« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.16

復帰試合 / ナビスコ杯準々決勝第2戦 鹿島vs広島

スポーツ報知によると323日ぶりだそう。ひさびさにわたしもカシマスタジアムに行ってきました。

第1戦のアウェイで得点できずに負けていたので、勝つことだけでなく、失点しないことが重要でしたね。といっても、ナビスコ杯のアウェイゴール方式がよく分かってなくて、3-1では延長になるのではと考えたりしてたんですけど(汗)。しかも、台風の影響で、ピッチ内を激しく舞う風と雨。失点の起きやすい条件で難しい試合でした。

サブかもと記事に書かれたりしていた満男選手ですが、中後選手と並んでスタメンのボランチ。イタリアでボランチもやらされてましたから(アントラーズでもずいぶんやっていましたし)意外ではなかったです。

ひさびさにアントラーズの試合を観たのと、背番号40番に慣れなくて、満男選手と他の選手をたびたび見間違えてしまって、とても、レポートと呼べるものは書けません(汗)。

試合後、満男選手が自分のプレーについて「良いとはいえない」と言ってたようですが、見ていても本調子には見えませんでした。クサビの鋭いパスを入れたり、いいプレーもたくさんあったのですけど。守備のバランスを気にしてかのびのび動けてない感じもありましたし、気になったのは、1人でプレスをかけにいって、つながれてしまうことが何回かあったこと。これは、連携の問題なのかな。ただ、その分といった感じで、積極的に相手ボールを奪いに行ったり、相手スローインやCKで集中切らさず抜け目なく動いていたり、戦う姿勢を見せるプレーは多かったと思います。

終了間際の選手交代、キャプテンマークを巻いたままピッチを出ようとする本山選手を、左コーナーを蹴る位置にいた満男選手が呼んで受け取ってました。時間稼ぎの1つだったのかな。キャプテンマークは柳沢選手、本山選手、満男選手と渡りましたね。そうそう、CKは右を野沢選手、左を満男選手が蹴ってました。

試合終了後、咽が渇いてたのか、バックスタンド方向に真っ先に来て給水してた満男選手、スタンドに手を挙げながらゴール裏方向に歩いていこうとしたのを、曽ヶ端選手に止められて、みんなと一緒に挨拶してました。あそこで、みんなそろって挨拶するんですね。忘れてた(汗)。あ、そういえば、サブの選手も出てきて挨拶するようになったのは、いつからなのかな。

スタンドに手を何回も挙げながら、去り際にかけられた小笠原コールに手を挙げながら、メインスタンドにも何度も手を挙げながら去っていきました。あ、カメラマンの櫻井さんとも、うれしそうにタッチしてましたね。以前も、自分が納得できる形で勝てた試合のあとは、コールに手を挙げて応えてましたけど(もう、みんな忘れてしまってるようだけど、昔はヒーローインタビューのあとでゴール裏方向に挨拶に行くのも珍しくはなかった気が)、以前より自然な感じに見えました。

復帰試合は、お願いだから勝ってくれとばかり願ってました。コンディションがどうかは分からないけど、フル出場できてよかった。いい結果も出て、ともかくよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.07

体調不良

たまたま読んだ、今日付けの日刊スポーツに「小笠原が体調不良」という記事がありました。ネットを見てみたけど出てないですね(汗)。

手元にないので、正確ではないですが、昨日(6日)の練習を途中で切り上げたようです。前日5日も腹痛・嘔吐などの症状があり、練習を回避。昨日も参加したものの体調不良で練習を中止したということです。

今日練習を見に行っていた友人の話だと、今日は元気に練習。さらに全体練習のあとに、柳沢選手とともに、監督の特訓も受けていたようなので、大丈夫そうですが。

記事によると、国際移籍証明書はちゃんと届いたとのこと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.05

復帰決定ですね

長いこと書き込みしてませんでした。ちょこちょこのぞいてくださってた方、いらしたらすみません。生観戦が楽しみなわたしには、イタリアは遠すぎました(汗)。1年前と生活がかなり変わってしまって、ブログもスタジアムも、昔通りという訳にはいきませんが、ボツボツ、やっていきたいと思います。

アントラーズに復帰が正式発表されましたね。といっても、もう一昨日の話ですけど(汗)。茨城新聞の記事の満男選手の言葉を読んで、実感が出てきました。茨城新聞だから、信憑性も高いと思うし(笑)。

『「いくつか交渉する中で有力なのが1つ出てきて、もう少し待てばという状況にはなった。でも、この状況で引っ張るわけにはいかない」と小笠原。セリエA中堅チームからの打診はきていたが、それを断ち切って復帰を決断した』『「まずは監督が(自分を)使いたいと思うかどうか。ナビスコ杯も1つのタイトルを取る大きなチャンス。どうなってもいいように、できるだけコンディションを上げてきたつもり。不安よりも楽しみな方が多い」』

まずは、ポジションを勝ち取って欲しいですね。それと、メッシーナでは後半ケガも多かったようなので、体のケアも十分に気をつけて。ピッチ上の姿を見られる日を楽しみにしてます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »