« 勝利あるのみ | トップページ | セレーゾ監督の記者会見 »

2004.06.26

J1 1st15節 横浜FM vs 鹿島

暑かったですね。湿気も多くて。横浜国際は熱気がこもっている感じでした。

暑さのせいか、よほどコンディションが悪かったのか、前の試合では好調だった本山選手の動きが、前半の20分くらいからおかしくなっていました。3−5−2−1の布陣で試合を開始し、立ち上がりはよかったアントラーズだけど、その時間帯からミスも目立つようになって、F・マリノスもコンディション悪そうだったけど、苦しそうでした。ただ、ゴール前への名良橋選手や、新井場選手の走り込みで、何回もチャンスを作れて、前半はよかったと思います。左右から平瀬選手のいいクロスも上がってましたね。

そうそう、前半の終わり頃に、満男選手のハーフライン近くからのループシュートがありました。ゴールの右にそれちゃったけど。久しぶりに見たなぁ。2000年のシーズンには、しつこいほどやってたけど、このところ、やってなかったですよね。その直前には、確か本山選手から受けたボールを、浮かせてDFの裏に出す、満男選手らしいパスも見せてくれました。

後半すぐの本山選手の退場は痛かったですね。1枚目が出てるのに気づいてなかったので(汗)、一発レッドカードかと思ったら、警告2枚での退場だったんですね。遠目だから、判定がどうかは分からないけど、中田選手と満男選手を中心とするアントラーズの選手たちは、主審に抗議してました。一段落着いたときに、満男選手が痛んで手当を受けている榎本選手の背中を叩いて話しかけ、榎本選手も、穏やかな顔で答えていました。ケガの状態を聞いたのでしょうか。満男選手、主審に話しかけるときも、笑顔もあり、落ち着いた表情に思えました。

この退場で満男選手がFWになり、多分、3−4−2になったんだと思います。

アップをキチンと見てないので、満男選手のコンディションはよく分からないのだけど、後半の途中で、前屈みになって、ストレッチをした場面があったり、相手のチェックも厳しかったのもあるけど、前半から、普段ならキープできそうな場面で取られることも多くて、あまり調子はよくなかった気がします。

後半16分、マリノスが先制。奥選手がフリーでボールを持って前にドリブル。左右にアン選手と久保選手。3人のDFの1人が、チェックに行った途端に左斜め前のアン選手にパスを出されて、ゴール。

ちゃんと調べた分けじゃないけど、去年の1stのF・マリノスとの対戦のときに、そっくりな場面があった気が(汗)。直後に、大岩選手と中田選手が強い調子でフェルナンド選手に何か言っていたところをみると、フェルナンド選手のミスがあったのでしょう。セレーゾ監督も、今回は珍しく、フェルナンド選手を早めに代えましたね。

3人が、ほぼ同時に投入され、3−3−1−2になったのかな。中盤に、青木選手、中田選手、新井場選手が並び、その前に満男選手がいたと思います。

その後も、サイドからクロスを上げても、うまく合わせることができず、チャンスを作ることができないままに、4分のロスタイムが過ぎてしまいました。

試合が終わったとき、満男選手は立ちつくしてましたね。しばらく茫然と前を見ていたと思ったら、がっくりと頭を落とし、うなだれてしまいました。涙ぐんでいるのではないかと思わせるような姿を一瞬見せたあと、両手で汗を拭うように顔をなで上げ、また、頭を上げました。

ピッチ中央の挨拶のあと、1人タッチラインまでボトルを取りに行き、水を飲んだ満男選手は、ゴール裏の方に歩みを進めていたのですが、結局、すぐ近くまでは行けずに引き上げていきました。

今季は、いい試合のあとに、続けていい試合をすることができずにいましたが、最後もそうなってしまいましたね。2ndステージに向けて、代表選手が一緒に練習ができる期間はごくわずか。密度の濃い練習をして、2ndステージに備えて欲しいですね。

|

« 勝利あるのみ | トップページ | セレーゾ監督の記者会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/847568

この記事へのトラックバック一覧です: J1 1st15節 横浜FM vs 鹿島:

« 勝利あるのみ | トップページ | セレーゾ監督の記者会見 »