« 名良橋選手も復帰 | トップページ | PUMAの新しい広告 »

2004.05.17

こだわり

何回か話題に出している、『FOOTBALL SPIRITS』の佐藤俊さんの記事の中に、満男選手の大船渡高校時代の監督、斎藤先生が語った、こんなエピソードが出てきます。

「自分の身体や考えには妙なこだわりがあったね。筋肉を付け過ぎたり、身長が高くなると身体が動かなくなる、とかね。だから牛乳は飲まなかった。『170cmくらいがちょうどいいんだ』って言っていた」

170cmがいいなんて、誰かから聞いた話なのか。それにしても、直接指導してる監督が理解できないんだから、普通の人にはとても理解できない感じで、妙っていうか、変ですよね(笑)。

直接プレーに関係することじゃないけど、わたしも満男選手のこだわりを感じることがあります。その1つが、試合前のグッズの投げ込み方法。最近、投げ込みを、選手たちがアップに入ってきた時にやっているので、見る機会が多いのだけど、満男選手は、必ずスタンドの一番近くまで寄って、ファンの人に渡してます。これは、確か、わたしがスタジアムに足を運び始めたところから変わってないですね。ほかの選手たちは、ボーンと、文字通り投げ込んでるんですけど。

多分、何かのこだわりがあるんでしょうね。何なんだろう。投げ込んだところに、人が殺到すると危ないと思ってるのかな? とか考えたりしてるんですけど、満男選手の考えること、凡人のわたしにはとても思いつかないでしょうね(笑)。

|

« 名良橋選手も復帰 | トップページ | PUMAの新しい広告 »