« 小笠原選手2アシスト / J1 第30節 鹿島vs大分 | トップページ | 小笠原選手1アシスト / J1 第31節 横浜vs鹿島 »

2007.11.08

小笠原選手1得点 / 天皇杯4回 鹿島vs水戸

11月4日(日)13:04 kickoff
鹿島 2 - 0 水戸 (カシマスタジアム/7,005人)
得点者:21' 田代 有三(鹿島)、65' 小笠原満男(鹿島)

地元でしか放送がなかったようで、NHKのダイジェストしか見られてないので、かなりあいまいな記憶ですが、こういう試合を書いておかないともったいないので(笑)。

後半20分の満男選手のゴールは、タイミングを見た上がりから。この試合、ずっと下がり目でボールをさばいてたので、ゴール前まで行ったの、このときくらいだけじゃないかと思います。シュートもこれ1本だけですし。満男選手が起点になって、中央、ハーフラインを少し超えたあたりから、左サイドに入れたボールを新井場選手が受けて上げたクロス。満男選手は、30メートルほどをスルスルと上がり、ドンピシャなタイミングでファーサイドに飛び込んで決めました。ゴールが決まって、田代選手と喜びあってたけど、中央でつぶれてくれたのが田代選手だったのかな。試合展開のせいか、すごく地味な喜びようだった気がします。

日差しをあびると暑いくらいの気候で、ピッチもほとんどが日なたで、選手も暑かったでしょう。アップは、満男選手は内田選手と組んでました。エコパスタジアムのアップの時ほどじゃなかったけど、ロングボールがやや精度が悪かったかな。このところの恒例でキャプテンとして入場。珍しくコイントスにも勝ったようです。

主審がヴァンフォーレ戦で錯乱したかと思うような(汗)ジャッジをした扇谷さんだったので、心配だったのですが、今回は平静を保ってくれてましたね(笑)。後半10分くらいに、満男選手が相手選手にファールを受けた(引っ張られた?)ようで、そのことで主審に話しかけてましたが、満男選手の表情も落ち着いてましたし、扇谷さんも、とても落ち着いて会話してくれてたようです。

でも、後半21分にはイエローもらっちゃいました(涙)。ちょうど目を離してたので、そのプレーのところは見てないんですけど(汗)、公式記録によると反スポーツ的行為だそうです。一緒に見てた友だちによると、深めのスライディングに見えたそうですが、ラフプレイではないんですね。天皇杯は、確かイエロー2枚で次が出場停止ですよね。先のこととはいえ、少し心配。(リーグ戦も、あと1枚もらうと、累積4枚になっちゃいますね。)

2点差がついたあとのことだと思いますが、満男選手が本山選手にピッチ上で真剣に話しかけてました。満男選手が、両こぶしを使って、体の前で、右サイドの前後、並び、左サイドの前後を示すように順に手を動かし、本山選手がそれに対して3本指を示して応えると、満男選手、話しながら同じ動作をもう一度繰り返してました。その時の表情がキャプテンっぽいというか、ピッチを離れれば仲いい友だちなのでしょうけど、試合の舵を取ってるのは満男選手なんだなと感じさせるものでした。満男選手が本山選手に話しかけてるのは、昔も見ることがあったけど、その時はなんだか必死な感じだったんですよね。今回感じたのは貫録かな(笑)。いい表情でした。

もう一つ、満男選手で記憶に残ったのは、試合後のこと。ゴール裏に1列にならんでする挨拶が終わったあと、ゴール脇でボトルを拾って水を飲んでたところに、後片づけにホペイロくんが通りがかったら、ふざけて水をかけ始めて、その後、ずっと楽しそうに話しながら歩いてました。途中で満男選手が、ホペイロくんの肩に手を回したりもして、ホペイロくんの笑顔もさわやか。このところ、練習見学に行ってないから、満男選手がスタッフさんと仲よくしてるところを見る機会もなかったので、これは、いい光景を見させてもらっちゃった。メインスタンド前で話し込んでる最中に、ゴール裏から満男選手のコールがおきたら、ちゃんと聞こえていたらしく、振り返って大きく手を挙げて応えてもいました。

試合内容としては、ひいたホーリーホック相手に、地力で勝ったという印象。天皇杯の1戦目は苦戦というイメージが強かったけど、コンディション悪い時が多かったせいなのかな。今回はちゃんと1週間空いてたし、ホーリーホックとは力の差が歴然としてましたね。茨城新聞ニュースによると「変に回して取られるのが怖かった」と満男選手も言い、「トーナメントですし、勝てばいい。満男さんもそういう意図で、引いてさばいてくれていた」と岩政選手も話していたそうですが、満男選手は全体にそういうプレー。前半は裏に抜ける動きをする選手にパスを供給することが多かったし、田代選手、内田選手、本山選手なんかが、それでチャンスを作ってたと思います。

気になったのは、野沢選手がなぜかプレースキックを蹴ろうとしないことがあったこと。この試合も、キッカーがきっちり決まったわけではないようで、左CKは最初が満男選手、次が野沢選手だったのですが、前半20分くらいの右CKで、満男選手も野沢選手もコーナーに行かず、結局満男選手が蹴りましたが、その時、野沢選手がつま先を気にしてたような。その後、また満男選手が蹴ったり野沢選手が蹴ったりしてたのですけど、後半にも右CKで野沢選手が最初行っておらず、満男選手が来ないのを見て、遅れて蹴りに行った場面がありました。普段は右CKは野沢選手が蹴ることが多いし、蹴りたがらないということもない気がするから、どこか痛めてたのかしら。何でもないといいんですけど。

前日の練習でグランドにいなかったらしい(友だちが練習見学に行ってたのですが)増田選手はベンチにも入っておらず、そちらも気になります。

天皇杯、次の試合はヴァンフォーレ。もし、ヴァンフォーレが入れ替え戦に回ると、12月15日の夜7時からカシマスタジアムですか。昔々の12月の夜のひたちなかの凍える夜を思い出すと、いまでも体が震え出しそう。ヴァンフォーレが入れ替え戦に回らないことを切に願います。

P.S.
と、思って確認のために今、鹿島アントラーズ オフィシャルサイトを見たら、前と違うことが書いてありました(汗)。15日は13時からになってますね。で、アントラーズがトヨタクラブワールドカップに出場する場合って? 今年のクラブW杯に出場できる可能性があるんですか??

|

« 小笠原選手2アシスト / J1 第30節 鹿島vs大分 | トップページ | 小笠原選手1アシスト / J1 第31節 横浜vs鹿島 »

コメント

私もスタジアム観戦して来ました。選手入場の後、花束をもらった満男君がスタッフに花束を預けに行ってる間に、対戦相手選手達が並んで鹿島の選手達に握手しに行くのを見て、慌ててバツが悪そうに笑いながら列に戻って行ってましたね(笑)。天皇杯ならではの集合写真の前の儀式をすっかり忘れてたようで、何事にも動じない満男君が慌てる姿を初めて見たような気がします(笑)。リーグ戦ではコイントスを忘れて給水してた時もゆっくり向かってましたから(汗)。

試合の方は引いて守る相手に横パスが多くて、試合後の選手コメントを読むと納得しましたが、見ててじれったかったです(汗)。トーナメント戦は勝つ事が一番ですから、結果オーライですけど。
満男君のイエローは自陣で相手選手からボールをカットしようとスライディングしたところを取られてしまいました。相手のシュートチャンスになるところだったので、上手くカット出来たように見えたのですが、ボールじゃなく足に行ったようですね。

投稿: オガコ | 2007.11.09 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/16990476

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原選手1得点 / 天皇杯4回 鹿島vs水戸:

« 小笠原選手2アシスト / J1 第30節 鹿島vs大分 | トップページ | 小笠原選手1アシスト / J1 第31節 横浜vs鹿島 »