« 酒井選手のベストアシストはWYの小笠原選手のゴール | トップページ | 司令塔といういい方が好きじゃないんですよ /「フリークス 10月号」 »

2004.09.24

J1 2nd第6節 鹿島vs清水

満男選手のアップをフィジオセラピストの安藤さんが、じっと見つめていました。ここ2戦のことがあるので、それだけで心配になってたんですけど、アップ中1回、普段になく足元を確認するように、前後左右に細かいステップを踏んで、そのあと、足を踏みつけてたので、右足が悪いんだと思います。膝か足首かな。上がり際に関ドクターと言葉を交わしてたけど、診てもらってはなかったから、急に悪くなったのではなさそう。痛み止めとかテーピングでケアしながらだったのかも。

セレーゾ監督の試合後会見によると、野沢選手はケガで出場できなかったそう。攻撃的MF4人のうち、3人がケガで欠場では、無理せず休むなんて贅沢は言ってられませんよね(涙)。しかも、やはりどこかケガを抱えてるのか、ここ2戦調子の悪いフェルナンド選手に代わって、右CKまで蹴る奮闘ぶりで、若いチームを引っ張る姿が痛々しい感じでした。

満男選手、試合開始直後に、やはり右足を気にするそぶりを見せてましたけど、その後は、徐々に調子が上がったようで、右足でのキックもよかったですね。前半15分頃の隆行選手へのロングパスは視野の広さも、精度も素晴らしくて、ここ2試合見られなかった感じだと思いました。オフサイドになったのが、すごく残念。

運動量も多くて、3バックのサイドのスペースを突く飛び出しを、何回も見せてました。1度、オフサイドにもなってましたね(汗)。戸田選手がいなかったせいか、マークもあまり厳しくなかったかな。左CKをショートコーナーにして、新井場選手のロングシュートという形は、ずっと狙っていたようだったけど、トライできた時にはわずかに左に切れてしまいましたね。久々のスタメンの中島選手には、何度か声を掛けて、いいプレーには拍手を送ったりもしてました。

前半30分くらいまでで、かなりチャンスがあったのに決めきれなかったのが痛かったですね。後半も、満男選手の体を倒しながらのボレーシュートや、隆行選手がえぐって折り返しの中島選手の決定的なシュートもあったけど、決まらなかった。

後半25分くらいからかな、満男選手の足が止まってしまって、それでも、大きく両手を広げて新井場選手にパスを要求、すかさず打ったミドルシュートはファンブルしそうになったGKに捕らえられてしまいました。

ロスタイムに入る直前の左サイドライン際からのFKも、バーに嫌われて0−0で終了。満男選手は、うつむいたまま、しばらく動けなくなっていました。場内を周りながら、ストッキングを下げてたところを見ると、足がつりそうになってたのかしら。かなりキツかったんでしょうね。ピッチを周りながら、頭をかかえたり、うつむいたり、上を向いたり。ゴール裏に手は挙げてましたけど、勝てなかったことで自分を責めてるのが、ありありとうかがえました。

28人しか選手がいないのに、7人もケガで試合に出られないんですから、優勝を狙うどころじゃないし、これだけ攻めてたんだから、ゴールが決まらなかったのは、単に運が悪かっただけだと思うんですけど、満男選手の様子を見ると辛くて(涙)。

途中、中田浩二選手が倒れて動けなくなったとき、血の気がひきました。満男選手のコンディションも、今日の試合で悪化してなければいいと思います。中2日で、FC東京戦は、キツイですね。名良橋選手も、まだしばらく帰ってこられそうにないし、本山選手と野沢選手が、次、出られるといいんですけど。

|

« 酒井選手のベストアシストはWYの小笠原選手のゴール | トップページ | 司令塔といういい方が好きじゃないんですよ /「フリークス 10月号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/1507450

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2nd第6節 鹿島vs清水:

« 酒井選手のベストアシストはWYの小笠原選手のゴール | トップページ | 司令塔といういい方が好きじゃないんですよ /「フリークス 10月号」 »