« チャンピオンズリーグハイライトに名良橋さん出演 | トップページ | ゴールの2つ前のプレー / J1第2節 東京Vvs鹿島 »

2008.03.21

小笠原選手1アシスト / ACLグループステージ第2戦 鹿島vsナムディン

3月19日(水) AFCチャンピオンズリーグ
鹿島 6 - 0 ナムディン (19:00/カシマ/7,087人)
得点者:26' 本山 雅志(鹿島)、49' 本山 雅志(鹿島)、58' マルキーニョス(鹿島)、68' マルキーニョス(鹿島)、74' 田代 有三(鹿島)、93' ダニーロ(鹿島)


スタジアムは冷え込んでましたね。手袋してる選手もちらほら。満男選手はしてませんでしたけど、内田選手とか。野沢選手は後半からはめたのかしら? 雨の予報だったけど、試合終わるまでもってくれてよかったです。

前半は、苦労しました。力量の差のはっきりあるチームとの対戦って、かえって難しいんでしょうか。勝てて当たり前とか、1点取っただけじゃ喜べない状況っていうのは。実際、本山選手の先制点が決まったとき、満男選手、全く寄っていきませんでした。Jリーグの試合なら、先制すれば、時間稼ぎもかねて駆け寄るのがいつもなのに。喜びの少ないゴールを積み重ねなければいけない、しかも、技量のない相手だけに、思わぬところでケガさせられるかもしれない、なんとも気の重いゲームに思えました。

「疲れとかそういう問題じゃない」と満男選手は言ってるけど、12日間でバンコクへの移動も含めて4試合。疲れはあったと思います。先制点のあとも、チームでミスが続いちゃったのは、早く試合を決めてしまいたいという気持ちもあったのかも。

「あまりにフリーすぎて3つくらいパスコースがあってどうするか探しているうちに寄せられたり、慌ててどっちつかずになったりしていた。もっとシンプルにどんどんボールを回していければもう少し早くラクになっていた」という満男選手の言葉が、格下相手と戦うときの難しさを表してるのかもしれませんね。アジアで戦う以上、こういうゲームに慣れなければならないということなのでしょうけど。満男選手も、珍しくミスが目立ちました。開始1分くらいで、ロングシュートを放って波に乗っていけるかなと思ったけど、そうはいきませんでした。大声で味方を鼓舞したあとに、自分がミスしちゃったりも(汗)。

本山選手も「前半から満男も外から崩そうと言っていた」と言ってますが、前半、満男選手は、何度も何度も、両腕を前に広げてサイドの前方を指さしてました。でも、なかなかうまくいきませんでしたね。前半の終わり頃には、満男選手自身が右にはってました。こういうプレーをしていきたいと、皆に示したかったのかな。そこを起点にチャンスを作ってました。

後半には、本山選手などがサイドで起点になって、ずいぶん、よくなりましたね。本山選手の2ゴール目は、満男選手のパスからです。

そして、省エネサッカーを指示されてたという、アウェイのクルンタイバンク戦の時とは違って、昨日は満男選手、ずいぶん上がってました。3点目のマルキーニョス選手のゴールの時も、ファーサイドに満男選手が上がっていってましたし、FWと同じ高さでパスを待つ姿も久々に見ることができて楽しかったです。特に、後半20分くらいのCKの守備の時に、本山選手と言葉を交わして(?)、その後、本山選手が低めの位置にいて満男選手が上がることが増えたような気がします。

4点目は、満男選手が右サイドで相手選手からボールを奪ったところから。そのボールを内田選手が拾ってセンタリング。マルキーニョス選手が決めました。奪うといえば、この試合、ボールを奪う才能をオリヴェイラ監督にもセレーゾ監督にも認められてる満男選手には珍しく、苦労してましたね。体の大きな相手には得意なのに、自分より小柄だとやりにくいのかしら。それと、審判団が体の接触ですぐ笛を吹くので、それにも苦労させられてました。繰り返しのファールでイエロー出されないかと心配したくらい。

ロスタイムのダニーロ選手のダメ押しゴールもあって、6-0で勝ったけど、選手たち、喜んでる様子はあまりなかったですね。勝つのが当たり前と思われてる試合って大変。

最後に面白かったのが、審判と挨拶して、バックスタンドに向かった瞬間、思いもかけず、ものすごい笑顔だったこと。それも、今までに見たことない唇の両端をぐっと上げた笑顔。多分、レバノンの審判団に向けてヨーロッパ式の握手をしてたのではないかと。ええ、さわやかな、いい笑顔でした。すぐに真顔に戻っちゃったけど(汗)。

バックスタンドに向かったときに、隣のダニーロ選手の頭をポンポン叩いて、ゴールを祝福してたのも面白かったな。

次のF・マリノス戦まで10日。代表以外の選手たちは、まず、しっかり疲れを取って欲しいですね。その後、5月21日まで14試合。1週に2試合ないときが2回しかないうえに、海外遠征が2回という、信じられないようなハードスケジュールになりますから。

|

« チャンピオンズリーグハイライトに名良橋さん出演 | トップページ | ゴールの2つ前のプレー / J1第2節 東京Vvs鹿島 »

コメント

スタジアムを出たら雨が降り出しましたね。試合中降らなくて本当に良かったです。

満男君にしては「あれっ?」と思うようなパスミスがあって、やっぱり疲れてるのかなと思いましたが、コメントから試合の難しさが伝わって来ました。

最初のハード日程はJリーグも含め4勝と言う幸先良いスタートが切れましたね。今度のFマリ戦が大事ですね。勝ってその後の連戦に弾みをつけたいところです。

試合後の満男君のもの凄い笑顔を見たかったです!

投稿: オガコ | 2008.03.24 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/40579891

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原選手1アシスト / ACLグループステージ第2戦 鹿島vsナムディン:

« チャンピオンズリーグハイライトに名良橋さん出演 | トップページ | ゴールの2つ前のプレー / J1第2節 東京Vvs鹿島 »