« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.29

小笠原選手1アシスト / J1 第10節 鹿島vs福岡

4月29日(土)
鹿島 4 - 1 福岡 (15:00/カシマ/13,450人)
得点者:'11 城後寿(福岡)、'26 アレックスミネイロ(鹿島)、'34 アレックスミネイロ(鹿島)、'48 田代有三(鹿島)、'80 野沢拓也(鹿島)

なのに、この田代選手のゴールシーンを見てません(汗)。ハーフタイムに財布を落としたのに気づき、あわててました(汗)。無事、財布も見つかり、中身も無事でした。届けてくださった方、スタッフの方々、どうもありがとうございました。後半の15分くらいから観られましたけど、満男選手のアシストの場面は見逃すし、23分には交代で下がっちゃうしで、レポートになりません(汗)。メモ程度に。

予報では雨が降るということだったのですけど、空模様は持ちましたね。暖かかったです。

満男選手は、アップは青木選手と。

熊谷さんが椎本さんと立って試合を観戦してました。普段は、次に当たるチームのスカウティングに行ってるようだけど、今度はトリニータで今季3戦目になるから、行かなかったのかも。スカウトの師弟で真剣な表情で見守ってました。

交代で下がった満男選手、キャプテンマーク巻いたままでしたね。通訳の高井さんが言いに行ったら、(多分)本田選手の方を指さして、そのまま外さず。キャプテンマークを渡さなくても誰がキャプテンか分からなくなることないよって感じだったのかしら? ベンチコートは羽織らず、タオルをかけて、左足をベンチの足みたいなちょっと高くなったところに載せて、隣の杉山選手と話しながら観戦してました。時おり笑顔も見えてました。

クラブチームの連戦と代表選もほぼフル出場で、コンディションが心配なところだけど、ベンチに下がった後も、どこか気にしていたり、ドクターやトレーナーさんがチェックに来たりということはいっさいなし。ケガや違和感があるところはなさそうです。わたしが見られた範囲では動きも悪くなかったと思うし、頑丈ですね満男選手って。今日の交代は、GW中の連戦に備えてだと思いますけど、得点差がついたことで、少しでもお休みできてよかったと思います。次のトリニータは負けたばかりで手が抜けないでしょうし、その次は順位が上のレッズですから。

1失点は、アントラーズの左サイドを抜かれて、DFのちょっと手前にいた選手に決められちゃいましたね。センターサークルにいた増田選手が足を滑らせたところからだったけど、前半、特にその辺りで足を滑らす選手が多かったと思います。ピッチが湿ってたのかしら。

そうそう、やはり前半に、本山選手が自陣の割と深いところで、紙吹雪で足を滑らせてピンチを招いてました。バックスタンドにも舞い込んできていた紙吹雪、大きさは10cm×15cm位。こんなに大きいんじゃ、踏んで滑っても無理ないと思いました。これから、ゴール裏で観戦される方もいらっしゃると思いますけど、特に、ホームのゴール裏側が自陣の時は、紙吹雪をまかないで欲しいなと思います。サッカーにはハプニングがつきものだけど、そんなことで失点したら、まいた人を憎んでしまうと思うから。

失点の少しあとのFK。比較的距離のあるところ、やや左寄りから。満男選手のボールは、誰にも触れずにゴールネットを揺らしたけど、どうやら、その前でファールがあったようでノーゴール。残念でした。

17分の新井場選手の交代は、自分で申し出てでしたね。腿を気にしながら、両手の人さし指をクルクル回して交代のサインを出してたけど、最初、ベンチは全く気づかず。2度目のサインでようやく気づいてもらえました。その時には、もう石川選手がアップをしてたので、その前から具合が悪かったのでしょう。前半5分くらいに、大岩選手が倒れたとき、すぐに羽田選手がアップを始めていて、いったんベンチに戻ったと思ったら、次に見たときには石川選手がアップをしてたので、10分くらいから何かあったのかしら。

新井場選手がサインを出してから石川選手の準備ができるまで、少し時間がかかってしまったのだけど、その間、全力では無理そうだったけど、走れてはいたので、肉離れまではいってない…と思います。

26分のアレックス・ミネイロ選手のゴールは、満男選手のFKから。幻のゴールと同じような場所から。GKがはじいたところに、アレックス・ミネイロ選手が詰めました。

そして、急きょ投入された石川選手がアシストしてしまうのが、今年のアントラーズのすごいところ。34分、一人交わして左ゴールライン近くでフリーになった石川選手があげたクロスが、ゴール正面にいたアレックス・ミネイロ選手にぴったりあいました。この得点の流れはキレイだった。ファーサイドには上がってきた内田選手が手を挙げていたので、DFも守りにくかったのかもしれません。

前半も、相手にチャンスを多く作られていて、あまりいい感じではなかったのだけど、後半、満男選手と本山選手の交代の前も、チームがしっくりいってない感じでした。満男選手が大岩選手に何か言いにいって、結構長い時間話をしていたり。(このときは、結局、満男選手が大岩選手に説得されてる感じでした。)

そこで、アウトゥオリ監督の交代。本田選手と野沢選手が入って、本田選手、効いてましたね。野沢選手は、得点の直前に、右寄りでボールを受けて、うまくDFを交わしてGKと1対1。狙って放ったシュートが、ゴール左にそれて、すごく惜しい場面を作ってました。がっかりしてただけに、ゴールはうれしかった。あと、足でボールを上からこすりつけるようにしてパスを出す場面を見た気がします。目の錯覚かな(汗)。

4-1の大勝で試合終了。内容はあまりよくなかったかもしれないけど、先制された時には負けるかと思うくらい雰囲気悪かったから、すごくうれしいです。試合後、満男選手は、深井選手に肩を抱くように話しかけられ、本山選手と3人で去っていきました。

中3日でトリニータ戦。水曜日のリベンジ果たして欲しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.28

スポニチに小笠原選手の特集が

友だちからのメールで知りました。本日のスポニチの裏一面が満男選手の特集だったようです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.04.26

小笠原選手はフル出場 / ナビスコ杯予選リーグ Bグループ第3日

4月26日(水)
大分 1 - 0 鹿島 (19:00/九石ド/9,876人)
得点者:'15 深谷友基(大分)

負けてしまったようですね。今日は、現地に行くことができず、TV中継もないので、パソコンとアントラーズの携帯サイトで文字情報を見ながら、気をもんでました。後藤選手が初スタメンで、羽田選手など若手の選手が多かっただけに、勝って欲しかったなぁ。残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.23

小笠原選手フル出場 / J1第9節 京都vs鹿島

4月22日(土)
京都 1 - 2 鹿島 (15:04/西京極/12,295人)
得点者:'10 青木剛(鹿島)、'84 田代有三(鹿島)、'89 松田正俊(京都)

前日に、やはり行きたい!と急遽決めて、行って参りました。久しぶりの西京極。曇って暖かでしたけど、試合終了頃には、冷え込んで、パラパラとごく弱い雨が降り出しました。

電車を乗り越して、またまたアップに遅刻(汗)。満男選手は、田代選手と組んでました。どこかを気にしてるという感じはしなかったんですけど、試合中に、すね辺りを触っていることが何回かありました。スネ当てを気にしてただけなのかな。コンディションのことで言うと、前半の終了間際に1度、しゃがみ込む形でストレッチしてたのと、後半開始時にもストレッチしてた気がします。アップ中のシュートは、バーに当てたり、狙い通りに行ってたようでしたけど、試合前半の、ゴール前、得意の位置からのFKは、2本とも落ちませんでしたね。2回目には、天を仰いでました。

試合は、引ききったサンガに対して、アントラーズが攻め込む形。1点目は、左から本山選手が流したボールを、上がってきた青木選手が強烈なボレー。見事に決まりましたね。青木選手の得点は、久しぶり?

サンガの右サイドバックに入ったリカルド選手、懐かしかったけど、アントラーズのスタメンで、一緒にやったことがあるのは、本田選手と満男選手と本山選手だけかしら。6年ちよっとで、チームって大きく変わるものですね。中払選手が交代してからは、キャプテンマークを巻いてがんばってました。

アントラーズは前半は4-4-2で、中盤がボックス型のようでした。後半は、システムをあまり気にしてなかったのだけど(汗)、アウトゥオリ監督のコメントだと、本山選手がトップ下に変わってたんですね。途中、サンガのペースになった時間帯に、満男選手が最終ラインに向かって、もっとラインを上げるようにというようなジェスチャー。それに対して、大岩選手が反論しているように見えました。その後、満男選手、ポジションを下げ気味だったと思います。最終ラインの前のスペースが空くのを気にしているように見えました。3ボランチになったのかなとも思ったんだけど、先ほどのアウトゥオリ監督のコメントによると、自分の判断だったんですね。

後半も、なかなか点が入らなくて、野沢選手、深井選手が入ったところから、流れが変わったと思います。ギリギリのところをサンガの選手がボールを掻き出した場面もあったり。ものすごくキレイだったのが、右サイドで、野沢選手から内田選手にパス、内田選手がヒールで深井選手に流したけど、合わなかった場面。目の前だったことも合って、感動的でした(笑)。

2点目は、満男選手が新井場選手に送ったパスから、左サイドからのクロスに田代選手が合わせて、ゴール。確か、この少し前から、1点だけではすまさないというように、満男選手は高い位置を取るようになってたと思います。そういえば、試合開始後しばらくは、ゴール前くらいまで上がる回数が多かったから、流れを読みながら位置取りを変えてるんでしょうね。

守備を固めて、カウンター狙いのサンガは、終盤にはひたすらロングボールを放り込んでくるようになってましたけど、ラストパスの精度が悪くて得点が入りそうな気配は、あまりなかったと思います。でも、大岩選手が2枚目のイエローをもらって退場になってしまって、少し流れが変わっちゃったかな。大岩選手の1枚目のイエローは、遅延行為だったんですね。ボールから離れたところにいたし、遅延行為というイメージは全然なかったです。

退場の直前に、交代を待っていた中後選手はかわいそうでしたね。3人目の交代選手が決まったことで、ベンチに引き上げてきてた選手の中から、急遽、羽田選手が投入されました。

満男選手と野沢選手でボールキープしたりしながら、試合終了。終わったと同時に、満男選手たちアントラーズの選手たちが主審に詰め寄って、主審も分かってるというようにアレモン選手にイエローを出してました。危険なタックルだったからかしら。

試合後、満男選手はサンガの選手と話をしてたのだけど、リカルド選手ではなかったみたい。

ああ、なんだか、散漫なレポートになってしまいましたが、明日も早いのでこの辺にします。次のナビスコ杯トリニータ戦は大岩選手が出場停止。羽田選手がスタメンでしょうけど、きっちり勝って欲しいですね。得点にも、アシストにも活躍中の根本選手は、羽田選手と同期だったかしら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.04.15

小笠原選手、3点目の起点に / J1 第8節 鹿島vs清水

4月15日(土)
鹿島 3 - 1 清水 (15:02/カシマ/12,361人)
得点者:'19 マルキーニョス(清水)、'41 田代有三(鹿島)、'68 新井場徹(鹿島)、'89 深井正樹(鹿島)

水曜日のレポートを書かないままに、この試合になってしまいました(汗)。今日も、疲れているので簡単に。

心配していた満男選手のコンディションですが、今日は、前半からあまり走れてなかったです。パスミスも、普段より多かったし、やはり疲れがあるのでしょう。でも、最後に動けなくなってしまった前の試合とは違って、今日は最後まで走れてましたから、もしかすると、前半は少しセーブしながらのプレーだったのかもしれません。試合終了のホイッスルを聞いて、数歩だけ歩いたものの、そのあとは、膝に手を当ててうつむいたきり動けなくなってました。表情も苦しそうで、相当きつかったんでしょうね。

アップの時間に遅れてしまって、また、きちんと見れてないのですけど、特別にどこかを気にしている様子は、アップ中も、試合中も気づきませんでした。

鹿嶋は、寒くて強風が吹き荒れてました。スタジアムに入ると、それほど風は感じなかったのですけど、ピッチ上はどうだったのでしょう。全体にミスパスが序盤に多かった気がしたのですけど、風の影響もあるのかな。

失点は、どうして入っちゃったのかという感じで、ミドルシュートをマルキーニョス選手に入れられてしまいました。エスパルスは、4-4-2で、DFとMFがフラットに4人並ぶ形。かなりコンパクトに陣形をしていました。アントラーズは、このあいだの試合とスタメンは同じ。多分、システムも同じだったのかな? 青木選手、増田選手のボランチに、2列目に満男選手と野沢選手。トップが本山選手とアレックス・ミネイロ選手。それか、中盤はダイヤモンドかも??

1点リードされたときは、すぐに点を取り返せるような雰囲気がなく、前半の37分という早い時間に、青木選手が田代選手と交代。交代前に何回かミスはあったけど、今日の青木選手がそう悪くは見えませんでした。前線に高い選手が欲しいという、監督の意図でしょうか。

その監督のさい配が的中して、41分、左サイドの新井場選手からのクロスに、田代選手が飛び込んでゴール。満男選手、田代選手をパシパシ叩いてましたね(笑)。前半のうちに、同点にできたのは大きかった。

後半、エスパルスに攻められて、いく度も防いでいる中で、増田選手が2枚目のイエローをもらって退場。満男選手やアントラーズの選手たち、主審の柏原さんに、抗議してましたけど、もちろん判定は覆らず。

増田選手は、前半早いうちに、イエローをもらってました。審判が流していて、かなり後になってプレーが切れてからカードを出したので、カードが出されたときには、瞬時にどのプレーか分からなかったんですけど、その1分くらい前に、スライディングで相手の足を挟むようになって倒してしまったときに、主審が確認するように増田選手を見てたので、そのプレーに対してなんだと思います。2枚目のカードも、同じような形で相手を倒してしまいましたね(涙)。青木選手がいなくなって、1ボランチでがんばってたし、致し方ないと思います。退場の直前にも、ゴールラインギリギリのところでボールをクリアして、すごく利いてましたし、増田選手、次は出れないけど、その次から、また活躍して欲しい。

この退場で、野沢選手に代わって、フェルナンド選手が入りました。ケガが悪化して1試合休んでいたので、不安に感じたんですけど、今日のフェルナンド選手はよかった。お休みしたので、疲れが溜まってなかったのもよかったのかもしれないけど、パスカットからチャンスを何回も作ってました。交代させられた、野沢選手が選手入場口の階段のところで、試合を見つめているのが、ちょっと悲しかったですけど。

不思議なことに、これで、すっかり人数の少いアントラーズのペースに。5分もしないうちに、本山選手のアシストで新井場選手のゴール。これは、左サイドに開いた田代選手が、中央少し下がり目でボールを要求していた満男選手にパスを出さずに、キープしながら前を向いて、ファーサイドにチャレンジのクロスを入れた判断がよかった。

ここで選手たちが集まってメインスタンドの方に向かってパフォーマンス。反対側で何が起こってるか分からなかったけど、曽ヶ端選手の長女誕生を祝う、揺りかごダンスだったんですね。

この後は、チームの疲労を考えてか、無理には攻めなかった感じです。終盤には、満男選手と本山選手で右サイドライン際で、ボールキープをしてました。満男選手がキープしようとして、2人の選手に倒されて、ボールの上に倒れ込む形になったとき、ボールを固定したと判断されてファールを取られたのは、満男選手、不満そうでしたね。ボールの上に座って、のけ反って不満の声を上げてました。増田選手の退場の少し後にも、相手のファールをとってもらえなくて、怒ってる場面がありました。

ロスタイムに、攻め上がったエスパルスの選手のヘッドに当たって高く上がったボールが、満男選手の目の前に落ちてきて、そこから前線の深井選手にロングパス。深井選手が一度はDFに倒されながらも、すぐに起き上がってGKとの1対1を冷静に決めて3点目。左右は違うけど、前の試合のリプレイを見てるかのようでした。

試合が終わって、思わずニコニコしてしまう、いい内容のゲームでした。勝ち点3を積み上げて、首位と4ポイント差の暫定3位。心配していた満男選手も、疲労困ぱいの様子ではあったけど、90分無事にプレーできたし。1ゴール1アシストの新井場選手がトステム賞&ヒーローインタビュー。楽しい試合を観られてよかった。

次はアウェイの京都戦ですね。また、着実に勝ち点3を積み上げて欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.13

小笠原選手PKで1得点 / ナビスコ杯予選リーグ Bグループ第2日 鹿島vs川崎F

4月12日(水) 2006 ヤマザキナビスコカップ
鹿島 3 - 1 川崎F (19:00/カシマ/4,455人)
得点者:'39 アレックスミネイロ(鹿島)、'63 小笠原満男(鹿島)、'85 我那覇和樹(川崎F)、'89 深井正樹(鹿島)

満男選手、後半の途中から、全然足が動かなくなってました(涙)。攻め上がったらそのまま戻れないし、守備に戻ったら上がれないし。結局、最後にはアレックス選手と並んで2トップになってましたね。あれだけ走れないと、トップにいるのが一番安全でしょう。得点差をつけての勝ちで、喜ぶべきところでしょうけど、あの姿を見ては、とてもそんな気分にはなれませんでした…。激しかったガンバ戦から中3日だから、疲れがあるとは思ったけど、これほどとは。このところ、スタジアムに行ってなかったから、疲労度がよく分かってなかったのかも(涙)。次の試合は中2日なんですよね…。

ヒーローインタビューでコンディションは大丈夫かと聞かれて、「選手はやっぱり、試合やれるのが喜びであると思うし、勝ってるんで、すごく今、充実してるんで…」と答えてましたけど、足はサポーターへの挨拶にピッチ半周回るだけでも、いっぱいいっぱいの状態でしょうに。こういうインタビューで、辛いとか、キツイとか、足が痛いとか、そういうことは言わないでしょうからね…。

試合内容も書こうと思ったんですけど、眠けが襲ってきたので、まだあとで書かせてください。PKは落ち着いてましたね。コースは真ん中だったのかな?

試合後に、黙々とバックスタンドに向かおうとした満男選手に、大船渡高校の先輩の今野選手が近寄って来てくれて話をしてました。お互い人懐っこい笑顔でした。短い会話だったけど、少し和みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.12

本日もカシマスジアム直行臨時バスが出ます

3月のナビスコ杯トリニータ戦に行かなかったので知らなかったんですけど、カシマサッカースタジアム行きの直行バスって、普段、午後早い時間は走ってないんですね(汗)。さっき気づいて、今日は平日だし、臨時バスが出なかったら困ると、関鉄バスに電話で問い合わせてみました。そしたら、ありがたいことに走らせてくれるそうです。

東京駅を、3時25分、4時25分、5時25分に臨時バスが出ると言ってました。5時25分だと、着くのが7時過ぎになりそうですよね…。聞き違いかしら(汗)。

臨時バスにも予定時刻があるとは知りませんでした。土日の試合の時も決まってるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

G大阪戦TV観戦覚え書き

翌日の日曜日に大阪の友だちに電話したら、黄砂がすごくてと言ってました。試合中も、黄砂が舞ってたんですね。テレビじゃ、強風の実感も湧かないし、黄砂が舞ってるなんて思いも寄りませんでした。

キックオフはガンバボールで。ということは、コイントスに満男選手が勝ったんですね。それで、風下側を取ったんでしょう。ピッチを交換してました。交換ですれ違った本山選手と遠藤選手が話をしてるところに、満男選手も来て、遠藤選手と笑顔で話してましたね。

せっかく風下側が取れたのに、前半のうちに1点取れなかったのが痛かったのかな。前半にあったチャンスを決められなかったのが、最後に響きましたね。満男選手を起点としたチャンスもいくつか。20分過ぎ、ハーフライン手前にいた満男選手が右サイドを思い切って上がった青木選手にパスを通し、増田選手のワンタッチのパスにアレックス選手がヘディング。GK藤ケ谷選手にセーブされてしまった場面は本当に惜しかった。それから、家永選手に後ろから押されながらもボールをキープした満男選手が、上がってきた右サイドの内田篤人選手へパス。篤人選手のクロスがフリーのアレックス選手の頭にピッタリ合ったけど、シュートがゴール左にそれてしまった場面も。立て続けにコーナーキックを得ていた時間帯もありました。

満男選手が守備によく働いていると、TVではほめられていたけど、本山選手の守備も目立ってました。アントラーズは、多分、4−3−2−1? アレックス選手の1トップに下がり目に本山選手と満男選手に見えました。時には最後尾まで守備に戻ってる姿が画面に映ってましけど、FWに近い位置からですから、すごく大変だったのではないかしら。後半のしょっぱなから、守備に戻るときに苦しそうに下を向いて走り出す満男選手の姿が見えました。65分くらいには、試合が止まったスキに前屈してストレッチしてましたね。

激しい試合で、イエローカードも両チーム3枚ずつ。TVで見てる範囲での感想だけど、攻守の切り替えの早い、いい試合に思えました。主審の扇谷さん、展開が早くて大変だったんじゃないかな。

深井選手が交代で、アレックス選手の後ろに本山選手と並ぶように入って、満男選手が1つ下がったのかな。その後、本山選手に代わって入ってきた田代選手は、本山選手と同じ位置に見えました。

4-3-2-1は、一時期セレーゾ監督がしょっちゅう使ってたシステムだけど、アウトゥオリ監督の今回のは、違いますねぇ。何といったらいいのだろう。4−1−2−2−1?(汗)。セレーゾ監督の3ボランチだと、左右のボランチはサイドの守備で約束事が多かったし、ほとんど上がれなかったけど、そういうことはなさそうだし。1つ下がった満男選手は増田選手と同時に上がっていったり、ずいぶん攻撃的に思えます。

その攻撃的があだになることもあるのか、ロスタイムの失点。新監督になってから、出番が減っている野沢選手に活躍して勝って欲しかったんだけど(涙)。本当に残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.08

小笠原選手はフル出場 / J1 第7節 G大阪vs鹿島

G大阪 1 - 0 鹿島

試合終了直前のロスタイムのPKで負け。試合見終わって、力が脱けて書く気が起こりません(涙)。ああ…。

前半は、ものすごくいい試合と思って、TVの前で見てました。ゴール前の場面が多くて。後半は、ゲームが硬直したところから、鹿島が攻め込む場面もあったのに得点が取れず。相手のカウンターから、フェルナンジーニョ選手が増田選手の足にかかったように転んでPK。遠藤選手に決められましたけど、あれ、本当に倒れるくらい当たってたのかしら。増田選手が、試合後主審のところに行ってるように見えました。

満男選手は、前半、ロングシュートを打ったときにお尻を痛そうにしているのが映ってたけど、大丈夫でしょうか。

それにしても、悔しいです。もう少し、冷静になったら、また書くかもしれないけど、今、これ以上書けません(涙)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

アルディージャ戦補足

今日は、大阪まで行くのは断念して、また自宅でTV観戦です。水曜日は鹿嶋まで行く予定なのですが、体力温存したほうがいいと周囲の人に言われて、なんとか理性が利きました(笑)。

F・マリノス戦、録画を見ました。といっても、録画の時にミスして、すごく悪い画質でですけど(涙)。確かに、青木選手と増田選手のダブルボランチのようですね。で、登録では深井選手がFWになってたけど、実際は満男選手と深井選手が2列目、アレックス選手と本山選手がFW。で、増田選手と深井選手が、フェルナンド選手と田代選手に代わったときに、中盤をダイヤモンド型にして底に青木選手、右に満男選手、左にフェルナンド選手、トップ下に本山選手になってるのかな?

それにしても1点目も2点目も、満男選手のフリーキックはすごかった。1点目は、すごい距離。右寄りだったし、フェルナンド選手がいたら、フェルナンド選手のける位置でしたね。2点目は、ゴール右隅だけど、そこしかないというコースでした。

試合後の満男選手の表情、少し痛そうでしたね。大きなことではなさそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「波乗日和」は閉鎖予定です

左のサイドバーの「おなじみのコーナー」の中の波乗日和は近日中に閉鎖の予定です。もし、ブックマーク代わりに利用している方がいらしたら、ご自分のブラウザに保存してくださいね。

その下の「リンク」は、長らくほったらかしてありましたが(汗)、整理してみました。またご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.05

小笠原選手、27歳の誕生日

Happy Birthday !!

27歳。サッカー選手として、いい年齢ですよね。大きなケガもなく、満男選手がこの日を迎えられ、プレーを見続けることができていることを幸せに感じます。これからの1年も、素晴らしいプレーをたくさん見られますように。そして、何よりも、大きなケガがありませんように。

今日は、もう一つ、うれしいニュースがありました。予定通り柳沢選手が退院したんですね。リハビリも大変でしょうけど、ケガが順調に回復しますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.02

小笠原選手、1ゴール1アシスト / J1 第6節 鹿島vs大宮

鹿島 2 - 1 大宮

またまた、ライブアントラーズ観戦になってしまいました(涙)。帰って録画を見直すつもりですが、また、書くタイミングを逃しそうなので(汗)。

今回は、ダブル・ボランチだったそうですね。ケガの青木選手が復帰して、増田選手と組んで。2列目は、本山選手が満男選手と並んで、トップがアレックス・ミネイロ選手と深井選手であってますか? キャプテンは、満男選手だったのかな?

アントラーズの得点は、2点ともフリーキックから。1点目は、本山選手が純マーカス選手に倒されて得たFK。ゴールから40mくらいのところから満男選手が蹴り、岩政選手がヘッドで。2点目は、ゴール正面、やや距離のあるところからのFK。満男選手の蹴ったボールは、GKの手をかすめて決まったのですね。現地の友人から、両手を挙げて、人さし指を立てて喜んでいたと、教えてもらいました。早く、見たい!(笑)

昨日、レポーターの高城さんが代表で疲れてないですかと満男選手に訪ねたところ、「疲れはないです」と一言言って去っていったとか。本田選手は「疲れていても、チームの大黒柱なんだからやってもらわなきゃ困る」と言っていたそうです。

小林大悟選手に1点取られて、終盤は押されていたのですね? ケガ明けのフェルナンド選手が交代で入って、FKを蹴ったようだけど、その後の右のCKは満男選手が蹴ったようですね。

アルディージャの久永選手と藤本選手は、ケガでの交代みたいですけど、雨も降る中、アントラーズの選手たちは大丈夫でしょうか。新井場選手はウィルス性腸炎で、昨日は練習を休んで病院で点滴を受けたそう。青木選手も、アイシングと超音波の治療は続けているとか。来週は、ガンバ戦で厳しい戦いが予想されますから、みんな元気になってくれるといいですね。

ともかく、昨年末の天皇杯で悔しい負け方をしたアルディージャに勝ってくれてよかったです。去年も、最初からものすごくチーム状態がよかったわけではなく、4節のサンフレッチェ戦に勝ったころから波に乗りましたから、今年も、このまま勝ち続けてチームが波に乗ってくれればいいと思います。

現地で見られた方、様子を教えてくださるとうれしいです。ココログの調子、今はいいようです。今夜も、このまま機嫌がいいといいのだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.04.01

お見逃しなく

ここに来られる方に最も人気のある某サイトで、恒例の祭り開催中のようです。多分、ほぼ24時間限定ですので、お見逃しなく。今年の主役は見逃せませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁側日和 長期休業のお知らせ

突然で申し訳ないのですが、縁側日和 - bbs をお休みさせていただくことにしました。今後、書き込みはできなくなります。当分、観閲はできる状態にしておきますので、過去ログ含めご利用ください。(休業の理由も、そちらに書かせていただきました。)

それに代わりまして、このブログのコメント機能を復活させました。どうぞ、ご利用ください。ただし、みなさんが書いてくださったコメントがここに反映されるのは、わたしが登録の作業を行なってからになります。忙しいときなど、ディレイがかなり出てしまうとは思いますが、ご了承ください。わたしも、これまでよりも、ちょくちょくパソコンをのぞくようにはするつもりですので。

あと、記事本文に直接関係ない情報も、満男選手のファンにとって有用なものでしたら、かまわずコメント欄に書いてしまってください。ご存じのように、わたしも、定期的に記事を書ける状況にないので、関連情報だけに限ると、みなさんが書けない時期が出てしまうと思いますので(汗)。なるべく、こまめに書き込むようには努力するつもりではありますが(大汗)。

なお、ココログは、28日に大幅なバージョンアップが行なわれたあと、極端に重くなっています。特に夜は書き込みが難しいかもしれません。徐々に改善されると思いますので、気長にご利用くださいませ。わたしも、気長に利用したいと思います(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »