« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004.03.31

デザインを変更しました

中身は何にも変わってません(汗)。前のもの、ちょっと字が見えにくいと思ってたので。読みやすくなったでしょうか?

|

No.1ミッドフィルダー

昨日はマガジンの記事について書きましたが、今日はダイジェスト。遠藤選手が「日の丸戦士ほめたおし」というコーナーで、14人の日本代表選手について語ってます。

「じつはねぇ、日本人のミッドフィルダーで一番上手いと個人的に思ってるのがミツオ」
「100パーセントの信頼を置いてパスを出せるというのがあるんでね。キープ力もあるし視野も広いし、スペースに入っていくのも上手い。総合的に見てナンバーワンでしょ」
「いつでも裏にパスを出すという狙いがあるから、守るほうにしてみたらホントにイヤだし、その精度がまた高い。まさしく実戦派に呼ぶにふさわしいね」

などなど。満男選手については、まさにほめたおし(笑)。No.1 Jリーガーではなくて、海外組も含めてのNo.1 MFだっていうのがスゴイですよね。味方として頼りになり、敵としては怖い存在。実戦派って言うのは、最高のほめ言葉だと思います。

|

夜間はアクセスしにくいかも

FC東京戦の日あたりから、夜、このページを開けないことがあったんですけど、Niftyの障害のようです。早く直ってくれるといいなぁ。

|

2004.03.30

野沢選手にお任せ!

今日発売になったサッカーマガジンの、アテネを狙う選手たちの紹介記事に、満男選手の野沢選手を推薦する言葉が載ってます。

「きょうの試合では、すべて「お任せ」してました。(自分がパス出し役で野沢を飛び出させるという)役割分担が特別にあったわけではないけれど、攻めでも守りでもよく頑張ってましたね。本当に頼もしかったですよ」

今日の試合っていうのは、多分FC東京戦だと思います。満男選手の言葉、野沢選手と2歳しか違わないとは思えない頼もしさ(笑)。野沢選手が、満男選手と同じくらいの落ち着きを身につけるようになったら、アントラーズは、ものすごく強いチームになるでしょうね。

|

2004.03.29

キャプテンは本田選手 / vsFC東京

まとまった時間が取れないので、また、小ネタで(汗)。

FC東京戦、キャプテンは本田選手でしたね。満男選手がアントラーズでキャプテンマークを初めて巻いたのは、去年の2ndの終わり頃のレイソル戦で、その時から、エスパルス戦までずっと巻いてたけど、そのあいだ本田選手のスタメンってなかったんですよね、確か。やっぱり、キャプテンマークは本田選手ですよね。

エスパルス戦では、前半、失点のあと、オタオタしてて、若いDF陣だなぁと感じました。経験ある選手がボランチにいてくれると、それだけで安心感が(汗)。本田選手とか、熊谷選手とか、落ち着いた選手が1人入っててくれるといいなと思います。

|

2004.03.28

茂庭選手と挨拶 / vsFC東京

ビデオを見てから、いろいろ書こうと思ってたんだけど、今日は結局見直せませんでした。1つだけ、面白かった場面を。

最後、両チームが1列に並んでの挨拶のあと、満男選手が最初に握手したFC東京の選手が茂庭選手。満男選手、ポンッと軽く体を叩きながら、話しかけてました。遠目だけど、2人とも、にこやかな感じに見えました。何を話してたのかしら(笑)。

そのあと、満男選手と挨拶した今野選手は、握手しながらお辞儀してたのが印象的。仙台出身らしいので、東北つながりで縁があるのかもしれないですね。

|

2004.03.27

ナビスコ杯予選リーグ第1節 FC東京vs鹿島

終盤、満男選手が棒立ちになった途端に、FC東京の得点が決まってしまいましたね。攻め込まれながらも、無失点で抑えられそうだったので、残念です。

小笠原はレベルの高い選手であり、期待通りのプレーをしてくれた。小笠原の足がつってしまったこともあり、その時点から鹿島のゲーム支配力は少し落ちてしまったと感じている。

記者会見のセレーゾ監督のコメントです。自陣ゴール手前から、なんとか歩いてベンチ前まで行って手当を受け、最後まで走ってたけど、痛々しい姿でした。

続きを読む "ナビスコ杯予選リーグ第1節 FC東京vs鹿島"

|

今日のメンバーは?

SOCIOメールでのスタメン予想は、小澤、名良橋、大岩、池内、新井場、本田、フェルナンド、満男、野沢、平瀬、深井と、木曜日の法政大学との練習試合のスタメンと同じ。どうやら、リーグ戦とはメンバーがかなり変わりそうですね。メンバー発表まで落ち着きません。

|

2004.03.25

天皇杯日程変更

J1のクラブは11月13、14日の4回戦からの登場

これまで不評だった、11月末の契約更改後に行なわれる天皇杯のスケジュールですが、少し変更されるようです。といっても、風物になっている、元旦の決勝は変わらず。早く負けたチームは、もっとオフが長くなるのかな? それと、W杯予選のアウェイのシンガポール戦に選ばれた選手は、4回戦は出場できませんね。

来期以降も変更が予定されてるのかしら。今回の変更が、決勝の日程を変更する布石になるのならば歓迎です。

鬼が笑いそうなほど先の天皇杯よりも、明後日のナビスコ杯の心配をしなきゃですね。チーム状態悪いけど、予選リーグを勝ち抜いくために、1試合ずつ大切に戦ってくれるといいと思います。

|

またまたペルージャの噂が

ガウチ社長は断言した。「今季セリエAに残留した場合、来季は100%、日本人選手を獲得したい」

ペルージャって、今、何位なんでしょう。アントラーズのチーム事情から、この夏の移籍は満男選手は多分無理じゃないのかな。中田浩二選手が驚異的な回復力で5月中にベストコンディションになっていれば別でしょうけど。それと、ペルージャは、もう少し若い選手が欲しいんじゃないのかな。と、思います。推測だけど(汗)。

ま、記事に出てくる選手の名前自体が、記者の推測みたいだから、流した方がいいのかな(笑)。

|

誰もが認める才能

「今年は小笠原のチームになった。練習に取り組む姿勢が違うし、柱としての自覚が出てきたね」

アントラーズの強化担当者の言葉です。朝日新聞の上嶋紀雄記者の満男選手に関するコラム。目新しい内容はないですけど、どうぞ。

|

2004.03.21

エスパルス戦後コメント


−−本山へのクロス、狙った通りでしたか?
「そうですね」
−−後半になって流れがよくなったのでは?
「頑張ります」

なんでもかんでも代表に結びつけて記事にされちゃうって困りますね。記事を書いたサンスポの藤江直人さんは、アントラーズの新しい担当者なのかな。

|

ジーコ監督のコメント

「この様な行動を起こす事に私は理解出来ない」

ジーコ監督の公式サイトに載ったものです。かなり強い口調ですね。とても、1試合だけ代表を外す処分で収まりそうもない感じ。日本語訳の問題もありそうですが(汗)。

|

2004.03.20

ゆりかごパフォーマンス? / vs清水

今日の2点目のあとに、5人くらいの選手が1列に並んでパフォーマンスしてました。新井場選手のお子さんのためのゆりかごパフォーマンスかと思ったんだけど、みんなバック側を向いてて、メインに座ってたので見えませんでした(汗)。見てらした方、ぜひ縁側日和で教えてくださいませ。

|

45分間だけ / J1 1st第2節 清水vs鹿島

試合を見ていて思っていたのと同じことを、記者会見でセレーゾ監督が言ったようです。

「きょうの試合は後半の45分だけ。前半は守備の意識が欠けていた」(時事通信社)

見せたほうにこう言われてしまったんじゃ、日本平まで見に行った人間の気持ちはどうしてくれるんだって感じですが、ホント、前半は最悪でした(汗)。

満男選手は、ガンバ戦ほど動き回らず、中央近くにいるようにしていたようです。ただ、ボランチに熊谷選手でなくて青木選手が入ったせいか、満男選手が動かない分を埋め合わせる選手もいなくて、守備がガタガタ。立ち上がりから悪かったのが、先制されて、チーム全体が動揺してるのが見ていて伝わるほどボロボロになりました。ファビオ・ジュニオール選手も、ほとんど消えちゃってるし(涙)。

後半に入って、相手のミスが続いて、アントラーズがこぼれ球を拾えるようになりました。こちらのペースになるに従って、ファビオ・ジュニオール選手もいい働きを見せてくれるようになって、後半の中頃までは、すごくよかったです。この時間に、きちんと2点取れたのは大きい。ただ、最後は、また、オタオタし出しちゃって、なんとか守りきった感じ(汗)。

セレーゾ監督は流れが悪いときに引っ張ってほしいと満男選手と本山選手に対する期待を口にしたようです。キャプテンマークを巻く満男選手にかかる期待は、大きいですけど、引っ張ろうと走り回るとガンバ戦のように動きすぎと言われるし、動きを抑えると余計にうまくいかないし、全体のコンビネーションの問題でしょうけど、なかなか難しそうに見えます。

小笠原は試合後、口数も少なく帰りのバスへ乗り込んだ。ということですけど、いくら勝ったとはいっても、この試合内容で満男選手が満足するはずはないから、もっともだと思います。

試合中に雨は降らなかったんだけど、どんよりと曇って、すごく寒かったです。とにもかくにも勝ってよかった。負けてたら、チーム崩壊になるんじゃないかと思うほど、まとまりのない試合でした。

次も相性の悪い味の素スタジアムだけど、今日の後半の立ち上がり20分ほどのペースで、1試合まるまる戦えますように。

|

ロングインタビュー

公式サイトのメンバーズルームで、満男選手のインタビュー映像が流されてます。満男選手が1人でインタビューを受けてる映像は、最近は全くと言っていいほどなかったはず。今回の放送は12分ほどありますし、とっても貴重だと思います(笑)。

内容も、いろいろ書きたいことがたくさんあるのですけど、これから清水に行かなきゃ(汗)。

昨日の夜見つけたんですけど、多分、どなたかが縁側日和に書いてくださると思って、ついつい寝てしまって(汗)。取り急ぎご報告まで。ガンバ戦のことも語られてますので、お時間ある方は試合前にでも見てみてください。

|

2004.03.19

奮闘の跡

ガンバ戦のoptaは1667ポイントです。ゴールを上げるとポイントが高くなるから、2ゴールの藤田選手が上に来るのは当然として、満男選手も高い。それだけボールが集まってたということでしょう。

逆に、昨日のスカパー!のJリーグナイトでは、ファビオ・ジュニオール選手のパス数がフォワード平均の1/2くらいで、すごく少ないというデータが出てました。途中交代したとはいえ、やっぱり物足りないですよね。明日は、もっとコンビネーションが上がって、FWの選手のボールタッチも増えるといいと思います。

|

ジーコ監督会見

「今の時点ではシンガポール戦だけということは申し上げられません。」「双方がもっとよく話し合い、もう一度、本当の信頼関係を構築するということがなされない間は、どの時点で、ということを申し上げることはできません。」

双方がもっとよく話し合うって現実的な話なのかしら。代表に招集される前に、ジーコ監督に呼び出しくらうって事なのかな?(大汗)

キチンと書くほど感想がまとまらないので、代表の話にわずらわされずに、今日は、結局水曜日に見られなかった、ガンバ戦のビデオを見ることにします(笑)。シンガポールには、もともと行く気が全然なくて、FC東京戦のチケットは、ちゃんと買ってあるのはなぜなんだろう。ま、1試合多く見られてラッキーと思うことにして、明日に備えますね(汗)。

あ、明日は小雨でかなり寒いみたいですね。それと、2年前に代表の紅白戦で行った時と同じなら、日本平はこのシーズン、花粉が飛びまくってるはず。予報通り雨ならそれほど心配ないでしょうけど、普段は花粉症ではないわたしが、クシャミの発作で観戦どころでなくなるほどすごかったので、アレルギー体質の方は、明日は万全の準備をして行くことをお勧めします。

|

代表メンバーもれ

シンガポール戦のメンバーに満男選手が入ってませんね。ちゃんと確認してないけど、無断外出した7人が外されたってことかな。また、ジーコ監督の会見の様子が入ってから書き込みします。

いきさつは、なんにせよ、出場できることになったナビスコ杯のFC東京戦で活躍して欲しいですね。まだまだコンビネーションの確立してないアントラーズにとっては、これからのリーグ戦に向けても、これは、かなりの追い風のはずですから。

|

2004.03.18

動きすぎた

もうひとつの課題は、小笠原が、キャプテンマークを巻いていることもあって、責任感が強すぎたこと。チームのために、ボールに絡んでプレーすべく、動き過ぎていた。動き過ぎないようにしてほしい。小笠原の持ち味であるラストパスなども活きず、集中力も欠けてしまっていた。バランスよくやってほしい。チームの約束事を意識しながら、自分の色を加えてプレーしてほしい。

セレーゾ監督の試合後のコメントです。といってもセレーゾ監督は、試合後の記者会見でいつも延々としゃべってるそうだから、これも、そのごく一部なんでしょうけど。満男選手がセレーゾ監督に使われはじめた頃も、確か動きすぎと言われてたような気が。あの頃は、張り切りすぎてみたいなことだったかしら。

チームの約束事がどの程度かは、もう少し詳しく知りたいところです。今年は、今までの4年間よりも自由度が高いといいんだけど。

それにしても、動き過ぎないようにしたら、今度はファンから運動量が落ちたなんて言われちゃいそう。サッカー選手って、大変ですね(汗)。

|

2004.03.17

春ですねぇ

東京は、すごく暖かくて、ものすごい風が吹いてます。鹿嶋も風が強いかな。

職場の近所では昨日が中学の卒業式だったみたいだけど、ほかの地域でもそうなのでしょうか。サイトを開いてから、季節感を掲示板で感じるようになっちゃったんだけど、今年は大丈夫かなぁ(汗)。

試合のビデオを今日中に見直せそうなので、また、夜に更新予定です。

|

2004.03.13

ロスタイム新井場選手ゴール! / J1 1st第1節 鹿島vsG大阪

試合終了と同時に、仰向けにひっくり返った満男選手。勝ち試合じゃないのに、倒れ込むなんて珍しい。よっぽど疲労困憊してたんだと思います。

新井場選手のゴールのあと、引き分けなのに、自陣に戻る選手たちの最後尾に満男選手がいて、すごく驚いてたんだけど、ビデオを見直したら、なかなか戻らない選手たちを引き戻してたんですね。ホント、満男選手らしい。肉体的にも、精神的にも疲れる試合だったでしょう。

試合終了後、サポーターに挨拶に回りながら、左(?)腕をかなり気にしてました。後半に、ヘディングで飛び込んだまま1回転。うずくまったまま、かなり長い間全く動けなかったので、その時のケガではないかと思います。大きなケガではないといいんですけど。

プレーは、素晴らしかったです。2〜3人に囲まれてもボールをキープしてましたし、周囲に指示を飛ばして人を動かしたり、FKもキーパー正面に行っちゃっりで決まらなかったけどいいボール蹴ってましたね。相手の橋本選手をもてあそぶようなプレーもあって、面白かった。

チーム全体は、先週の練習試合からは相当グレードアップしてましたけど、ただ、進歩の度合いが予想の範囲内という感じです(汗)。失点がセットプレーからというのも同じだし。アントラーズペースで進んで、特に後半は攻めっぱなしでしたけど、攻め崩せなかった。

ファビオ・ジュニオール選手も、先週よりはかなりよかったけど、怖さはなく、テンポがほかの選手より少し遅い感じ。日本のサッカーのスピードに戸惑ってるんでしょうか。キャンプの最初から、もう1ヶ月以上一緒に練習をしていることを考えると、フィットするのにはかなり時間がかかる気がします。もし、そうだとしたら、お願いだからキチンとフィットするまでスタメンで使わないで欲しい(汗)。アントラーズは、伝統的にブラジル人選手は優先的に使われると聞いてますけど、ジュビロのように、フィットしない選手は例え外国籍選手でもベンチに置くのが当然ですよね(汗)。

ロスタイムの新井場選手のゴールで、この試合、すっかり新井場選手のものになりました。意欲的な飛び出しも、ゴール前の決定的なピンチを救うプレーも素晴らしかった。満男選手とのコンビネーションも、先週から飛躍的によくなってるし、何より、相性がよさそうです。

熊谷選手と金古選手のスタメンもうれしかったです。ケガなくプレーできてよかったですよね。

気になってるのは、満男選手と本山選手の関係です。こないだの練習試合も、今日の前半も、本山選手より満男選手の方が高い位置にいることが多い気がするんだけど、どうしてなのかしら。逆の方がバランスがいい気がするんだけど。なにか狙いがあるのでしょうか。

開幕戦恒例の子供を連れての入場もありました。満男選手は1人を抱いて、1人の手を引いて。2人とも可愛らしかったですね。

勝てなくて残念な試合だったけど、ともかくJリーグが始まったことがうれしくて仕方がありません。代表戦の記念撮影しに来ただけみたいなお客さんいっぱいのスタンドにいるのが辛くて仕方なかったから(笑)。せっかくの開幕だから、ここを読まれてるみなさんにも縁側日和に感想をたくさん書いていただけるとうれしいです。

|

開幕の朝ですが

こんなコラムを見つけたので。真実は、いまだに藪の中。

|

2004.03.12

いよいよ

明日ですね。

|

2004.03.11

バルサ、バレンシアと試合?

スポニチアネックスの記事です。鈴木満さんのコメントが着いてるから、ちょっとは信憑性が高いかな。8月だったら、上旬のアジア杯の時期でしょうね。もし実現したとしても、勝ち上がってると、アジア杯参加選手は出場できないのかな。

|

2004.03.10

あらあら

代表合宿での無断外出の件野見山さんが厳重注意処分をうけちゃんたんですね。選手たちへの代表チーム内での対処って何なんでしょうね。どうして一緒に発表されないのかしら。週刊現代の内容には事実でないことも含まれているということだし(そういう週刊誌だから当たり前だけど)、7人がずっと一緒にいた訳でもなさそうなんだけど早くスッキリさせて欲しいなぁ。

|

2004.03.08

J開幕前夜祭8時間生放送

SKY PerfecTV!のノンスクランブル放送です。3月12日12:00〜20:00。内容はSKY PerfecTV!のホームページをどうぞ。

金曜日のお昼だし、8時間もの放送じゃ、録画して見るってのも厳しそうだし、どれだけの人が見るのかっていう感じだけど、せっかくの新シーズンの開幕ですもんね。こういうお祭り企画はうれしいです。

|

2004.03.07

名波選手インタビュー

以前、縁側日和でぺしっさんが紹介してくださっていた週刊サッカーマガジンの名波選手のインタビューです。

――クロスは練習で身に付くものだけど、スルーパスはセンス、才能。そんな印象があるけど。
「おっしゃる通り。スルーパスは感覚。経験を積めば積むほど磨かれるところはあるけど、練習だけじゃあ、やっぱり難しいよね。人と人との兼ね合いだから」
――ジダンなんかは、その最高峰にいる人という感じで。
「ホント、うまいからね。ただ、アイツらは自分でスルーパスを出す時間を作り出せる。だから、好きなタイミングで出せるというね。たぶん(小笠原)満男なんかも、そういうタイプ。自分で(ボールを)コネたり、くるりと反転して、どっかを探りながら、という時間の作り方をして(パスを)出す。ヒデもそうだけど。俺はそうじゃないから。周りとの兼ね合いから出す。伸二なんかは俺と同じタイプでしょ」

ジダン選手の次に、インタビュアーが振ってもないのにいきなり満男選手の名前がでてきてビックリ。ジダン選手・満男選手・英寿選手が同じタイプ、自分と小野選手が同タイプという話ですね。

|

2004.03.06

ジーコ擁護デモ / vs山形

スタジアムについたら、ジーコ像の近くにIN.FIGHTらしき人たちがいました。ジーコ「日本代表監督」を応援する集まりをやってたみたいです。

IN.FIGHTの人たちって、ジーコ監督のヨーロッパ組優先の選手起用をどう思ってるのかしら。満男選手はジーコさんのこと、大好きなはずだけど、でも、外されて悔しい思いをしたって、はっきり発言してることとか知ってるのかな。今、アントラーズに所属してるのは満男選手だし、その集会のすぐそばにいたのも満男選手の方なんだけど(ため息)。ジーコ監督解任要求デモの時、サッカー協会に文章を提出した人(責任者?)が、代表の8番のユニフォーム着てたのは、こうなるとすごく皮肉な話ですね(笑)。

そうそう、試合の取材にフジテレビの青島アナウンサーが来ていました。サッカー小僧がまた再開になるのかしら? しばらくはフジテレビをまめにチェックした方がよさそうです。ジーコ監督応援デモの取材だけだったら悲しいけど(爆)。

|

練習試合 鹿島アントラーズvsモンテディオ山形

3時10分くらいにキックオフ。満男選手は先頭で入場してきて、主審の石井コーチのコイントスにつき合ってたから、どうやら、今年もしばらくはゲームキャプテンのようです。(もちろん、チームキャプテンは本田選手ですね。オガコさん縁側日和で情報ありがとう。)

モンテディオが青のユニ、アントラーズは胸側に番号の入ったグレーと紺の練習着。満男選手は、短パンに手袋という姿でした。今年に入って、ずっと黒に赤のラインのお馴染みのシューズをはいてるのがうれしいです。

見学客に開放されたのは、メインスタンドと、ホーム側のゴール裏。ゴール裏にはIN.FIGHTが陣取っていました。満男選手は、普段、円陣を組む前のコールには応えて、タイミングが遅くて、円陣に入ったあとにコールがあると応えないんだけど、今日は試合直前のコールに応えてました。でも、よく思い返してみると、試合前に円陣を組んでなかった気が(笑)。IN.FIGHTの人も、コールに応えさせるつもりだったら、満男選手に対しては早めにコールすればいいんですけどね。わたしは、集中の必要な試合前にコールして、選手に応えることを要求するなんて悪習としか思えないけど(汗)。

メンバーと得点はアントラーズ公式サイトで発表になってますね。

1点目は、新井場選手が中央に切れ込んだところから始まって、真ん中のスペースのないところでファビオ・ジュニオール選手にボールが渡り、ジュニオール選手が1人交わしたところでペナルティエリア内で倒され、こぼれてきたボールを深井選手が押し込みました。

2点目は、セットプレー。フェルナンド選手のFKからゴール前混戦(よく憶えてません(汗))、深井選手が決めました。失点の場面は、全く目が離れてたんですけど(汗)、CKからです。

ほかに惜しかったシーンもいくつか。満男選手がDFを背負った深井選手にパスを通し、深井選手がうまいターンからシュートを放ったけどバーに当たった場面。それから、満男選手が絶妙のドリブルで1人交わして、ジュニオール選手にボールを預けて上がり、右サイドで受けて入れたクロスを相手DFがクリア。高く上がったボールを名良橋選手がシュートというプレーもありました。これは、てっきりゴールが決まったと思ったんですけど、サイドネットでした(汗)。

満男選手は、体のキレの良さが続いてるようですね。ボールを奪って、すぐに攻撃につなげるいいプレーが何度も見られました。途中で、背中を押さえて痛がり立ち上がれなくなったり、交錯して足を痛め、名良橋選手が心配して合図。トレーナーさんがプレー中なのにピッチ内にチェックに入ってくるという練習試合ならではの場面もありましたが、どちらも、それほど重いケガではなさそうです。

試合中に、深井選手に、2度ほど、斜めに外に開いて走ってくれという指示のジェスチャーを見せてました。大岩選手と話もしてましたね。後半は、ベンチコートを着て観戦してたようなのですが、メインスタンドで見てたので、気づいたのが試合終了間際。立ち上がって盛んに奥野コーチと何やら話してました。奥野コーチもDFの体の寄せ方みたいなのをジェスチャーでしてたのですけど、満男選手はここでも、斜めに手を動かして説明していて、どうやら、今シーズンのテーマはダイアゴナル?(笑)  後半の様子は、もっとよく見てた方がたくさんいらっしゃるでしょうから、どうか教えてくださいませ。

前半の満男選手以外の選手の印象を少し。新井場選手は最初、ポジショニングに戸惑っているのかあまり上がってなかったけど、だんだんに上がるようになってました。中盤とのコンビネーションは、まだまだだけど、守備の時のポジショニングがよさそうなので、サイドバックとして楽しみ。

ファビオ・ジュニオール選手は、今のところ、FWとしての怖さが感じられません。去年、フェルナンド選手が来たときには、まずはエウレル選手にパスを出したり、エウレル選手からのパスでゴールを決めたり、ブラジル人同士の独特のコンビネーションが感じられたけど、今日は、フェルナンド選手からファビオ・ジュニオール選手へのいいパスは1本くらいだったかな(汗)。正直、不安です。

熊谷選手は、元気に45分間走ってる姿が見られて、安心しました。あと1週間、ケガなくトレーニングして開幕戦のピッチにぜひ立っていて欲しいです。

岩政選手は、去年の秋に大学のリーグ戦で見た時と同じ感じ。ヘッドが強いけど、どこか大ざっぱな印象。後半、増田選手が目立ってました。バーに当たった惜しいループシュートもあったし、積極的な攻撃や動きを見せてました。高校選手権で見た時とは、全く感じが違ったんだけど、どうしてなのかしら。

主力組のチーム全体の印象は、まだまだバラバラ(汗)。セレーゾ監督のサッカーは、前線からプレスをかけてボールを奪い、早く攻めるというものだと思うんだけど、統一したプレスがかかってた印象がないです。ファビオ・ジュニオール選手がそういうタイプではなさそうだし、今年は、違う方向を目指すのかもしれませんね。今年はリーグ戦を戦いながら、チームが徐々にできあがっていくのを見る年になるのかな。

モンテディオでは、幸聖選手が主力選手として活躍。惜しいシュートがありましたし、阿江選手も後半はゴールを守ってました。アントラーズの後半の若手主体のチームが見られたのもよかったし、冷え込んだけど、楽しい1日でした。

|

2004.03.04

SOCIOのパーティー

今日は、全選手参加のSOCIOのパーティーだったんですね。仕事で出席できませんでしたけど、どなたか行かれた方いらっしゃるかな。シーズン前には、キャプテンや主力選手はスポンサーに挨拶回りもあるはずだし、スポンサー向けのパーティーもあるのかな。選手たち、トレーニング以外にもイロイロ大変ですよね。

体調がよくなってきたので、6日のモンテディオとの練習試合には行けそうです。でも、天気予報は雨? あまり激しく降らないといいですね。

|

サッカーaiに

満男選手の3ページの特集があります。今年の代表キャンプ&試合時のコメントを集めたものですが、今までに出てないものも多くて、すごく面白いです。記者の「俺のチームだっていう感じになっていくのかな?」という問いに、「もちろん!(照笑)ウソです。そんなことはないですけど(笑)」という受け答えとか、サッカーaiならではというか(笑)。

――欧州組が戻り、今日の練習で小笠原選手はスタメン組からサブ組に変わりました。モチベーションが落ちるのでは?
「上げるしかない。本音を言えばチクショウって気持ちも大きい。今まで僕らは『ああしよう、こうしよう』ってずっと積み重ねてきたわけだから」

そろそろ、アントラーズモードに完全に切り替わりたいんだけど、こういう発言読むと、オマーン戦を振り返っちゃいますね(汗)。

|

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »