« 小笠原選手、左腸腰筋損傷で全治3〜4週間 | トップページ | 熊谷選手引退 »

2005.11.27

またも引き分け。小笠原選手はケガを押してフル出場 / J1 第33節 清水vs鹿島

11/26(土) 15:04キックオフ 日本平スタジアム
【入場者数】15,888人【天候】曇 14.1℃ 58%
【主審】家本 政明【副審】手塚 洋/村上 孝治
2-2 得点者:野沢拓也 深井正樹、マルキーニョス*2

満男選手のケガの具合、かなり悪そうです。

後半15分頃、左サイドのライン際で相手と競り合いながらボールキープ、FKを取った場面で、強い痛みが出たのではないかと思います。FKは蹴ったものの、走り出すことができず、少ししてストレッチなのか痛みなのか、しゃがみ込みました。処置は受けなかったものの、その後は明らかに、それまでと動きが違い、走れなくなってしまい、後ろ目に位置取るようになりました。ロングボールもほとんど蹴らなくなったと思います。

試合終盤には、すごく走っていたけど、試合後引き上げるときは、表情も辛そうで、痛みで歩くのがいっぱいいいっぱいという様子でした。ゴール裏に挨拶に行っていたので、FC東京戦の時ほどではないのかもしれませんが。

アップは、ストレッチを帯同の増田選手と組んで、パス交換は新井場選手としていました。ロングパスは、左右交互に蹴って感触を確かめている感じ。精度は悪くなかったと思うけど、表情が硬く、調子がいい時のリラックスした感じが全くなくて、コンディションの悪さを感じさせられました。

隆行選手、名良橋選手がスタメンに復帰して、満男選手は本山選手と並んで2列目で試合開始。でも、前半35分頃、足を痛めてピッチを出たリカルジーニョが、一度戻ったものの、すぐに動けなくなり、野沢選手と交代。満男選手はボランチに下がりました。

ボランチに下がってからの方が、チームが落ち着いて見えたでしょうか。前半終了最後のプレーで野沢選手がゴールを決めて同点に。後半立ち上がりも、アントラーズがボールを持って攻め続けていたのですけど、後半15分に満男選手が動けなくなって、急激にエスパルスペースに。その3分後にマルキーニョスに2点目を入れられてしまいました。失点のあと、満男選手、大きく手を叩いて、チームメートに活を入れてましたね。

最後、岩政選手を上げて、青木選手がセンターバックに、本山選手が右SBだったのかな、満男選手も上がって攻め続けましたけど、ゴールを割れず、またも引き分け。ガンバが負け、セレッソが引き分けたので、優勝の可能性は残りましたが、レッズに得失点差で抜かれて4位に。

人事を尽くして天命を待つというか、ともかく、次は勝つのみですね。

満男選手、昨日の試合後には「痛みはないです」と言ったらしいですけど(SANSPO.COMSponichi Annex)、あの様子で痛くないはずはないと思います。2週間休んで、この状態ですから、今度の週末までによくなるかどうか。くれぐれも無理しないようにしてほしいと思います。本人は出るつもりでしょうけど、チームドクター・フィジカルスタッフが、慎重な判断をして欲しい(祈)。

試合の途中でおなかを押さえていたのも気になります。痛み止め、胃にきますから、胃の痛みがあるのではないといいと思います。

|

« 小笠原選手、左腸腰筋損傷で全治3〜4週間 | トップページ | 熊谷選手引退 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/7349771

この記事へのトラックバック一覧です: またも引き分け。小笠原選手はケガを押してフル出場 / J1 第33節 清水vs鹿島:

« 小笠原選手、左腸腰筋損傷で全治3〜4週間 | トップページ | 熊谷選手引退 »