« 小笠原選手1ゴール、2アシスト / J1 2nd第11節 鹿島vs横浜FM | トップページ | 柳沢選手1アシスト / セリエA メッシーナvsレッジーナ »

2004.10.31

サイレント・マジョリティー

レッズ戦の騒動に関してasahi.comに「声なきファンの声を」という田誠記者のコラムが掲載されています。

先週の騒動のあと、サポーターがクラブに要望書を出したとか、クラブ側が話し合いの場を持つことを了解したなどという新聞記事を読みながら感じていたのは、IN.FIGHTじゃない、たくさんのファン・サポーターがスタジアムにはいて、わたしもその1人だと思うけど、何だか、かやの外に置かれている気がするっていうことでした。それが、このコラムのサイレント・マジョリティーっていう言葉を見て、腑に落ちました。

昨年末、秋田選手の契約が継続されないことが分かって、IN.FIGHTがゴール裏で黒服で抗議しようという呼びかけを出したとき、普段は、赤い服を着てないことも多いわたしが、選んで赤のコートを着ていきました。そしたら、申し合わせたわけじゃないのに、知り合いの何人もが一斉に赤を着込んでいて、面白いくらい。その試合は、わたしもゴール裏で見てたんですけど、黒い服の人たちの方が少数派でしたよね。ゴール裏で、IN.FIGHTのリーダーさんと一緒に応援している人たちの中でも、赤い服の人の方が多かったと思います。メインやバックスタンドのファンも含めて考えれば、まさに、IN.FIGHTは「声高に批判する少数派」なんですね。

Mainichi INTERACTIVEのIN.FIGHTのリーダー、河津さんのインタビューを読むと、さらにその感が深まります。率直な感想は、言ってることが全然、理解できない(笑)。統制をとって発煙筒を使っておいて、持ち込んだり、使った人だけの責任とは。しかも、出頭させた人が3人だけだなんて。ただ、この人や、IN.FIGHTの主張って、ずっと同じですよね。フリークスには、毎号、IN.FIGHTのコーナーが2ページあって、わたしは、毎号読んでるけど、いつまでたっても理解できません。6年近く読んでるわたしに理解できないんだから、多分、かなりの人には理解できないんじゃないかな。わたしの知り合いには、そのページはもう読んでないって人が多そうだけど(汗)。

この件を機に、スタジアムの雰囲気がもっといい方向に向くといいと思ってたけど、こういう人がトップにいる限り、IN.FIGHTが変わることは望めそうにないですね。クラブには、声高に主張する少数派の声だけでなく、サイレント・マジョリティーの声なき声にも、注意深く耳を傾けて欲しいなと思います。昨日は、前売で19,000枚売れてたはずなのに、入場者数は15,000人。チケット持ってる人がこんなに来なかったのは、雨のせいだけじゃない気がするから。

|

« 小笠原選手1ゴール、2アシスト / J1 2nd第11節 鹿島vs横浜FM | トップページ | 柳沢選手1アシスト / セリエA メッシーナvsレッジーナ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/1820070

この記事へのトラックバック一覧です: サイレント・マジョリティー:

« 小笠原選手1ゴール、2アシスト / J1 2nd第11節 鹿島vs横浜FM | トップページ | 柳沢選手1アシスト / セリエA メッシーナvsレッジーナ »