« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.31

小笠原選手の出場なし / W杯最終予選 日本代表vsバーレーン代表

花粉にやられて、しかも寒くて(涙)。うちに着いて薬を飲んで、落ち着いてから書こうと思ったら、今度は眠くなってます(汗)。なので、ごく簡単に。

満男選手は、インド仕込み(?)で、指の上でボールをくるくる回しながら登場。頭でリフティングしたり、リラックスした様子でアップに入りました。特にどこか気にする様子はなかったと思うけど、1度、腰を触ってたかも。代表のアップは、スタメン組とサブ組が分かれてるんだけど、サブ組の鳥かご、楽しそうでした。最初から、トレーナーの方に一緒にやろうと声を掛けていたらしき満男選手。そのせいか、途中からは、トレーナーさんも入って5対2をやってました。

パス交換は、柳沢選手と。左右とも調子はよさそうです。柳沢選手が、満男選手とワンツーをしながらゴールを決める姿を見て、また、一緒のクラブでプレーしてるところが見たいなと思いました。最後にミドルシュートを何本も。30メートルくらいのところから見事に決めてたし、もう少し短い距離からも何本も決めてました。

TVに、ベンチの映像は、どのくらい映ったかしら。NHKとテレビ朝日で画が違ったのかな。メインスタンドで見てたので、細かいことは分かりませんけど、前半はベンチの背もたれの上に座って観戦。ベンチコートに手袋姿でした。遠い方のゴール前でプレーが行なわれる時は、ほかの選手と一緒に立ち上がってみてました。右隣に座っている選手と、よく話をしていたけど、柳沢選手かしら。そうそう、試合開始前、ベンチに入って早々、後ろを振り返ってスタンドのほうを、じっくりと見てました。何を見てたのかしら。

前半の40分くらいから、ベンチ全員でアップ。満男選手もピッチを気にしながら。ハーフタイムに引き上げていく時には、確か、楢崎選手と声を交わしてました。

後半も、10分くらいだったか、全員でアップ。里内さんの号令で、ダッシュなどしてましたけど、その後は、ほとんど動かずに試合を見つめている感じ。土肥選手と並んでる時間が多かったかな。40分くらいで、交代がない選手が全員ベンチに戻らされて、満男選手は、最初1段低くなったベンチの段差のところに腰掛けてましたけど、すぐに立って試合を見守ってました。ベンチに戻らされる時だったか、誰かに話しかけられたのか、チラと笑顔が見えたと思います。出番がないままに試合終了。スタッフさんたちやベンチの選手たちと喜び合ってました。

アップを見る限りでは、調子よさそうだったので、出番がなかったのは残念ですけど、すぐに、とっても大事なリーグ戦再開ですよね。コンディションを考えると、そのためにはよかったのかも。クラブで出来る練習は、あと2回だけ。厳しい条件だけど、レイソル戦期待してます。

| | トラックバック (0)

2005.03.29

命令形

「今期から試合前に、会場に来ているファンへというよりは、ゴール裏のサポーターへ向けた選手のコメントを流させています。でも、まだクラブは嫌々っぽいんだけどね。」

「河津亨の CRAZY DIARY」より。アントラーズ公認サポーターグループ「IN.FIGHT」の代表の方の書かれたものです。ファンクラブ会報誌も、毎回2ページをこのグループのために使ってますから、ご存じの方も多いですよね。

命令と服従。わたしの感じるサッカーの魅力とは、正反対のものだから、こういう文章を読むと、カシマスタジアムに行くの、すごく気が重くなります。お客さんが減ってるとしたら、ただ負けてるからだけじゃなくて、スタジアムが夢の感じられない場所になりつつあるからじゃないのかしら。

河津さんが書かれていること、事実かどうか分からないけど、スタジアムで流されてるのが、暴力を肯定するグループに命令されて、いやいや録画を命じるフロントに従う選手たちの映像なんて、最悪としか思えないのだけど。それとも、チームや選手たちを服従させられるってことに、夢を感じる人もいるのかな。

去年のホーム最終戦、試合前のIN.FIGHTのコールに、満男選手はこれまでになく大きく手を上げて応えてました。そして、代表のドイツ戦でも、試合前のコールに、満男選手は大きく手を上げて応えてました。(代表では、全員がコールされるわけではないし、全員が応えるわけではないと思うけど。)それは、満男選手が自主的にしていることだと思ってたし、開幕戦の映像での挨拶も、心からのものだと思ってました。

けど、違うかもしれないのね…。もし、そうだったら、そんなもの、見たい人たちだけで見てくれよ! 試合開始前に流されたら、イヤでも目に入っちゃう(涙)。あぁ…。

| | トラックバック (0)

2005.03.26

小笠原選手、78分より出場 / W杯最終予選 イランvs日本

TV観戦です。サッカーダイジェストの満男選手のコラムから引用させてもらうと、「テレビ観戦だけだと全体の流れが分かりづらいから残念だよ。本当はもっとひいた画でピッチを見たいね」。まさに、その通り。局面しか見れてないのに、いろいろ批判するのは、とっても危険というか、無責任だと思うので、簡単な感想だけ。

満男選手は、2-1になった直後にピッチに立ちましたけど、ファーストタッチまで時間がかかったし、イランの選手の体の強さにも慣れないままに終わってしまった感じで、あまりいい出来ではなかった印象(汗)。シュートも、足が滑ってしまったようでミートせず、残念でしたね。

英寿選手がボランチに下がって、俊輔選手と並んで2列目に入りましたけど、左右のポジションチェンジは英寿選手と俊輔選手のペアの時よりスムーズ。全体が、ポジションチェンジしながら攻撃的に攻めてたせいもあると思います。満男選手も、福西選手が上がった時には、ボランチの位置に入ったりもしてましたね。

三都主選手が出場停止で、4-4-2の左サイドが、三浦淳選手と俊輔選手。さらに左ボランチが小野選手だと、守備に不安があるかなと思ったけど、2点目は、そのサイドを崩されてしまいましたね。直後に入った満男選手、左サイドにいることが多かったと思うけど、やはり守備には手を焼いてるように見えました。

バーレーン戦は3バックですかね。満男選手が出場できますように。隆行選手のケガが治りますように。

そうそう、柳沢選手の登場はうれしかったです。一気に応援モードになりました(笑)。流れが変わったし。センスを感じさせるプレー見せてくれましたよね。得点も、柳沢選手がハイボールに競ったところからだし。次の試合は見られるので、出場してくれるといいな。

| | トラックバック (0)

2005.03.22

代表に柳沢選手が追加招集

ケガの藤田選手に代わって呼ばれたみたいですね。ついこのあいだ、スタメンで出た試合は見てないけど、少し前に見た試合では堂々としたプレーぶりで、すっかりセリエAのプレーヤーという感じでした。活躍の機会がありますように。

隆行選手は別メニューが続いてるようですけど、柳沢選手が呼ばれたのにはその影響もあるのかしら。具合が心配ですね。

| | トラックバック (0)

2005.03.17

おわび

昨日紹介したEL GOLAZOの満男選手の記事、インタビューではなかったですね。予告を見て思いこんでいたので、買ってビックリしました。インタビューと思って買ってガッカリした方いらしたら、ごめんなさい。

しかも、恐れていた通り、元川さんの思いこみが前面に出た記事でしたね(涙)。アントラーズのサポーターなら、満男選手をほとんど知らない人が書いた記事だということが、すぐに分かると思うけど、読者にはそうでない人のほうが多いでしょうから、間違ったイメージを持ってしまう人、また多いでしょうね。

昔の満男選手が「無欲」だの「清貧」だのって…。ずっと、満男選手は高い目標を持って、プレーしてきたと思います。それが「海外」だの「代表」だのっていう、ごく一般的なJリーガーが描く分かりやすい夢とは違ったかもしれないけど。分かりにくいってことと、欲がないってことは、全く別物ですよねぇ。

EL GOLAZOも、サッカー専門新聞として応援したいけど、代表戦くらいでしか取材してない人に紹介記事を頼んだってダメでしょう(汗)。コメント取れてる関係者が、鈴木「貞雄」統括部長だけって時点で…。

| | トラックバック (0)

2005.03.16

本日発売のEL GOLAZOに小笠原選手インタビュー

「Jリーガーの肖像」第2回だそうです。元川悦子さんってのが、少々不安。昔は、結構ひどい書き方されてたから…。ちゃんと理解してくれるようになってるといいな。

EL GOLAZO(エル・ゴラッソ)はサッカー専門新聞です。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の駅売店・主要コンビニエンスストアの限定発売だそうです。

| | トラックバック (1)

2005.03.15

小笠原選手、異議でイエローカード / J1 第2節 鹿島vsG大阪

レポートがすっかり遅くなってしまいました。ビデオを見直してから書こうと思っていたら、いつになっても書けそうにないので、うろ覚えのまま(汗)。開幕したのに、なかなかペースが戻りません。今年は、このままのんびりモードでやらせてもらうことになりそうです。ご容赦を。

招待券がずいぶん配られたらしくて、26000人の観客。そこそこ華やかな雰囲気にはなりました。とはいえ、ただで見られるものを、次に、お金払って見に来てくれるものかどうか。演劇の世界だと、招待券がその後の観客動員にはつながらない印象があるけど、サッカーはどうかしら。風も出て、寒かったですね。あまりスタジアムに来ない方々には、少し辛かったかな。

アップは、途中からチラッとしか見てません(汗)。満男選手、結構遅くまで上がらず、ミドルシュートを打ってましたね。右上とか、コースを狙ってたんじゃないかと思うけど、何本も決めてました。

去年まで、開幕戦は自分の子どもと入場していた選手たちですけど、今年はどうやら違った模様。普段の試合と同じスポンサーの募集した子たちかしら。赤と白のアントラーズのユニフォームを着てました。去年までは、確か、黄色の服でしたよね?

初戦に続いてキャプテンマークの満男選手。そうそう、縁側日和にオガコさんも書かかれてたけど、ダニーさんの選手紹介のあとに「ゲーム」キャプテンとして、満男選手のメッセージが流れました。去年まで、開幕戦に誰かのメッセージビデオってありましたっけ? ごくごく短いあいさつでしたけど、満男選手のサポーターに語りかけたいという気持ちは伝わりました。

スタメンとフォーメーションはレッズ戦と同じ。相変わらず守備が不安定で、ハラハラしっぱなし。満男選手が下がって守備に入るということもなかったので、最終ライン近くまで下がったボランチと、2列目のあいだが空いてる印象でした。右サイドの選手に青木選手が対応することが多くて、危なっかしい印象。

前半29分のイエローカードは、倒されてもファールが取られず、主審に詰め寄った途端に出されちゃった感じ。異議ですね。カードを出せと要求する仕草があったわけでもないので、よほどひどい言葉でも言ったのかしら。何か言っただけでカードをもらったこと、これまでないんじゃないかと思うけど。(1度、異議でボールを蹴ってもらった憶えはあるけど(汗))

相手選手にチャージされても冷静だけど、ちゃんと見てくれない審判には、ガマンならないというムードを漂わせることがある満男選手。向こうのファールを見逃された上に、自分にカードを出されたので、ものすごく怒ってましたね。すぐ近くにいた副審にも詰め寄って。ユニフォームのすそを主審に示して、引っ張られたからこんなに出てるんじゃないかとジェスチャー。結局は、あきらめてプレーを再開したけど、ハーフタイムまですそを出したままでプレーしてました。いつも、ストッキングもユニフォームも、ピシッとさせてるから、これも珍しい。

前半の終了間際に先制されて折り返して、後半も、苦しい戦い。後半22分に、野沢選手が内田選手に替わって入って、満男選手が左ボランチに。フェルナンド選手が右ボランチ。青木選手が右サイドに入りました。満男選手、左ボランチは、ほとんどやったことないと思います。直後に、本山選手の上げたボールがアレックス・ミネイロ選手のヘッドにピッタリ合って同点。

さあ勝ち越し点をという時に、大黒選手とフェルナンジーニョ選手のパス交換から、またリードを奪われてしまいました。ゴールを決めたフェルナンジーニョ選手をフリーにしちゃったの、満男選手だった気も(汗)。左はやりにくそうだなと、見ている矢先の出来事でした。

ただ、選手交代が功を奏したのか、お尻に火がついた状況になったせいか、アントラーズが一気に攻勢に出て、深井選手が本山選手に代わって2列目の左(?)に入ったあとに、フェルナンド選手のロングシュートが決まって2−2。

センターサークルに戻ると、満男選手は前からプレッシャーをかけていこうと、大きなジェスチャーで周囲に伝えてました。

その後、さらに攻めて、3バックにして岩政選手をFWに上げたりもしたけど、得点は奪えないまま試合終了。ホームで勝点1。終了直後、満男選手はひざを突いて座り込んでました。

でも、3〜4点取られてもおかしくない守備で、1勝1分けの滑り出しは悪くないでしょう。今回も、ポストのスーパーセーブが2本ほどあったけど、運を味方につけるのも力のうちということで(汗)。

満男選手は、自分の左足にボールをぶつけて相手を交わす、らしいプレーを見せてくれたり、後半に見事なアーリークロスを入れたりで、楽しいプレーを見せてくれました。隆行選手への、大きなサイドチェンジのパスもありましたね。いつもは右CKはフェルナンド選手ですけど、この試合では、左右とも満男選手がけってました。(最初の1本だけ、フェルナンド選手が左からけってたのと、最後にアレックス・ミネイロ選手がショートコーナーを使ってましたけど。)これからは、右のCKも満男選手がけるのかも。ちなみに、友人の話では、3/2の紅白戦では左右のCKともフェルナンド選手がけってたそうです。何かあったのかしら。

代表戦のために、リーグ戦が中断になるのは残念ですね。せっかく始まったばかりなのに。後半、ベンチコートを着込んだ名良橋選手が、ベンチのすぐ近くにいましたけど、いつ戻ってきてくれるかしら。それと、まだ日本に到着しないアリ選手は、リーグ戦再開には間に合うかしら。そうそう、この試合に出場機会があるかもとスポーツ新聞が煽ってた羽田選手は、この試合、ベンチ入りしてませんでしたけど、3/20(日)のサテライトリーグに出場かな。

| | トラックバック (0)

2005.03.09

もっと攻撃的にやりたい /「KASHIMA ANTLERS YEAR BOOK 2005」の小笠原選手インタビュー

今年は、満男選手の移籍があればそちらのチームが優先になっちゃうかもと思ってたし、チャンピオンシップがなくなれば、満席になるカシマスタジアムの試合もなさそうなので、実は、いったんSOCIOを止めてました。グッズや駐車券が欲しいわけではないので、チケットを毎回予約する手間がはぶけるとはいえ、割高になってしまうので。でも、ぎりぎりになって入り直しました。中田浩二選手の事件がきっかけです。たとえチケットが無駄になっても、経済的にチームに少しでも役に立てればと思って。

ということで、今日、ホーム開幕戦に先駆けて、手元に2005年の鹿島アントラーズのイヤーブックが届きました。

満男選手のインタビューは、1ページの写真を含めて3ページ。なぜか半分近くが代表の話で、あとは、今季の目標など。『「アントラーズはこうするんだ」というものを作っていきたいです。個人的には、勝ちにいくために、もっと攻撃的にやりたいと思いますけどね』『…今いるメンバーで、「自分たちの形」にしていかないといけない。やっぱり攻撃のバリエーションは多いほうがいいし、いろいろなアイデアを出し合っていきたいですね』など、単に攻撃的にというだけでなく、具体的な方法を模索しているようです。

レッズ戦の後半40分くらいのとき、1-0で押し込まれる中で、ゴールにドリブルで挑んで行った姿に、いままでと違うことをやろうとしているのではと感じました。単にキープして1点差で勝つのではなく、もっと点を取りに行くのだということを背中で示しているような。

監督6年目というのは、マンネリ化しやすいでしょうから、チーム全体が練習も含めて、満男選手や選手たとスタッフの話し合いの中で、変化していけばいいと思います。そのための試行錯誤だったら、最初のうちうまくいかなくても、喜んで見守るつもりです。

インタビューの最後は、お客さんにスタジアムに来てもらうためにも、絶対に優勝して盛り上げたい。どうしたら優勝できるか突き詰めていきたい。勝つことでサポーターを喜ばせたいという、いかにも満男選手らしい言葉で締めくくられてます。

ほかの内容は、隆行選手のインタビュー、田代選手×中後選手×興梠選手の対談、本田選手×本山選手×曽ヶ端選手の対談、野沢選手×青木選手×増田選手の対談、新井場選手と大岩選手が語るアントラーズなど。

岩政選手のふるさと紀行とか、石井コーチの健康生活のススメなんて、ちょっと変わったページもありますし、ユースからの昇格組後藤選手×吉澤選手×山本選手の対談もあります。フリークスについての金古選手のインタビューも。

なんといってもうれしいのが、羽田選手が「復活の年」ということで1ページ取り上げられてること。第1節のレッズ戦では、帯同に入ってなかったようですけど、練習試合にはしっかりでてるし、今年は公式試合でのプレー姿が見られそうですね。まずは、サテライトからかな。

| | トラックバック (0)

2005.03.05

小笠原選手1アシスト / J1 第1節 浦和vs鹿島

すごいチームですね、今年のアントラーズ。守備が危なすぎて、ハラハラしっぱなし。タイトルがかかってる試合でもないのに、ラスト10分には動悸がしちゃいました。右サイド、内田選手、青木選手と岩政選手の連携が特に危ない。一昨年だったか、左に石川選手、フェルナンド選手、大岩選手と入ったときに、マークの受け渡しがあいまいでハラハラしたけど、その時以上です(汗)。ほかにも、パスミスも多いし、5〜6人の選手が一気にボールに寄っちゃったり。我が目を疑うような光景の連続。1−0で勝てて、ともかくよかった。

満男選手も、あまり調子よくなさそうに見えました。2階の上の方の席だったから、細かいことは分からないけど、アップの時からロングパスの精度がよくなかったですよね? CKは、ラインを直接割ってたし(多分、わざと高いボールを上げてたんだと思いますけど)、アレックス・ミネイロ選手に出そうとして、シュートみたいになっちゃったミスパスもありました。守備にも頑張ってたとは思うけど、どこか普段とは違う気が。あと、今年に入ってから気になってるんですけど(PSMの水戸戦では気づかなかったけど)、ダッシュの速度が普段より遅くないですか? 守備で着いていけないことがある気がするのだけど。

エメルソン選手が調整不足でスピードがなく、助かりましたね。こういう時に当たると、レッズって、やっぱりエメルソン選手頼りのチームなんだなと思えてしまいます。

初めて見たアレックス・ミネイロ選手は、チームになじめそうに思えました。満男選手も、コミュニケーションを取ってたし、キープ力があるのでコンディションがよくなれば試合を落ち着かせてくれるんじゃないかしら。エウレル選手みたいに、ひとりで突破して得点を取るようなタイプではなさそうだけど。

アルパイ選手、熱くなってましたね。退場が決まったあと、隆行選手に握手を求めるように手を差し出しながら、いきなり隆行選手の顎(?)を突きました。熱くなった隆行選手を、満男選手も肩に手を回してなだめてましたけど、結局、ハーフタイムに入った途端に、また審判に詰め寄っちゃって、興奮した選手と、止めに入ったスタッフと、混乱の中でさらに興奮した選手・スタッフたちが入り乱れてることに。

去年の1stステージで当たった時にも、アルパイ選手に関して、いざこざがあったのを憶えてます。予想のつくことだから、審判員の方々には、特に注意して試合をコントロールしてもらいたかったです。ボールと関係ないところの争いだから、副審の方の役割が大きくなるのだと思いますけど。(今回も、主審は副審に意見を聞きに行ってレッドカードを出してました。)

とにかく勝点だけはとりましたから、次のガンバ戦も、ものすごく厳しいでしょうけど勝ってくれることを願います。あと、アリ選手が早く来日して、試合出場の準備が整い、スタメン争いに加われますように。いい選手でありますように。

晴れてはいたけど、スタジアムは、結構寒かったです。ピッチに昨日の雪の影響はあったのかしら。

| | トラックバック (0)

2005.03.02

鹿島、アリ選手と契約

契約締結というリリースだから、これからビザを取って来日するのかしら。もしそうだとしたら、合流まで、まだしばらくかかりそうですね。

バイーアのオフィシャルサイトに、詳しい記事が載ってます。顔写真を見ると、最近のアントラーズでは見たことない感じですね。

人ごとと思えない名前。しかも誕生日も近いし。スタジアムでブーイングされたりしたら、ついかばってしまいそう(笑)。

| | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »