« 後半、数的優位になり逆転勝ち / ナビスコ杯予選第4日 鹿島vs京都 | トップページ | 小笠原選手、W杯最終登録メンバーに選出 »

2006.05.14

ジーコが選んだ3つのゴール、2つは小笠原選手 / NHK総合

昨夜のNHK「つながるテレビ@ヒューマン」で、ジーコ監督にジーコジャパンで気に入っているゴールを3つ選んでもらうという企画をやっていました。

選ばれた3つのゴールのうち、なんと、2つが小笠原選手のもの。正直、驚きました。

1つ目は、W杯アジア最終予選バーレーン戦のゴール。ジーコさんは、小笠原はパスを出すことも出来たが、DFをドリブルで抜いてシュートすることを選んだ。そういうプレーが好きだと言ってました。

2つ目は、アジア杯準決勝バーレーン戦の玉田選手のゴール。3人のDFがいたが、行けると信じて勝負した。サッカーに必要なのは、直感、創造性、自主性。何回もチャレンジして4回目、5回目に決めればいい。選手はミスを恐れてはいけないとのこと。

3つ目は、フィンランド戦の60mシュート。「サッカーは意表をつくものでないといけません。普通のことをやっていてもダメなのです。選手には自分で編み出せ、考え出せといっています。素晴らしい選手は常に何かを編み出す選手なのです」と言ってました。

1つ目のバーレーン戦のゴールは、少ないタッチ数でパスが周りゴールに結びついていて、満男選手もみんなで取った理想的なゴールと言っているようですし、TVなんかでも何人もの選手が連動して取ったことが素晴らしいと解説されることが多いと思いますけど、ジーコ監督の見方は違うんですね。満男選手が俊輔選手がボールを要求していても、自分でシュートしたことの方を評価しているようで、面白いと思います。

アジアサッカー連盟公式ウェブサイトでも、代表監督をするにあたって、「失敗を恐れない、失敗は罪ではないことを認識させなければならないことが最大の難事だった。全てのことをピッチ上でトライすべきだということを彼らに理解させようと私はトライしてきた。このことがワールドカップで対戦するブラジル人選手と日本人選手の最大の違いだ。日本では仕事をこなし、さらによりよい仕事をすることが期待されている。しかし、サッカーはそうではない。サッカー選手はブラジル人がそうであるように周囲の意表をつくための勇気を持つことが必要だ」と言っていて、意識の違いを感じます。

何回失敗しても、超ロングシュートに挑戦する(勇気のある)満男選手は、日本人としては変わった感覚の持ち主なのかな。W杯のチュニジア戦みたいな大舞台でもやったのには、わたしもびっくりしました(汗)。

そういえば、ネット上で、選手の批判をするときに、単純にミスが多いからダメって書く人っていますよねぇ。攻撃時のミスか、守備時のミスかも区別なく。選手だけじゃなくて、ミスを悪とする、サッカーとかけ離れた感覚が根深そうですね、日本には。

|

« 後半、数的優位になり逆転勝ち / ナビスコ杯予選第4日 鹿島vs京都 | トップページ | 小笠原選手、W杯最終登録メンバーに選出 »

コメント

ちゃんと見ていたわけではないのですけどあれはびっくりしました。3本の内2本ですもんね。

投稿: ぺしっ | 2006.05.14 22:12

私も見ましたが、嬉しかったです。
更に15日の代表メンバー発表の日の「スポんちゅ」で、発表直後のジーコに北澤さんがインタビューをしてましたが、北澤さんが「これまでの4年間、そして今回のW杯を通して、日本に残したいものは?」と質問したら、ジーコは「以前の試合で小笠原が決めたとんでもないシュート。あれこそが自分が残したい象徴的なプレーだった。(ナレーション:58mの超ロングシュート。自由な発想で世界に通用するプレー。これこそジーコが日本サッカー界に伝えたかったものだ。)」と答えてました。
そして「あのゴールは日本選手の能力の高さを見せ付けた。世界の強豪国でも恐れることなく勝ちに行く。どんな国とでも互角以上に戦える自信。それを日本サッカー界に残してきた。」と語ってました。

フィンランド戦の銅像シュートが4年間の象徴的プレーに選ばれて本当に嬉しいです。

投稿: オガコ | 2006.05.17 02:02

見逃してました。紹介有難うございます。
3本中2本とは、すごいですね。

日本では、右へならえ教育というか、団体生活を重視した教育ですよね。はみ出したことを嫌う、そんなことが影響してるのかも。
私も失敗は怖いです。非難されそうだし、周囲の評価も下がるような気がします。(結構弱いので)ま、皆が皆そうではないですが。

失敗を恐れずにチャレンジする事は大切ですよね。行動を起こさなければ何も生まれませんし。
同じくゴールもシュートを打たねば入りませんよね。

満男選手には、もちろん自信もあると思いますが、物怖じしない大らかさというか、図太さがありますね。小さい頃自由にプレーさせてもらってたからですかね?持って生まれた資質ですかね?
いつも何かしてくれるのでは、という期待が持てます。きっと満男選手の頭の中はイメージがいっぱいなのでしょうね。考えながらも遊び心を忘れていない気がします。

ジーコの哲学も興味深いですね。

投稿: りんご | 2006.05.17 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/10056122

この記事へのトラックバック一覧です: ジーコが選んだ3つのゴール、2つは小笠原選手 / NHK総合:

« 後半、数的優位になり逆転勝ち / ナビスコ杯予選第4日 鹿島vs京都 | トップページ | 小笠原選手、W杯最終登録メンバーに選出 »