« 代表組の疲れを気づかうセレーゾ監督 | トップページ | アルゼンチン代表14人が来日 »

2004.08.16

J1 2nd第1節 鹿島vs柏

この日の満男選手で、いつもと変わったことといえば、後半開始前、ストッキングをふくらはぎの真ん中まで下げたまま、スネ当ての見える格好でピッチに出てきたこと。円陣を組む直前に上げてましたけど、いつもキチンと上げていると思うので、かなり珍しいんじゃないかしら。試合のあとも、一礼が終わった後すぐにストッキング下げてましたから、ふくらはぎに痛みがあるとか、ハリがあるとか、そういう状態だったのかも。セレーゾ監督がいうコンディションの悪さは、運動量の問題だけではないのかもしれないですね。

アントラーズは、このところ、コイントスに勝つとピッチを交換することにしてるみたいです。昨日もキャプテンの中田選手が勝って、ピッチを入れ替えてました。アウエイでもそうしてると思うけど、何か理由があるのかしら。それとも、ゲン担ぎなのかしら。

どのチームも同じだけど、この試合でも満男選手へのマークがキツくて、近藤選手とか大谷選手とか、後ろ目の選手だけでなくて、茂原選手など前目の選手も、満男選手が持つと3人ぐらいが囲んでくる感じでした。倒されてFKをもらうことも何回も。アシストになったFKも、自分がもらったものです。いつもより、倒れてから起きあがる時間が少し長かった気がするのは、コンディションと関係があるのでしょうか。プレースキックは、速くてとてもいいボールが蹴れてました。

近藤選手が嫌がってた裏への動きは、オフサイドになったのもありましたね(笑)。前半10分くらい。20分過ぎの隆行選手のシュートの場面では、預けられたボールを前線の隆行選手に当ててから、DFを外す絶妙の動きでゴール前に入ってたので、GKの弾いたボールが逆にこぼれればビッグチャンスになるところでした。

チームとしては、大きなサイドチェンジが見られるようになったのが、1stステージとの違いかしら。セレーゾ監督のコメントにもあるので、意識的にやっているようですね。

前半は30分頃から、押されるようになって、満男選手も守備の時間が多くなったと思います。スライディングでボールを奪う、いいプレーもありました。右サイドの名良橋選手から来たクロスをシュートしたけど、隆行選手に当たっちゃったのは、惜しかったですね(笑)。

小澤選手は、最初、少し危なっかしいプレーが1つあったけど、そのあとは、すごく落ち着いて、ナイスセーブもありました。

前半終了前に、隆行選手がペナルティエリア内でGKと交錯して痛んだときに、満男選手は、すかさず野沢選手に声を掛けていたのですけど、その直後に2人のコンビネーションでチャンスが生まれました。満男選手がボールを持つと、野沢選手が右サイドの裏にダッシュ。パスはきれいに通ったんですけど、野沢選手のセンタリングはクリアされてしまいました。

ハーフタイムに、全国大会に出場するホームタウンの中学校2チームの激励会があったのですけど、花束の贈呈者が羽田選手と石川選手。羽田選手の具合は、どうなのかしら。2チームとも、赤のユニフォームだったのは、やっぱりアントラーズの地元とほほえましかったです。

後半のキックオフは、やり直しになったんですけど、どうやら、満男選手が相手陣内に入っていたせいみたい。主審の上川さんが、声かけていたようです。

新井場選手の惜しいシュート、フェルナンド選手のFKを隆行選手が触って、惜しくもゴール左。名良橋選手のセンタリングから隆行選手のシュートがポストに当たったりと、チャンスは作れながらも得点が決まらないでいたところに、後半15分、満男選手の左からのFKに、ファーで金古選手が合わせて先制点。ずっと、いいFKが蹴れてたので、この場面は、絶対に入ると思って見てました。

レイソルが増田選手と谷澤選手を入れてたあたりから、ちょっともたもたした感じになって、満男選手も守備に気をつかったプレーぶりだったと思います。明らかなキックミスもありましたけど(汗)。ロスタイムには、裏を狙ったバロン選手を走らせるロングパス。バロン選手がDFに潰されるのを見て、思わず頭を抱える感じになってました(笑)。バロン選手が抜け出せてたら、素晴らしい展開だったんですけど、残念。

勝ち試合で試合後には、満男選手にも笑顔が見えました。レイソルの増田選手とは少し話し込んでたし、明神選手とも挨拶してました。スタンドにも何回も手を上げてたし、MOMになった金古選手をからかったりしてたけど、うつむいて歩いてる場面もあって、今考えると、足に痛みがあったのかなと思います。

昨日の試合で、1番印象に残ったのは、後半20分頃のプレー。ルーズボールに競り勝った大岩選手が、ボランチの位置あたりに下がっていた満男選手に短いパスを出すと、満男選手は瞬時に振り向き、背中から玉田選手に体を寄せられ、前からも2人の選手が詰めてくる中で、即座に左前のスペースにいた隆行選手にパス。隆行選手がうまくトラップできなくて、チャンスにつながらなかったんですけど、いつ前を見たんだと、判断の速さに驚かされました。満男選手は、コンディションが悪いときや、チーム状況が悪いときでも、1試合に何回か、こういうハッと目を惹くプレーを見せますよね。

チーム全体の出来は、まだまだだとは思ったけど、ともかく勝点3が取れて、どこかホッとしながら家路につきました。もう、月曜からはアルゼンチン戦の準備。大変ですけど、コンディションをあまり崩さずに、ガンバ戦に向かってくれるといいと思います。

|

« 代表組の疲れを気づかうセレーゾ監督 | トップページ | アルゼンチン代表14人が来日 »

コメント

細かいレポをありがとうございました。昨日のスカパーで試合を見ました。
何度もある決定機に決められなかったのは残念だけど、勝ち点3を取れたのはスタートとしては良かったです。
満男君は何度も精度の高いFKを蹴ってましたね。コンディションは悪かったんですね(涙)。アルゼンチン戦は大丈夫でしょうか?
攻撃面での連携含め、まだ上手く行ってないようですが、次のガンバ戦まで今週も一緒に合わせる時間が殆どないのが辛いところですね(汗)。

投稿: オガコ | 2004.08.16 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/1203023

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2nd第1節 鹿島vs柏:

« 代表組の疲れを気づかうセレーゾ監督 | トップページ | アルゼンチン代表14人が来日 »