« 体調不良でしばらくお休みします | トップページ | 代表のマッチメイキング »

2004.08.22

J1 2nd第2節 G大阪vs鹿島

満男選手がバーレーン戦のあと『呼吸困難のため、応急処置を受けることとなった』という、縁側日和でオガコさんが教えてくださったサッカーダイジェストの記事、ようやく手に入れて読みました。出場時間は長くはなかったけど、サブだったためにかえって、コンディション作りが難しかったようですね。以前から、満男選手は自分をギリギリまで追い込んでプレーするほうだと思ってたけど、呼吸困難になるほど追い込むとは。どれほど苦しかったか(涙)。

自分自身の体調が悪いまま万博競技場に行ったので、余計に、試合が始まる前から、満男選手や代表選手が、なんとかこの試合をケガなく乗り切れますように、満男選手がまた呼吸困難を起こすようなことがありませんようにと、そういう気持ちで一杯でした。勝たなければならない試合ということは頭では理解していたけど、わずか3日前に、蒸しかえるような暑さのエコパで、みんなの苦しそうな様子を見ていたから、とても、勝て!走れ!という強い気持ちに、自分を奮い立たせることができませんでした。昨日の万博は、風もあって少し涼しく、それが唯一の救いだなと思いながら座っていました。

試合は、前半、ガンバのペースでした。速い選手がたくさんいて、縦の攻撃に、アントラーズは対応できませんでした。

前半開始すぐ、相手選手につかまれたのか、満男選手のユニフォームの前側が四角く裂け、しばらくその姿でプレー。満男選手と中田選手は、ジャッジについて抗議してたけど、主審は全く聞く耳を持たない様子でした。ユニフォームが用意されるまで、そのままプレーを続けさせてもらえはしたものの、一端、外に出されて着替え。1stのジェフ戦でも、満男選手のユニフォームが裂けたけど、それだけ、いつも引っ張られたり、つかまれたりしながらプレーしてるってことなんでしょう。しかし、相手が悪いのに、着替えのために外に出さされるのは、理不尽です。

アントラーズは、代表組の運動量がなくて、それと、多分相手のやり方がうまかったせいで、新井場選手のサイドが抑えられてしまって、うまくチームを機能させることができませんでした。相手は3−4−3だったのかな、どうしても中央が薄くなって、相手のボランチの1枚がフリーになっちゃうことが目立った気がします。

その中で、野沢選手は、奮闘していました。1stステージに比べると、野沢選手が入ったことで、楽しいパス回しがたくさん見られるようになっています。パンチ力のあるシュートや、股抜きシュートというらしいプレーもあったし、シジクレイを倒すなんてホント頼もしくなったと思わせる場面もありました。途中交代になったのは、残念。もう少し見たかった。

前半の終わり頃には、競り合いで相手が倒れ、満男選手にイエローカード。主審は、蹴ったというジェスチャーをしてたけど、わざと蹴るはずもなく、満男選手も穏やかな顔ながらも抗議してました。

前半終了直前、左のライン際でフェルナンジーニョ選手と満男選手がからんで、相手スローインになった時には、中田選手も抗議。ハーフタイムのホイッスルがなったあとには、中田選手、満男選手、名良橋選手が主審の穴沢さんのところに行っていましたけど、シッシという、追い払うようなジェスチャーをされて、全く話しを聞いてくれない感じでした。副審も相手にしてくれないので、引き上げながら、中田選手、満男選手は、4審にも話しかけ、唯一、この人が話を聞いてくれたので、満男選手は話し込みながら歩いていきました(笑)。この時のことなのかどうなのか、満男選手、試合終了後も主審に近づいてた気がします。

前半の満男選手は、90分のコンディションを考えたプレーをしていたように思えました。野沢選手(?)に出してオフサイドになったパスなど、いくつかいい攻撃もあったけど、目立ったのは、攻撃から守備への切り替えの速さ。キッチリ守ろうという意識が感じられたし、チーム状況が悪い中で、前半0−0はよかったと思ったのですが。

後半開始前、満男選手は、前節に続いてストッキングを下げたままで出てきました。

前半に痛んでピッチの外に出た影響があるのか、後半の金古選手には、普段にないミスがいくつか。多分、1失点目も、金古選手のクリアミスからだと思います。左サイドを大黒選手に粘られ、ゴールラインから折り返して、遠藤選手のシュート。

得点を取られたあとから、アントラーズも、チャンスを作ります。満男選手の左寄りの、いい位置でのFKは、名良橋選手がファーサイドで合わせるも、惜しくもゴールの右。新井場選手のサイドチェンジから、名良橋選手が落として、本山選手がシュートするもGK正面。満男選手が、高い位置で奪ったボールを、右側の選手につないでシュート。キーパー、パンチング。

が、向こうにもチャンスが回ります。後半15分頃の大黒選手のシュートがサイドのバーを叩いたのに続いて、フェルナンジーニョ選手に、1点目と同じように左サイドのゴールラインまで入られ、最後はクリアしようとした名良橋選手が押し込む形になって2点目。名良橋選手は、前半10分くらいに、小澤選手と相手との1対1を、うまく防ぐプレーもあったし、右サイドから数多くチャンスを作っていたのに。

バロン選手が、すぐにベンチに呼ばれ、交代で入ります。チーム全体も、満男選手の動きも、より激しくなりますが、コンディションが悪いせいか、満男選手のパスの精度は普段よりよくなかった気がします。ボールをキープし、本山選手の裏への走り出しを見極めて出したパスがミスになった時には、思わず両手で顔を被ってました。

攻守に走り回るのも、ギリギリだったんでしょう。フェルナンジーニョ選手を追ってDFラインまで駈け戻り、大岩選手と挟んでうまくボールを奪ったあと、攻撃に上がっていくことができず、一瞬躊躇した大岩選手が上がっていく場面もありました。

本山選手の見事なクロスから、バロン選手のゴールが決まって1−2。ガンバはアジアカップの疲れを考慮してか、ベンチに置いていた宮本選手を入れてきます。もう1点を狙って攻める選手たち。満男選手は、自分との接触で倒れた橋本選手を、早く起きろとばかりに引っ張り上げ、スローインも、サイドラインにダッシュし自ら投げます。

選手たちが必死なら、ベンチも必死。ロスタイム表示のボードを掲示しようとした4審は、セレーゾ監督がハーフライン近くまでコーチングに飛び出してくるのを、ボードを持ったまま追い払います。

ロスタイム、満男選手が相手選手を背負いながらドリブルで進み、前線に出したパスも、シュートには結びつかず、上がりっぱなしになっていた大岩選手の、中島選手のクロスに飛び込んでのヘディングもGKにキャッチされ、1点差のまま試合終了のホイッスルがならされました。

辛そうに体を折り、膝に手を当てる満男選手。勝ち気に頭を上げて中央まで歩きますが、再び、体を折っています。重い足取りでガンバの選手たちと挨拶を交わし、ゴール裏に向かう満男選手に、大岩選手が話しかけ、表情が和らぐのにホッとします。そして、満男選手は、負け試合なのにゴール裏に1度手を上げ、大岩選手と話し込みながら去っていきました。その後ろで、歩みを止め、満男選手と同じように辛そうに体を折り曲げる本山選手(涙)。

満男選手も、本山選手も、中田選手も、隆行選手も、大きなケガなく試合が終えられてよかった。優勝のために、大きな負けなことは分かってはいても、試合終了後に悔しいという気持ちは、全く沸いてきませんでした。

月曜日はオフ。移動をのぞくと1.5日の、ささやかな休日だけど、ゆっくりと体を休めて欲しいと思います。

TVでの放送は明日なのかな。相変わらず、間違いだらけのレポートだと思いますので、あまり信じないでくださいね(汗)。

|

« 体調不良でしばらくお休みします | トップページ | 代表のマッチメイキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/1250867

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2nd第2節 G大阪vs鹿島:

« 体調不良でしばらくお休みします | トップページ | 代表のマッチメイキング »