« 小笠原選手はフル出場 / J1 第7節 G大阪vs鹿島 | トップページ | 本日もカシマスジアム直行臨時バスが出ます »

2006.04.11

G大阪戦TV観戦覚え書き

翌日の日曜日に大阪の友だちに電話したら、黄砂がすごくてと言ってました。試合中も、黄砂が舞ってたんですね。テレビじゃ、強風の実感も湧かないし、黄砂が舞ってるなんて思いも寄りませんでした。

キックオフはガンバボールで。ということは、コイントスに満男選手が勝ったんですね。それで、風下側を取ったんでしょう。ピッチを交換してました。交換ですれ違った本山選手と遠藤選手が話をしてるところに、満男選手も来て、遠藤選手と笑顔で話してましたね。

せっかく風下側が取れたのに、前半のうちに1点取れなかったのが痛かったのかな。前半にあったチャンスを決められなかったのが、最後に響きましたね。満男選手を起点としたチャンスもいくつか。20分過ぎ、ハーフライン手前にいた満男選手が右サイドを思い切って上がった青木選手にパスを通し、増田選手のワンタッチのパスにアレックス選手がヘディング。GK藤ケ谷選手にセーブされてしまった場面は本当に惜しかった。それから、家永選手に後ろから押されながらもボールをキープした満男選手が、上がってきた右サイドの内田篤人選手へパス。篤人選手のクロスがフリーのアレックス選手の頭にピッタリ合ったけど、シュートがゴール左にそれてしまった場面も。立て続けにコーナーキックを得ていた時間帯もありました。

満男選手が守備によく働いていると、TVではほめられていたけど、本山選手の守備も目立ってました。アントラーズは、多分、4−3−2−1? アレックス選手の1トップに下がり目に本山選手と満男選手に見えました。時には最後尾まで守備に戻ってる姿が画面に映ってましけど、FWに近い位置からですから、すごく大変だったのではないかしら。後半のしょっぱなから、守備に戻るときに苦しそうに下を向いて走り出す満男選手の姿が見えました。65分くらいには、試合が止まったスキに前屈してストレッチしてましたね。

激しい試合で、イエローカードも両チーム3枚ずつ。TVで見てる範囲での感想だけど、攻守の切り替えの早い、いい試合に思えました。主審の扇谷さん、展開が早くて大変だったんじゃないかな。

深井選手が交代で、アレックス選手の後ろに本山選手と並ぶように入って、満男選手が1つ下がったのかな。その後、本山選手に代わって入ってきた田代選手は、本山選手と同じ位置に見えました。

4-3-2-1は、一時期セレーゾ監督がしょっちゅう使ってたシステムだけど、アウトゥオリ監督の今回のは、違いますねぇ。何といったらいいのだろう。4−1−2−2−1?(汗)。セレーゾ監督の3ボランチだと、左右のボランチはサイドの守備で約束事が多かったし、ほとんど上がれなかったけど、そういうことはなさそうだし。1つ下がった満男選手は増田選手と同時に上がっていったり、ずいぶん攻撃的に思えます。

その攻撃的があだになることもあるのか、ロスタイムの失点。新監督になってから、出番が減っている野沢選手に活躍して勝って欲しかったんだけど(涙)。本当に残念でした。

|

« 小笠原選手はフル出場 / J1 第7節 G大阪vs鹿島 | トップページ | 本日もカシマスジアム直行臨時バスが出ます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/9531414

この記事へのトラックバック一覧です: G大阪戦TV観戦覚え書き:

« 小笠原選手はフル出場 / J1 第7節 G大阪vs鹿島 | トップページ | 本日もカシマスジアム直行臨時バスが出ます »