« ロングインタビュー | トップページ | ゆりかごパフォーマンス? / vs清水 »

2004.03.20

45分間だけ / J1 1st第2節 清水vs鹿島

試合を見ていて思っていたのと同じことを、記者会見でセレーゾ監督が言ったようです。

「きょうの試合は後半の45分だけ。前半は守備の意識が欠けていた」(時事通信社)

見せたほうにこう言われてしまったんじゃ、日本平まで見に行った人間の気持ちはどうしてくれるんだって感じですが、ホント、前半は最悪でした(汗)。

満男選手は、ガンバ戦ほど動き回らず、中央近くにいるようにしていたようです。ただ、ボランチに熊谷選手でなくて青木選手が入ったせいか、満男選手が動かない分を埋め合わせる選手もいなくて、守備がガタガタ。立ち上がりから悪かったのが、先制されて、チーム全体が動揺してるのが見ていて伝わるほどボロボロになりました。ファビオ・ジュニオール選手も、ほとんど消えちゃってるし(涙)。

後半に入って、相手のミスが続いて、アントラーズがこぼれ球を拾えるようになりました。こちらのペースになるに従って、ファビオ・ジュニオール選手もいい働きを見せてくれるようになって、後半の中頃までは、すごくよかったです。この時間に、きちんと2点取れたのは大きい。ただ、最後は、また、オタオタし出しちゃって、なんとか守りきった感じ(汗)。

セレーゾ監督は流れが悪いときに引っ張ってほしいと満男選手と本山選手に対する期待を口にしたようです。キャプテンマークを巻く満男選手にかかる期待は、大きいですけど、引っ張ろうと走り回るとガンバ戦のように動きすぎと言われるし、動きを抑えると余計にうまくいかないし、全体のコンビネーションの問題でしょうけど、なかなか難しそうに見えます。

小笠原は試合後、口数も少なく帰りのバスへ乗り込んだ。ということですけど、いくら勝ったとはいっても、この試合内容で満男選手が満足するはずはないから、もっともだと思います。

試合中に雨は降らなかったんだけど、どんよりと曇って、すごく寒かったです。とにもかくにも勝ってよかった。負けてたら、チーム崩壊になるんじゃないかと思うほど、まとまりのない試合でした。

次も相性の悪い味の素スタジアムだけど、今日の後半の立ち上がり20分ほどのペースで、1試合まるまる戦えますように。

|

« ロングインタビュー | トップページ | ゆりかごパフォーマンス? / vs清水 »