« スコア 114−0 | トップページ | J1 2nd第4節 鹿島vsC大阪 »

2004.09.11

交代後に3得点 / vsC大阪

2点差を引っくり返しての勝利、よかったですね。試合後、満男選手もスタンドに何回も手を挙げてました。

ただ、アップの時から、右足の調子が悪そうでした。急に膝を押さえて屈み込んだところに、石井フィジカルコーチと安藤フィジオセラピストが来て、どうなるかと思ったけど、そのままアップは続けられました。体をチェックしたりはしていなかったから、元々のケガで、無理を押して試合に出場することになってたんでしょうか。

インド戦の得点に繋がったCKの直後に、走り方が少しおかしくて気になってたんですけど、関係あるのかも。TVでは何か言ってましたか?

試合に入って、立て続けに3本パスをミスして、それから右足を、意識的にあまり使わないようにしているように見えました。前半、長い距離は2本くらいだったかしら。右足で放ったミドルシュートは、バーの遥か上でしたね。

野沢選手の3点目は、満男選手が倒されたFKからだと思いますが、満男選手は倒されたまま立ち上がることが出来ず、得点が決まってから、皆が喜ぶ中、一人来てくれた大岩選手に声を掛けられて、ようやく立ち上がりました。立ったあとも、膝に手を突いて苦しそうで、大岩選手が、背中を叩いて励ましてました。

試合後すぐにドクターのチェックを受けたりはしてなかったので、酷いケガではないと思いたいですが。

まだ帰り道です。また帰ってから書きますね。

|

« スコア 114−0 | トップページ | J1 2nd第4節 鹿島vsC大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/1411847

この記事へのトラックバック一覧です: 交代後に3得点 / vsC大阪:

« スコア 114−0 | トップページ | J1 2nd第4節 鹿島vsC大阪 »