« 奇遇 in ソウル | トップページ | 満男手記 / スポーツ報知 2007/12/2付 »

2007.12.02

優勝。小笠原選手はPKで1得点 / J1第34節 鹿島vs清水

試合終了間近、メインスタンド下に選手、スタッフが鈴なりになって試合を見守っている姿を見つけて、引き分けてるの? と思ってはいたけれど、試合が終了してレッズが負けている姿がオーロラビジョンに映し出された時は、信じられない思いでした。

3-0。申し分のないスコア。3点目が決まるまでは、決して、得点機会が多かったとはいえないけど、少ない機会をきっちり決めて、しかも無失点。終盤、選手たちが絶対にゴールを許すまいと守備に体を張る気迫がものすごかった。得失点差は関係ないから失点してもいい条件だったけど、気を緩めるということが、全くなかった。強いチームになりました。

レッズと勝ち点1差になってから、にわかに売れ出したチケットで満員。普段はスタジアムに来てない人がたくさん足を運んでいるんだろうと思うと、負けて失望感を味わわせるチームにはなって欲しくない。勝たせてあげたいとにわかに思い始めて、まるでいつもとは違う緊張感で試合を見つめていました。

そんな自分の心境のせいか、柳沢選手と組んだ満男選手のアップも普段より短く感じるし、アップの途中でシュートを打たないのも、いつもと違うからと不安になって。満男選手が、珍しくコイントスに勝ったのも、なんだか悪い予兆に感じてしまうし、大丈夫、勝つからと、自分にいい聞かせながらの観戦。その気分が、一番、高まったのがPKの場面です。

マルキーニョス選手が倒されて得たPK、当たり前のように、満男選手が普段通りにボールをセットして、ポジションに着く姿に、ここに限って外したら…と。もう8年くらいはPKを外してないのに。ペナルティアークの少し後ろから走り込もうとする本山選手の姿に、周囲の動きが早すぎてPK取り消しになるんじゃないか…とか。

左隅のいいコースに満男選手の強いボールが決まって、プレー再開。前からプレスをかけようと、大きなジェスチャーをした満男選手の姿を見て、少し気持ちが落ち着きました。このチームは、今まで通り攻めていくのだなと思って。

後半早い時間に、満男選手の左CKからの流れで、本山選手が見事なミドルシュートを決めたあとも、満男選手は同じジェスチャー。でも、3点目のマルキーニョス選手の、これも見事な個人技で決めたゴールのあとは、そのジェスチャーは出なかったですね。落ち着いて見えるけど、ちょっと普段と違うのかなと感じたのは、2点目のあと、普段なら、ほぼ間違いなく一番遅く戻ってくる満男選手が、最後でなく戻って来るのを見た時。でも、自分自身が冷静さを欠いて、あとは、何を見ていたんだか、よく分からないくらいです。

優勝決定後、満男選手はみんなと抱き合ってましたね。新井場選手とも固い抱擁を交わしてました。出場停止で試合に出られなくて、すごく責任を感じてたでしょうね。トステム賞は満男選手で、NHK泉さんのヒーローインタビューも受けました。

監督のあいさつのあとで、選手スタッフでの場内一周。ホペイロさんが渡してくれた優勝記念Tシャツを、いつの間にか頭巾のように頭に被っている満男選手。赤頭巾ですよ。絶対変(笑)。

そして、次々とサイドスタンドに引き上げられる選手たち。満男選手も監督も登ってたんですね。社長の胴上げがあって、監督の胴上げがあって、降りようとした満男選手にどうやらIN.FIGHTから声がかかったようで、オレはいいよ、ガラじゃないと言うように、小さく手を振った満男選手の照れ笑いが、かわいかった(笑)。で、何もしないでは降りさせてもらえない雰囲気に両手を大きく挙げたら、どっと盛り上がっちゃったんですね。続いて降りようとしていた本山選手と手をつないで、もう一度手を挙げて。そこまで煽ったら許してもらえません。結局、胴上げされちゃいました(笑)。

ようやく降りさせてもらえたのですけど、階段が用意されてるのに、満男選手、一気に飛び降りちゃって。運動神経に自信があるのは分かるんですけど、体が資本ですから、ハラハラしました。

シャンパンファイトは、遠巻きに見てたので、よくは見てません。いつの間にか、一人一人があいさつする感じになって、順番が回ってきたら、満男選手、マイクをセットして、何も言わずに下がったのは、受けを狙ってワザと? 周囲からブーイングを受けて、もう一度、マイクの前に立って、ものすごく甲高い声で一言だけ叫んだんだけど、聞き取れませんでした(汗)。そして、何かをサポーターに向かって投げ入れようとして、結局投げ入れなかったのは、シューズかしら?

優勝はやっぱりいいですね。勝利を続けてくれればそれでいい、結末がハッピーエンドでもそうでなくてもと思っていたけど、やっぱりいいです(涙)。

|

« 奇遇 in ソウル | トップページ | 満男手記 / スポーツ報知 2007/12/2付 »

コメント

やりましたね!

久々の鹿島での観戦でした。

序盤はやや固さが感じられて、心配したんですけど先制できて落ち着きましたね。
PKの場面は、祈る想いでした。きっちり決めてくれましたね。
難しい試合になると思ってたので、後半2点も加点できるとは。
攻め込まれる時間の方が多かったけど、集中を切らさずに皆でよくしのいでくれましたね。

そして優勝!
まさかまさかの結末でした。
確かに他力の部分はあったけど、それも鹿島がこつこつと勝ちを積み重ねていったからこそ。
努力は報われるんだなーと改めて感じました。
途中出場の選手がゴールして辛勝て試合もありましたし、選手みんなで勝ち取った優勝でしたね。

満男選手、イタリアから帰って来たとき、移籍が無意味なものでなかった事をわかってもらうためにも、これからが大事だ、みたいに語ってましたよね。
ほんとにやるんだ!て気持ちを体現してましたよね。
今までにない満男選手の姿勢やプレーに驚きつつ(笑)成長を感じたのは私だけではないですよね。

出来てるチームに入っていく難しさあっただろうし、苦しい思いもしただろうし、期待という重圧も相当だったと思います。
最後の最後、こんな最高な形で終われるとは・・・。
色んな思いが交錯して、涙しました。

ほんと嬉しそうでしたね!清々しい顔してましたね。

試合後も遅くまでテレビ出演して、疲れたでしょうね。私もチャンネルあっちこっち替えて見てましたが、ほぼ全スポーツニュース出てたのでは?

すぐに天皇杯も始まりますし、喜びに浸ってる間もないのが気の毒ですが、本当におめでとうございます。そしてお疲れ様です。

投稿: りんご | 2007.12.03 01:37

やっと、やっと10冠達成出来ましたね!満男君、鹿選手達、スタッフ、サポ達、皆々おめでとう!!!
メインスタンド観戦でしたが、試合も終盤頃、前の席の方がざわめいていたので『えっ、何?もしかして?』と気になってたら、終了のホイッスルの後、ベンチから皆喜びを爆発させて飛び出して来たので、『優勝したんだ!』と喜んだんですけど、オーロラビジョンに映った試合はまだ終わってませんでしたね(笑)。でも時間的にも追いつくのが精一杯の時間でしたから優勝を確信しながら見てました。
横浜FCさん、ナイスアシストありがとうございました!!

毎朝、新聞の番組欄で見たい番組を赤で囲んでおくのですが、この日は鹿島の試合のところを囲んで、更に期待を込めて「3-0で優勝!」と書き込んで出掛けたら、何とその通りになったので我乍らびっくりしました(笑)。

9連勝の先に優勝が待ってたなんて本当に夢のような話で、サッカーは最後まで何が起こるか分かりませんね。優勝の準備はしないと言ってたのにしっかり優勝Tシャツの根回しが出来てて苦笑してしまいましたが(笑)。

メッシーナから戻ってからの満男君は色んな面で成長したなと感じていたのですが、2日間の出演番組を見て、本当に大人の対応が出来るようになったなあと感じました。以前はコメントを振られるとハラハラしましたけど(汗)。素の満男君も見れましたね(笑)。

やっとイバも優勝を味わう事が出来ましたね。最終節に出れなかったのは悔しかったでしょうけど。メダル授与の時も遅ればせながら並んだのにメダルの数が足りなくて(半分は日産スタへ?)掛けてもらえませんでした(涙)。その時の表情が何とも寂しそうで、ダニーロやファボンがしっかり掛けてるのを見て『空気読めよ』と思ったのは私だけでしょうか(汗)。
クマさんや本田さんも喜んでましたね。一緒にひと回りしたのかな?

最終電車が5時11分だったので、後ろ髪引かれながらスタジアムを後にしました。もうちょっと余韻に浸りたかったです(涙)。

次は天皇杯ですね。気を引き締めて元旦目指して勝利を積み重ねて行って欲しいです。

投稿: オガコ | 2007.12.04 00:55

こんにちは
いつも記事を拝見しています。
鹿島とサポーターのみんな優勝おめでとう!
満男選手もファンもようやくすっきりしたんじゃないかなと思いました。 イタリアから帰国でかなり惨めな思いを下だろうけど、やはり満男はすごかったという事を国内の選手、ファン、メディアも目の当たりにした事でしょう。 まだ天皇杯があります、今年は本当に幸せなシーズンですね。
なんかまとまらなくてすみません!鹿島、満男さいこー!

投稿: き | 2007.12.04 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/17254540

この記事へのトラックバック一覧です: 優勝。小笠原選手はPKで1得点 / J1第34節 鹿島vs清水:

« 奇遇 in ソウル | トップページ | 満男手記 / スポーツ報知 2007/12/2付 »