« メッシーナの日本語サイトが再始動 | トップページ | アスコリ戦のスタメンはこれから決定 »

2006.09.13

小笠原選手のメッシーナ移籍の記事 / 月刊CALCiO2002

CALCiO2002の10月号に、セルジョ・マガッズという方が、満男選手のメッシーナ入りについての3ページの記事を書かれてます。内容は、メッシーナでのライバルが、セルビア国籍のイヴィカ・イリエフ選手とチリ人のニコラス・コルドバ選手という、セリエAの経験豊富な攻撃的MFになるであろうこと。ジョルダーノ監督が、満男選手をシンプルなボールさばきができ、左足でも正確にボールが蹴れ、テクニックだけでなく優れた戦術眼を持った選手と評価し、リフィニトーレとしてチームに貢献して欲しいと言っていることなどです。

今、発売中の週刊サッカーダイジェストには、監督が、欧州での経験のない満男選手には、ほとんど期待していないというような、かなり否定的な記事が載っていたので(ごめんなさい、立ち読みなので、あやふやです)、ほとんど出場機会がないと覚悟しなければならないかと思ってましたが、CALCiO2002の記事は、もう少し期待を持たせるもので、よかった(汗)。

マガッズさん、満男選手の移籍を機会に、アントラーズとメッシーナのあいだに、正式な“姉妹チーム協定”が結ばれて、今後、選手の移籍やマーケティングの分野で協力し合っていくことが確認されているとも書いてるのだけど、ホントかしら。

そうそう、先週発売のダイジェストには、満男選手がブランキーニさんと契約を結んでいたというようなこと(これも立ち読みです(汗))が書かれてたけど、このCALCiO2002の記事には、ペトリッカさんが交渉にあたったと書かれています。なんだか、よく分からない話ですね。

|

« メッシーナの日本語サイトが再始動 | トップページ | アスコリ戦のスタメンはこれから決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/11881943

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原選手のメッシーナ移籍の記事 / 月刊CALCiO2002:

« メッシーナの日本語サイトが再始動 | トップページ | アスコリ戦のスタメンはこれから決定 »