« もっと攻撃的にやりたい /「KASHIMA ANTLERS YEAR BOOK 2005」の小笠原選手インタビュー | トップページ | 本日発売のEL GOLAZOに小笠原選手インタビュー »

2005.03.15

小笠原選手、異議でイエローカード / J1 第2節 鹿島vsG大阪

レポートがすっかり遅くなってしまいました。ビデオを見直してから書こうと思っていたら、いつになっても書けそうにないので、うろ覚えのまま(汗)。開幕したのに、なかなかペースが戻りません。今年は、このままのんびりモードでやらせてもらうことになりそうです。ご容赦を。

招待券がずいぶん配られたらしくて、26000人の観客。そこそこ華やかな雰囲気にはなりました。とはいえ、ただで見られるものを、次に、お金払って見に来てくれるものかどうか。演劇の世界だと、招待券がその後の観客動員にはつながらない印象があるけど、サッカーはどうかしら。風も出て、寒かったですね。あまりスタジアムに来ない方々には、少し辛かったかな。

アップは、途中からチラッとしか見てません(汗)。満男選手、結構遅くまで上がらず、ミドルシュートを打ってましたね。右上とか、コースを狙ってたんじゃないかと思うけど、何本も決めてました。

去年まで、開幕戦は自分の子どもと入場していた選手たちですけど、今年はどうやら違った模様。普段の試合と同じスポンサーの募集した子たちかしら。赤と白のアントラーズのユニフォームを着てました。去年までは、確か、黄色の服でしたよね?

初戦に続いてキャプテンマークの満男選手。そうそう、縁側日和にオガコさんも書かかれてたけど、ダニーさんの選手紹介のあとに「ゲーム」キャプテンとして、満男選手のメッセージが流れました。去年まで、開幕戦に誰かのメッセージビデオってありましたっけ? ごくごく短いあいさつでしたけど、満男選手のサポーターに語りかけたいという気持ちは伝わりました。

スタメンとフォーメーションはレッズ戦と同じ。相変わらず守備が不安定で、ハラハラしっぱなし。満男選手が下がって守備に入るということもなかったので、最終ライン近くまで下がったボランチと、2列目のあいだが空いてる印象でした。右サイドの選手に青木選手が対応することが多くて、危なっかしい印象。

前半29分のイエローカードは、倒されてもファールが取られず、主審に詰め寄った途端に出されちゃった感じ。異議ですね。カードを出せと要求する仕草があったわけでもないので、よほどひどい言葉でも言ったのかしら。何か言っただけでカードをもらったこと、これまでないんじゃないかと思うけど。(1度、異議でボールを蹴ってもらった憶えはあるけど(汗))

相手選手にチャージされても冷静だけど、ちゃんと見てくれない審判には、ガマンならないというムードを漂わせることがある満男選手。向こうのファールを見逃された上に、自分にカードを出されたので、ものすごく怒ってましたね。すぐ近くにいた副審にも詰め寄って。ユニフォームのすそを主審に示して、引っ張られたからこんなに出てるんじゃないかとジェスチャー。結局は、あきらめてプレーを再開したけど、ハーフタイムまですそを出したままでプレーしてました。いつも、ストッキングもユニフォームも、ピシッとさせてるから、これも珍しい。

前半の終了間際に先制されて折り返して、後半も、苦しい戦い。後半22分に、野沢選手が内田選手に替わって入って、満男選手が左ボランチに。フェルナンド選手が右ボランチ。青木選手が右サイドに入りました。満男選手、左ボランチは、ほとんどやったことないと思います。直後に、本山選手の上げたボールがアレックス・ミネイロ選手のヘッドにピッタリ合って同点。

さあ勝ち越し点をという時に、大黒選手とフェルナンジーニョ選手のパス交換から、またリードを奪われてしまいました。ゴールを決めたフェルナンジーニョ選手をフリーにしちゃったの、満男選手だった気も(汗)。左はやりにくそうだなと、見ている矢先の出来事でした。

ただ、選手交代が功を奏したのか、お尻に火がついた状況になったせいか、アントラーズが一気に攻勢に出て、深井選手が本山選手に代わって2列目の左(?)に入ったあとに、フェルナンド選手のロングシュートが決まって2−2。

センターサークルに戻ると、満男選手は前からプレッシャーをかけていこうと、大きなジェスチャーで周囲に伝えてました。

その後、さらに攻めて、3バックにして岩政選手をFWに上げたりもしたけど、得点は奪えないまま試合終了。ホームで勝点1。終了直後、満男選手はひざを突いて座り込んでました。

でも、3〜4点取られてもおかしくない守備で、1勝1分けの滑り出しは悪くないでしょう。今回も、ポストのスーパーセーブが2本ほどあったけど、運を味方につけるのも力のうちということで(汗)。

満男選手は、自分の左足にボールをぶつけて相手を交わす、らしいプレーを見せてくれたり、後半に見事なアーリークロスを入れたりで、楽しいプレーを見せてくれました。隆行選手への、大きなサイドチェンジのパスもありましたね。いつもは右CKはフェルナンド選手ですけど、この試合では、左右とも満男選手がけってました。(最初の1本だけ、フェルナンド選手が左からけってたのと、最後にアレックス・ミネイロ選手がショートコーナーを使ってましたけど。)これからは、右のCKも満男選手がけるのかも。ちなみに、友人の話では、3/2の紅白戦では左右のCKともフェルナンド選手がけってたそうです。何かあったのかしら。

代表戦のために、リーグ戦が中断になるのは残念ですね。せっかく始まったばかりなのに。後半、ベンチコートを着込んだ名良橋選手が、ベンチのすぐ近くにいましたけど、いつ戻ってきてくれるかしら。それと、まだ日本に到着しないアリ選手は、リーグ戦再開には間に合うかしら。そうそう、この試合に出場機会があるかもとスポーツ新聞が煽ってた羽田選手は、この試合、ベンチ入りしてませんでしたけど、3/20(日)のサテライトリーグに出場かな。

|

« もっと攻撃的にやりたい /「KASHIMA ANTLERS YEAR BOOK 2005」の小笠原選手インタビュー | トップページ | 本日発売のEL GOLAZOに小笠原選手インタビュー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/3302796

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原選手、異議でイエローカード / J1 第2節 鹿島vsG大阪:

« もっと攻撃的にやりたい /「KASHIMA ANTLERS YEAR BOOK 2005」の小笠原選手インタビュー | トップページ | 本日発売のEL GOLAZOに小笠原選手インタビュー »