う。あと1週間で、必ずもっといいチームにできる」[masujimastadium.com]

「(試合の)プレッシャーはなかった。アレックスには以前から、もっと前に出て行ってくれと言っていたが、今日は(積極的に)前に出て行ってくれたのでああいう、得点につながるパスが出せたんだと思う」[Football Weekly]

「次が大事な試合(W杯アジア1次予選初戦)なので、いい勝ち方をしたかった。2対0という結果が出たのはよかったけど…」[ISM]

満男選手と俊輔選手を同時に起用したことに関するジーコ監督のコメント。「中盤については、小笠原を交代させて藤田を残したとしても、コンビ的には問題はなかったと思いますが、どちらかといえば小笠原と組ませたかったということです」[スポーツナビ]
ジーコ監督、アントラーズの監督時代から、2列目のコンビに関しては、独自の感性があるような気がします。といっても、うまく説明ができないんだけど。

ともかく「立ち上がりの入り方が悪すぎた」という満男選手の言葉が全てのような試合でしたね。チーム全体に縦に入れるパスが少なくて、やる気が見られなかったという声もあるようだけど、満男選手のプレーは意図的だと思います。ボールを持ってクルッと1周する姿が、ゲーム中に2回もあるなんて、アントラーズではまずないことだから(笑)。満男選手自身も「後半はとにかくボールを落ち着かせようと思った」と語っていたようです。

試合後にMFの1人が「欧州組が入ってきて、また変わるんでしょうね」と言っていたそう。変わっちゃうんでしょうね。

[試合詳細]

|

« 国際親善試合 日本代表vsイラク代表 | トップページ | 今日も2部練習 »