« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.31

小笠原選手の自主トレ

今日のnikkansports.comに「MF小笠原必殺飛び道具!ナックル弾!」という記事がありました。「GKを幻惑するナックルFKでゴールチャンスを演出する」「ミニゲーム開始直前。他の選手が休憩を挟む中、小笠原がゴールまで約35メートルの地点から、蹴り始めた。右足から放たれたナックル回転のシュート。1本目はバーの上を越したが、2本目は不規則な変化を伴いネットに吸い込まれた」とあります。

ミニゲーム開始直前とのことだから、壁を置いて蹴ってたとは思えないし、FKの練習だったかどうか疑問点はありますけど、記者の広重竜太郎さん、満男選手が練習の途中で自主的にボールを蹴ってるのを、よく見てたなと思います。

わたしが、練習見学によく行っていた、4〜5年前にも、満男選手が他の選手たちが休んでる練習のちょっとした休憩中に、ボールを蹴り出すのを何度も見てます。ゴールに向かってロングボールを蹴ったり、スタッフや若手の選手が相手であったり。きちんと数えてるわけじゃないけど、いつも10本くらいだけ、その時々で決めた同じ球種のボールを。多分、それが満男選手の自主トレなんじゃないかと思ってました。

でも、このことは、わたしが知る限りでは、今まで記事やインタビューで触れられたことがないです。記者さんたちって、選手のコメントを取るのが主な商売だから、アントラーズのクラブハウスでの練習だと、途中で引き上げてくる選手を捕まえるためにロッカールームのドアの前に張りついていて、練習はあんまり見てない(ロッカールームの前からはグラウンドがあまり見えない)から、気づかないのかもしれないですけど。

1回の練習では10本だけでも、常に意識して蹴ってれば、すごく意味のあることなんですよね、きっと。もも裏に張りが出るようなコンディションの時には、長時間の居残りトレーニングはよくないでしょうし、自分にあった方法を工夫しながら、満男選手は意識高く練習に取り組んでるんじゃないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.30

小笠原選手はフル出場&イエロー1枚 / 国際親善試合 日本代表vsエクアドル代表

日本代表 1 - 0 エクアドル代表

急いで帰ってきたのですが、前半30分くらいからの観戦になりました。録画、見直してないんですけど、タイミング逃すと、また書けなそうなので、それ以降の感想ということで(汗)。

佐藤寿人選手の得点、満男選手が起点でしたね。いったんは囲まれてボールを奪われたけど、向こうのパスをうまく拾って、即座に左サイドの三都主選手にパス。三都主選手が入れた低いクロスに、ニアで寿人選手がうまくあわせてゴールネットが揺れました。この場面もそうだし、その少しあとの、右サイドのスペースに味方を走らせたパスもそうですけど、今日は、グラウンダーの強く速いパスが、目立ってよかった気がします。

得意のはずの守備でボールを奪うことは、あまり成功してなかったかな。南米選手の動きに慣れないせいかしら。自分の奪われたボールを取り返しに行って、イエローカードももらってましたね。それでも、試合の最後まで厳しくボールを取りに行ってました。このあいだのジェフ戦の前半終了間際にも感じたんですけど、今年の満男選手、苦しい時間帯での踏ん張りが目立つ気がします。

チーム全体、お疲れでしたね。パスミスも目立ったし。10日あまりで4試合ですから、やむなしというところかしら。エクアドルも、50時間かけて地球の裏側から来日したということもあってか、守備的でした。

最後に中沢選手が相手と頭をぶつけて倒れて、ヒヤッとしましたが、プレーに戻れてよかった。疲れのせいか、相手も、最後は荒っぽいプレーが増えていたし、ケガ人が出なかったのが一番の収穫という気がします。

中2日でアルディージャ戦になります。疲労が貯まっているでしょうけど、ナビスコ杯を大勝してくれたチームメートたちと共に、もう一踏ん張りして、勝利を勝ち取って欲しいですね。

P.S. 試合後のジーコ監督のインタビューで、「…フクニシ、オガサワラ…」と聞き取れたのだけど、鈴木さんの通訳には名前が出てきませんでしたね。何を言ってたのだろう。気になります。ちゃんとポルトガル語を聞き取って載せてくれる記事あるかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小笠原選手、今日のエクアドル戦はトップ下でスタメン出場か?

ココログが28日に、大幅なメンテナンスを行なったのですが、その後、アクセス制限がかかって、ブログの更新が出来たり出来なかったりしてます。もう少しすると、落ち着くと思いますが。せっかく、書き込む気が出てきたのに、もったいない(笑)。

明日のエクアドル戦、スポーツ新聞系サイトなどによると、満男選手はトップ下でスタメン出場しそうです。28日の大分高校との練習試合では、前半40分プレーしたあと、後半は辞退してプレーしなかったようですが、今日は、小野選手が早めに上がる中、精度の高いFKの練習を最後までやっていたそうなので、コンディションはさほど問題ないのではないかと思います。もちろん、連戦の疲れはあるでしょうけど。ケガなく、いい戦いを見せて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.29

ハードスケジュールの中、大勝 / ヤマザキナビスコカップ予選リーグ Bグループ 第1日 鹿島vs大分

昨日はすっかり行く気だったのですけど、朝起きたら、まだ咳が脱けず、理性を働かせて鹿嶋行きは中止しました。レポート期待して来られた方がいらしたら、ごめんなさい。スタメン見たら、トリニータに増田忠俊選手の名前が。行かなかったのを、少し後悔しました。

4-1の快勝ですね。ライブアントラーズを聞いてましたけど、1点目が、左サイド、ペナルティエリア少し外から、新井場選手の右足のFKを田代選手がヘディングでゴール。2点目が、右サイド、内田篤人選手のスローインから、本山選手とパス交換。クロスに増田誓志選手がヘッドで合わせてゴール。3点目は、相手GK西川選手のクリアミスを拾った興梠選手がペナルティエリア内で倒されPK。それを本田選手が決めたもの。最後の4点目は、野沢選手のCKから、ゴール前の混戦から増田誓志選手が蹴り込んだと、聞こえたけど、あってるかしら。どこかで、ダイジェストやってくれないかな。失点は、セットプレーからだったのかな。

キャプテンマークは、アントラーズが本田選手、トリニータが増田忠俊選手ですか? その2ショット見たかったな。

ライブアントラーズの高城さんのレポートによると、ジェフ戦でもそうだったけど、守備時にボランチが2枚になってるそうですね? 今度から、気をつけて見てみようと思います。

あと、最後にケガ人情報やってました。メモできた範囲では、

柳沢選手…動かせるところは動かしている。
曽ヶ端選手…もう少しとしか言えない状態。
フェルナンド選手…練習に合流しているが、もう少し。大宮戦にベンチ入りできるか?
青木選手…練習はしているが、大宮戦は無理そう。
名良橋選手…リハビリ中。
首藤選手…昨日退院。少しお休みをもらっている。

とのことでした。曽ヶ端選手の状況がハッキリしないのが気になりますね。こんなに長引くとは思ってなかった。

週2回ペースのハードスケジュールの中、よく戦ってくれました。次も中3日の連戦になりますけど、コンディション整えて、立ち向かって欲しいですね。アルディージャ戦は見に行けないんですけど、また、ライブアントラーズで応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツに小笠原選手特集

ブログを利用されている方からメールをいただいて、あわてて買いに出ました。今日の日刊スポーツ、裏一面が満男選手の特集です。内容はまだ読んでません(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.28

明日はナビスコ杯初戦

今年は、G大阪だけがAFCチャンピオンズリーグ出場のためシードされてるので、2位のうち3チームが決勝トーナメントに進むんですね。

柳沢選手のケガ、満男選手の代表招集のために、誰がスタメンに入るのか気になりますが、nikkansports.comによると田代、深井を先発起用が濃厚とのこと。ホントかな? 今年の日刊スポーツのアントラーズの記事、ちょっと信憑性が低いですから。2月にたまたま読んだ北海道版では、代表の遠征でヨーロッパに行くのが、柳沢選手と本山選手になってました(汗)。

相手のトリニータは、リーグ戦の最初が調子悪かったからシャムスカ・マジックの効力も切れたかと思ってたけど、その後調子を上げて、前節はグランパスに3-0。しかも、今年、ついに完全移籍してしまった、鹿島ネイティブの根本選手が1ゴール2アシスト。確か、その前の試合もプレースキックからアシストしてたはず。脅威ですね。

昨日まで風邪でダウン寸前、フクアリもふらつきながら行ったんですけど、明日、鹿嶋まで行きたくてしょうがなくなってます。友だちからチケットも譲ってもらったし、アウトゥオリ監督対シャムスカ監督は見逃せない気が。これで風邪が悪化したら、ただのバカですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.27

小笠原選手、素晴らしいミドルシュートを2発 / J1 第5節 千葉vs鹿島

2006/03/25 19:04キックオフ フクダ電子アリーナ
【入場者数】16,546人【天候】晴 9.9℃ 63%
【主審】高山 啓義【副審】柴田 正利/五十川 和也

千葉 0 - 1 鹿島
得点者 : 85' アレックス・ミネイロ

攻守の切替が早く、とてもいいゲームを見たと喜んで帰ってきたのですが。帰宅してネットを見たら、柳沢選手のケガが骨折の疑いとのこと(涙)。後半20分過ぎに、自らピッチを出たあとも、ずっとベンチにいたから、たいしたことないと思ってたのに、自力で歩けない状態だったんですね。安藤トレーナーにおぶわれたTVの映像、悲しかったです。

昨日のオフィシャルの発表では右足第5中足骨骨折で、全治1ヶ月半〜2ヶ月。第5中足骨骨折といえば、熊谷選手が2度やって、非常に苦労したことをどうしても思い出してしまいますけど、関ドクターは「外傷性骨折なので、疲労骨折より回復は早い」と言っているようなので、熊谷選手は疲労骨折だったのかしら。柳沢選手の早い回復を祈ります。

前節に続いて、中盤をダイヤモンド型にして望んだこの試合。数日前の練習で、青木選手が足を痛めたらしく、本田選手が中盤の底でスタメン出場。しっかりと守備に働き、なんとフル出場でした。危ない場面を見逃さず、すかさず止めに行くのはさすがです。

ゲームキャプテンはどうするのかなと思ってましたけど、満男選手のままでしたね。阿部選手とのコイントス。入場前のスタンド下で、仲よさそうに話してるように見えました。昨年のカシマスタジアムの試合では、阿部選手が満男選手にマンツーマンで、キツいマークをしてましたけど、この試合は、そうではなかったようです。

ダイヤモンド型は、本田選手が底で、満男選手と増田選手が左右。試合開始時には満男選手が右にいましたけど、ポジションチェンジしてましたね。前半の途中に入れ替わるとき、満男選手が増田選手に一声掛けていました。柳沢選手が脱けて深井選手が入ったときには、多分、本山選手がFW、満男選手がポジションを上げて、深井選手が左になったのかな。田代選手は、本山選手とFW同士の交代。羽田選手が入ったときには、本田選手が右で羽田選手が底になったと思いますけど、確信はありません(汗)。ずっと4バックではあったと思います。

前半の20分くらいまで、本当に攻守の切替が早くて、互いのチームとも、普段の倍くらい走ってる印象。フクアリが小さくて、選手が間近にいるのと、自分が風邪をひいて息苦しい状態だったから、余計にそう感じたかもしれません(汗)。選手たちも、この1週間で3試合目。普段よりは疲れがあったと思いますが、気迫が全面に出ていました。

前半25分くらいには、右サイドからの篤人選手の絶好のクロスに満男選手がヘディング。浮いてバーの上を越えてしまいました。これは、惜しかった。録画で見ると、GKがわずかにクロスに触ったのかもしれませんね。

ジェフがサイドから斜めに狙ってくるシュートやクロスを、なんとか凌ぎながら前半は終わった印象。30分には、ファールに本田選手が抗議しているあいだに、FKを蹴られて、ハースのシュートがネットを揺らしましたが、オフサイドの判定で助かりました。サンフレッチェ戦でもクイックスタートで1点取られてますし、ちょっと、集中力が途切れちゃう時があるのかな。

後半、開始早々、FKの流れから、新井場選手のクロスに岩政選手がヘディング。バーに弾かれてしまい、絶好のチャンスを逃しました。

満男選手は、7分と9分に、強烈なミドルシュート。1本目は、速い低い弾道のボールで、GKがパンチングでバーの上へそらし、かろうじて防ぎました。2本目は、やや右寄りから、GKの手前でパウンドするようなボール。GKが弾いて前にこぼれたので、誰か詰めてくれれば1点というところでしたが、味方の反応が間に合いませんでした。本山選手が「後半はミツ(小笠原)がロングシュートを打つようにしたので、千葉の選手が前に出てくるようになった」と言っているので、DFを引きずり出す意図もあったのでしょうね。それにしても、2本とも、迫力のある、素晴らしいシュートでした。

柳沢選手が足を痛めたのは、後半25分くらいだったでしょうか。その前には、ジェフのFWのハース選手も、腿を痛めて自らピッチを出ていました。昨年の国立で、見事なシュートを決められた選手。この日も、いい働きをしていたので、助けられた部分があると思います。

アレックス・ミネイロ選手、本山選手と決定的なチャンスをGKに阻まれながらも、やはり、全体にジェフのペースだった気がします。激しい攻防に、熱が上がりそうと思いながら見守っていた40分、左寄りにいた満男選手が、右斜め前のアレックス・ミネイロ選手に送ったパスから、ゴールが決まりました。スタンドからは、どうやってゴールが決まったのか、よく分からなかったのですが、録画で見るとアレックスの素晴らしい個人技ですね。DFの斉藤選手を抜いて、GKの股間を抜いて。

それまで、さんざんピンチを防いできたので、ここからも、きっと防いでくれると思いつつ、でもハラハラしながら最後まで見守りました。勝利、うれしかった。

満男選手のコンディション、今回はアップから少し落ち着いて見れたので、気にして見てみました。もも裏に、少し張りがあるのかもという感じ。前屈や腿をのばすストレッチを念入りにやってました。連戦の時は、たいてい気にしてるところなので、特に悪いということではないと思います。アップは柳沢選手と組んでやってましたけど、パスの精度は、あまりよくなかったかな。

試合中は、相手のMFがゴール前に飛び込むところに、よく着いて戻ってましたね。危険なところに顔を出すのは、本田選手か満男選手かという感じで。後半、最終ラインまで戻って、オーバーヘッドキックでクリアしたのは、すごかった。

ただ、最後の最後は、疲れてたのかな。滑って転んでましたね。フクアリのピッチは、滑りやすかったのか、前半から、特にアントラーズの選手が足を滑らす場面が目立ちましたけど。田代選手が入ったあとのCKも、大きくなりすぎてたので、足に来てたのかなと思います。そこまでのフリーキックがよかっただけに、余計に。

ジェフのフクアリ不敗神話を打ち破ったそうですね。初めて行きましたが、臨海名物だったカレー屋さんも開店しているようで、試合前も、試合中もカレーの匂いに食欲をそそられながらの観戦になりました(汗)。バックスタンド1階は、少し低い印象だったけど、サッカー専用で選手が大きく間近に見られてよかったです。味スタとか、柏の葉みたいな、安普請な感じは否めないけど(汗)。W杯向けに作られたところとは、やっぱり差が出るのかな。帰り、出口が少なくて、コンコースと階段が大混雑したのは怖かった。今度行くときには、試合終了後すぐに脱出することを心に誓いました。来年まで憶えてられるかしら(汗)。

帰って、NHK−BSの原博美さんの解説を聞きましたけど、ポイントを突いていて、よかったですね。本山選手に阿部がマンマーク気味で着いていること、ジェフが篤人選手を警戒して、普段は右サイドの坂本選手を左に置き、ハースも左に張らせていることを、早い段階で指摘されてました。それと、小澤選手を努力家とほめてくれてたのがうれしかった。原監督のFC東京では全然出場できなかったんじゃないかと思うけど、練習ぶりは印象に残ってたんですね。

チームは、中3日でナビスコ杯。満男選手は今日からもう代表に合流して、30日(木)にはエクアドル戦と、ハードスケジュールが続きますが、くれぐれも、これ以上のケガ人が出ませんように。そして、柳沢選手の足の回復が順調でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.24

甲府戦に続き(?)中盤をダイヤモンド型に / 23日紅白戦

ヴァンフォーレ戦、1点リードしたあとから、満男選手がポジションを下げていて、自主的に下がったのかと最初は見てたんですけど、後半も、低い位置のまま。本田選手が入ったと同時に、FWと同じ高さくらいにまで上がって行ったから、多分、指示があったんだよね。でも、見間違いかもしれないから、録画を確認してから書こうと思ってたんですけど、どうやら、見間違いではなかったのかな?

今日のスポーツ新聞各紙、アントラーズが昨日の紅白戦で中盤ダイヤモンド型を試したとある中、スポーツ報知が21日の甲府戦もダイヤモンドの形で臨んだが、練習の中で試したのはこの日が初と書いてます。多分、1点取ったあとからダイヤモンド型になってたんですよね?

セレーゾ監督の3ボランチは、3人の並びが固定されていて、満男選手が右ボランチに入ると、ずーっと右に張りついてました。ジーコ監督の3ボランチは、3人の並びが流動的。中央の選手がサイドに行ったり。アウトゥオリ監督の3ボランチ(ダイヤモンド型)は、その中間の印象。底の選手が決まっていて、左右はポジションチェンジOKみたいです。

そういえば、本田選手が交代で入るとき、てっきり底に入るのかと思ったら、青木選手が底のままで、右サイドに入ってましたね。羽田選手も中盤の底に入ってたし。やっぱり、監督が変わると、いろいろ変わりますね。ヴァンフォーレ戦では、ダイヤモンド型、うまくいってたと思うので、このフォーメーションも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.22

小笠原選手の表紙&巻頭インタビュー /「週刊サッカーマガジン 2006 4/4号」

今日発売になりました。表紙は、大きく口を開け、叫んでいる試合中の満男選手の顔。アントラーズのユニフォーム姿です。

4ページのインタビューは、アントラーズ担当の大中祐二さんの構成。代表のことが中心ですけど、「基本は鹿島だと思うんですよ…」と言ってます。

特に興味を引かれた部分は、

「相手の中盤と最終ラインの間で勝負したいというのが根本にある…ガシャンガシャンやられるんですけど、そこで何とかいいプレーを出したい。なかなかボールをもらえないけど、その狭い中で仕事ができたときは大きな喜びを味わえる。そこからは逃げたくないですね」「(ボランチでのプレーは)面白くないと言えば、面白くない。簡単にボールが持てちゃうんで。プレッシャーがきつくないし…」

と、言っていること。ゲーム中にリズムを作ったり、守備を安定させるためでしょうけど、時に、わざと後ろまで下がっている場面も見られますけど、本人としては、決して、そういうプレーを目指しているわけではないんですね。

スタメン起用されながらも、いい結果の出せなかったボスニア・ヘルツェゴビナせんについては、「正直、あまりうまくいきませんでした。混乱する部分があった。ずっと国内組で1ヶ月やってきて、ころころこうしよう、ああしようと言ってやってきたことが、ヨーロッパ組が入って、またその作業をやり直さなければならなかった」と言ってます。わたしも、テレビ観戦しながら、ああ、また今年初めのアメリカ戦と同じことになってるなと思いました。ベースになる国内組にヨーロッパ組が入るときの、意見のすり合わせが重要になるようですね。

とじ込みピンナップが柳沢選手。チームのページの「憶えてますか?」のコーナーに熊谷選手。憶えてますよ、もちろん! もう忘れてたら、失礼でしょう。その他の記事は、まだ読んでません(汗)。

サッカーダイジェストは、柳沢選手の表紙と特集記事。アントラーズのオフィシャルカメラマンの桜井さんのコメントが興味深かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

新北九州空港の深夜早朝便

トリニータとのナビスコ杯予選も、九石ドーム(ビッグアイ)での代表の試合も、平日夜じゃ、翌日仕事休まないと行けないじゃないと思ってたのですけど、新北九州空港使うと、休まずに出れるかもということに気づいて調べてみました。

大分駅から行橋駅まで出て、タクシーを使うのが早いのかしら。当日深夜の飛行機には間に合いそうにないけど、翌日の早朝に乗れば…。あ、わたしは無理だわ(笑)。東京で働いてる方で、間に合う方は多いと思うけど。やっぱり、平日夜の大分はあきらめます(笑)。

新北九州空港ホームページ

スターフライヤー/時刻表|北九州 → 東京(羽田)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

J.LEAGUE BE@RBRICK Collection / ゲータレード キャンペーン

060319_11390001

am/pmで見かけたので買ってみました。

昨年11月時点のJ1所属選手をもとに制作ですって。移籍しないの、読まれてたかしら(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手に退場者出るもドロー / J1 第3節 名古屋vs鹿島

名古屋 0 - 0 鹿島

2006/03/18 15:33キックオフ 豊田スタジアム
【入場者数】22,651人【天候】屋内 10.3℃ 73%
【主審】山西 博文【副審】金子 聡一郎/金田 大吉

満男選手はフル出場。

現地観戦してません。今年は、ホームの試合を中心に行く予定です。このブロク、観戦レポートを中心にしていたので、存続意義もなくなっちゃうかしら(汗)。テレビも生中継は名古屋ローカルだけのようなので、J SPOTRSの放送待ちです。見られたら書きたいけど、ヴァンフォーレ戦のあとになっちゃいそう(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.16

小笠原満男選手独占インタビュー / 「Number 649」

書き込みの間隔が空いてしまってすみません。今年は、代表戦も見に行かず、広島にも行かなかったので、F・マリノス戦が、わたしの開幕戦だったのですけど、レポート書く前に風邪でダウンしておりました(汗)。

今日、発売になった「Number」、もうお気づきの方も多いと思いますが、満男選手が表紙です。5ページのインタビューは、ダイジェストの満男選手のコラムを担当している寺野典子さんがインタビュアー。代表の話題が主ですけど、面白い話が多いです。代表でのプレーについて、「パスの受け手というか、攻撃には黒子も必要だから。“メインディッシュ”の人とやるときは、特にそういうイメージを大事にしてる…裏に抜ける動きだとか」と、独特の表現で語ってたり、イングランドのサッカーについて、「スゴイと思うし、面白いと思う人もいるだろうけれど、やりたいかって言われたら、俺はやりたくない」とハッキリ言い切ってたり。

海外移籍の話題に触れられて、「海外でプレーしたいという気持ちはあるよ。でも鹿島に居るうちはそれをあまり言いたくはない。ここにいる間はここで精一杯頑張りたいし、そういう話が来たら考えるというスタンスだから、俺はいつも」と、言ってるのも満男選手らしいですね。昨夏の移籍の話の時、急に海外志向になったと感じる人も多かったようだけど、ずっと、このスタンスを守り続けていたせいで、誤解されちゃった部分がありますよね。海外、海外と口にする選手が多い中、1人違うことで。

「全てが自分の中では、自然な流れなんだよね」と満男選手は、語ってます。海外でプレーしたいと思うようになったことも、イングランドでやりたくないということも、代表に対する思いも、わたしは自然の流れの中で理解できる気がしますけど、皆さんはどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »