« 来ましたねペトリッカさん | トップページ | ペトリッカさんが小笠原選手を視察 »

2004.11.29

小笠原選手1アシスト / J1 2nd第15節 名古屋vs鹿島

ファビオ・ジュニオール選手の初ゴールと、ペナルティエリア内からの間接FKと、珍しいものが2つも見ることができた試合でした。3連勝。いいムードで天皇杯に入れますね。

天気もよく、暖かでした。満男選手は、アップを増田選手と組んで。帯同は、野沢選手と大谷選手でした。満男選手、パス回しの途中で足の裏側のストレッチをしてましたけど、特に気にしている部分はなさそうでした。

IN.FIGHTが試合前にコールをして選手たち一人一人に応えさせるとき、円陣に入る前はコールに応えるけど、円陣のあとは応えないのが満男流。試合開始ギリギリに手を挙げるのを見たのは、これまで1〜2回しかありません。それが、今日はキックオフのホイッスルぎりぎりのコールに、大きく手を挙げて応えて、びっくりしました。何かあったのかしら。それとも、これまで、いつも集中してて聞こえてなかっただけ?(笑)

ピッチの芝がかなり荒れていて、ここは、いつもピッチコンディションがよくないですね。

10分ころには、マルケスのシュートでピンチ。その少しあと、本山選手のシュートはちょっと弱くて、GKにキャッチされます。

満男選手は、ストッキングを下げて左のふくらはぎの下の方を気にするそぶりが見えましたが、その後、プレーに影響はなかったと思います。

バロン選手、ファビオ・ジュニオール選手の2トップ。前からプレスをかけに、全然行ってくれなくて、守備のコンビネーションができてなかったですね。満男選手は、試合開始直後から、バロン選手に前にプレスに行ってくれと何回か指示してました。裏に出しても、2人とも走りこんでくれないし、前半は得点なさそうなんて思ってたら、ファビオ・ジュニオール選手の初ゴールですから、見る目がありませんね(汗)。

19分のファビオ・ジュニオール選手のゴールは、中央の本山選手のアシスト。右の角度のあるところから決めました。落ち着いて決めたいいゴールでした。ケガで長い間プレーできなくて、なかなかゴールがなかったけど、これをきっかけに、たくさん決めてくれるようになるといいですね。

満男選手は、左サイドの守備が気になったようで、石川選手に2度ほど声を掛けたり、自ら左SBの位置に入って守ったりしてました。相手の右サイドの角田選手がフリーになっちゃうことが多かった気がします。本山選手と交代で深井選手が2列目になったときも、指示して右サイドに行かせて、自分が左サイドに入ってました。守備を考えてでしょうね。深井選手、2列目は結構やってるけど、右は珍しいんじゃないかな。アントラーズは2列目の2人のポジションチェンジは自由だけど、深井選手みたいな慣れない選手が入るときは、あまりチェンジしないですよね。後半も2人が組んでるあいだは、ほとんど満男選手が左、深井選手が右にいたと思います。

逆に、相手の左サイドは、あまり怖さがなくて、アントラーズはわざと空けているような感じでした。青木選手は、激しいスライディングでボールを奪ったり、右サイドバックがすっかり様になってきた感じ。

前半終了間際、右サイドにいた深井選手から、大きなサイドチェンジのボールがファビオ・ジュニオール選手に。キープしているあいだに石川選手がオーバーラップ、そこにボールが渡ってセンタリングという一連のプレーは美しい流れでした。ゴール前にはバロン選手も詰めてたし。

後半は、開始早々から、満男選手が前線にプレスをかけに走ります。とったところから、石川選手、バロン選手とつながりチャンスになりました。

後半15分ごろの、相手CK。曽ヶ端選手と相手選手が競って、曽ヶ端選手がキャッチしたボールがこぼれ押し込まれます。ゴールのアナウンスが流れますが、副審が旗を振ってファールをアピール。ノーゴールになりました。

25分ごろのやや左寄りのFK、満男選手は直接狙いますが、ボールが落ちず、思わず地面をけります。

2点目は、ペナルティエリア内の間接FKから。これ、なんでFKもらえたのか、ちゃんと見てなかったんですよね(汗)。ファビオ・ジュニオール選手が楢崎選手とぶつかったんだけど、その前にファールがあったのかしら? グランパスの選手たちが主審に詰め寄って、なかなかプレー再開にならないところに、満男選手がいきなり駆け寄って、楢崎選手が持ってたボールを取り上げてFKをしようとしたから、両チームの選手5人ずつくらいが詰め寄って、もめてました。

ゴールほぼ正面のFKで、グランパスの選手たちがずらりとゴール前に並んで、満男選手がポイントに立ちます。壁の位置を下げたり、けるようなフリをして相手の出方を見たり。じっくり時間をかけて駆け引きをして、結局、相手のクライトン選手にイエローカードを出させました(笑)。そして、並んで右に立っていたフェルナンド選手にちょこんと出して、フェルナンド選手のけり込んだボールがネットを揺らしました。あれだけゴール前に人がいたのに、決まったのは不思議。何か作戦があったのでしょうか。

ゴール後、フェルナンド選手に味方の選手たちが集まって、満男選手も笑顔で祝福に駆け寄ったんだけど、顔を誰かの手で押されてのけ反ってたような?

相手2トップのウエズレイ選手、マルケス選手に、迫力がなく。マルケス選手はコンディションのせいかハーフタイムで交代になってたので、大勢はこれで決した感じでした。角田選手の2枚目のイエローカードは、ボールを持った大岩選手が、前が空いてたもんだから上がっていったんだけど、このまま上がっていいものかと思った感じのところにぶつかっていってもらったもの。いらないカードですよね(汗)。

ゴール前にドリブルで進んだ満男選手からパスが出て、右サイドから隆行選手がシュート。ポストの左にわずか外れて惜しかったです。

試合終了近くになって、満男選手が相手選手に乗るような形になって背中から落ち、そのまま動けなくなったときにはドキッとしました。高さはさほどではなかったけど、腕を骨折したときの悪い記憶がよみがえって。しばらくして立ち上がった満男選手は、背中を押さえて痛がってましたが、その後は普通にプレーできてるようで、ホッとしました。

間接FKの時から、カリカリしてた感じのクライトン選手。角田選手の退場後は、ボランチの位置でゲームメークしてましたが、そこに満男選手が激しくDFに行きます。何回か、ファールをもらって、左サイドで絡まって倒れたところでイエローカード。最終節なので、1枚もらう分には問題ないんですけど。

試合終了後は、ユニフォームで汗をふきながら中田選手と話。秋田選手とは、簡単に言葉を交わしただけだったから、また試合後に話をするつもりなのかも。ほかの選手と話し込んでた楢崎選手のお尻を、ポンッとたたいてあいさつしてました。

サイドスタンドへのあいさつの時、隆行選手が、どうやらペナルティエリアのライン上に並ぶルールを忘れてたらしく、一人すたすた歩いていって、途中で引き替えしてました。こういうところ隆行選手らしいですよね(笑)。

ひさびさに勝ちが続いて、よかった試合なんだけど、前半途中で交代になった本山選手が気がかりです。前半の25分くらいに、フリーで満男選手にパスを出した直後に倒れて動けず、担架で外に出てました。ちゃんと見てはいなかったけど、特に激しい接触があるような場面ではなかったと思います。その時、痛がってたのは、わき腹か腰の辺り。いったんピッチに入ってプレーしてたんだけど、前半40分に交代になりました。後半、ベンチに姿が見えなかったようだし、心配です。

|

« 来ましたねペトリッカさん | トップページ | ペトリッカさんが小笠原選手を視察 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/2097849

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原選手1アシスト / J1 2nd第15節 名古屋vs鹿島:

« 来ましたねペトリッカさん | トップページ | ペトリッカさんが小笠原選手を視察 »