« 引き分け / vs広島 | トップページ | 小笠原選手、候補合宿1日目に参加 »

2004.10.04

久々の銅像シュート / J1 2nd第8節 鹿島vs広島

降り続く雨と強い風。寒さを感じながらの観戦でした。3時の試合開始時にはライトが入り、向かい側のスタンドがかすんで見えます。入場の時には、満男選手をはじめとして多くの選手がベンチコートを着ていました。長袖を着てプレーしてる選手もいるくらい。この天気は観客の出足もくじいたようで、1万人を切って、寂しいスタンドでした。

アップは深井選手と組んで。途中、ほかの選手のストレッチ中に、ドリブルで左右に切り返しを何回も。普段は念入りにストレッチをする満男選手ですから、足を気にしてか、ぬれた芝を気にしてでしょうか。いつもアップの途中に数本けっているシュートを、多分、インドから帰ってきてからは全然けってなかったのですが、今日は1本だけ。FC東京戦のアップよりも、調子よさそうだけど、まだまだ本調子ではなさそうです。

試合開始前に、ピッチ交換。中田選手のコイントスの勝率は、アントラーズの勝率よりよさそう(汗)。元アントラーズのリカルド選手ともう一人のブラジル人選手が、セレーゾ監督にあいさつに駆け寄ってます。

前の記事にも書いたように、立ち上がりは完全なアントラーズペース。何本も内田選手からいいクロスがあがって、10分ごろには、その内田選手のクロスに中田選手があわせた強いボールがポスト。決定的な場面でした。

15分ごろ、満男選手がハーフラインの少し前から、ループシュート。短くてGKにキャッチされたけど、これを見られただけで、今日はよかったと思います。こういうプレーをする気になるのは、それだけコンディションが上がっているということでしょう。20分ごろ、左のライン沿いで3人に寄せられて、浮かせて頭の上を越してパスを出したプレーもすごかった。

30分くらいから、サンフレッチェが修正してきたのか、簡単にクロスが上げられなくなり、試合はこう着状態。サンフレッチェの服部選手のクロスから危ない場面があったり、青木選手が右から誰かが少しでも触ればゴールといういいクロスをあげたりしたのですが、双方無得点のまま前半終了。

後半もやはりこう着した感じ。満男選手は、ファーサイドへのCKが大きくなりすぎたり、フィードがずれたり、精度の悪いロングパスが何本か。けど、逆にいうと、それだけロングパスをけっているということです。けれるという自信がでてきたのでしょう。その気持ちとコンディションが合っていないせいで、ミスになっている印象をもちました。でも、そうだったら、セレッソ戦の時のように、途中から短いパスしか使わないようにすると思うので、そうじゃないのかも(汗)。チームとしては、ロングパスを使っていく意図を感じました。

後半20分ころの、浮かせて中田選手に出したパスもよかった。残念ながらオフサイドになってしまいましたが。

深井選手、中島選手が入ってから、アントラーズペースになります。中島選手に出した裏へのスルーパス、シュートには結びつかなかったけどいい狙いでした。中島選手も感じてくれたし。満男選手は、ポジションを変えて、中央にいることが多くなり、裏を狙おうとしているように感じました。中島選手が、左サイドを上がって鋭く入れたクロス、深井選手が少しでも触ればゴールというすごく惜しい場面もありました。

満男選手に対するマークは、相変わらず厳しく、サンフレッチェの16番が思いっきり後ろから引っ張って倒し、イエローカードが出されます。

青木選手に代わって石川選手が入った後は、新井場選手がボランチの位置に入ったんだと思うのですが、この交代は、うまくいきませんでしたね。石川選手、左サイドからクロスをほとんど上げられなかったし、新井場選手も、少し戸惑ってるみたいに見えました。

45分くらい、満男選手がヒールでパスして、新井場選手から左サイドの石川選手へっていう流れは面白かったです。満男選手のチャレンジのパスは、ミスになることも多かったけど、アイデアが浮かんでるという感じはありました。ここ何試合かは、あまり感じられなかった感覚です。

ロスタイムに得たFKでは、みんなを上がらせて、ハーフラインの後ろから長いボールをけったけど、それも実らず、0−0で試合終了。

試合後、なんとか中央まで歩いて戻った満男選手ですけど、ひざに手を突くと、うつむいたまま、長いこと動けなくなってしまいました(涙)。足も、そうとうきつかったのでしょう、ストッキングを下ろしてからスタンドにあいさつに回りますが、スタンドからはものすごいブーイング。満男選手は、ペナルティエリアのラインぐらいまで、重い足を動かし、うつむきがちに歩いていきましたが、それ以上はサイドスタンドに近寄らず、引き上げていきました。

残り7試合で、首位レッズとの勝点差が9。選手たちにとっては、とてもつらい引き分けだったでしょうけど、満男選手のコンディションが少し上向いていそうなことが確認できて、わたしにとっては悪い試合ではありませんでした。ずっと心配していたので、ひさびさに銅像シュート見られただけで十分です。羽田選手の元気な姿も見ることができましたしね。縁側日和にオガコさんが書かれてるとおり、昨日書いたうれしいうわさというのは、このことです。実現してよかった。

|

« 引き分け / vs広島 | トップページ | 小笠原選手、候補合宿1日目に参加 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/1587374

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の銅像シュート / J1 2nd第8節 鹿島vs広島:

« 引き分け / vs広島 | トップページ | 小笠原選手、候補合宿1日目に参加 »