« サッカー観戦は修業だ / 2008ゼロックススーパーカップ 鹿島vs広島 | トップページ | 審判が主役に / 2008ゼロックススーパーカップ 鹿島vs広島(2) »

2008.03.04

ビジネス誌で小笠原選手インタビュー / Gakken Mook 「逆転力」

Gakken Mook 「逆転力」

080304_23160001

A4サイズ、赤い表紙の大きな雑誌。ビジネス誌でのインタビューなんて、始めて見たと思います。去年のアントラーズの大逆転優勝の立て役者みたいな紹介のされ方をしてるから、満男選手が言ってた本や映画が、ちょびっと実現?(笑)

写真を入れて4ページのインタビューですが、大型本で文字数も多いし、今までの満男選手の発言が、ググッと凝縮されたような濃い内容になってます。

特に印象に残ったのは、『少なくとも「自分がこうしたい」という気持ちは”芯”になると思うんです。単なる頑固なのかも知れませんが、そういう芯は持っていたい。』という部分かな。満男選手の言動から、周囲に振り回されすぎないという部分は強く感じますけど(頑固さも含めて(笑))、やはり、大事にしてるもの、基本になるものがあるんですね。

それと、『僕も子どもには「はい」と言わせちゃいますけど(笑)、やっぱり「思ったことは言え」と伝えたい』なんて、ちょっとパパの悩みを感じさせる発言もいい感じ。

写真のキャプションもなかなか面白くて、満男選手の言葉そのものかは分からないけど『リーダーなんて誰でもいい。でも、チームの視野が狭くなっているときには、必ず、大きな声を出せる存在でなくてはならない』とあります。チームの視野が狭くなってるときって、あとから考えるとありますよね。渦中にあって、それにきちんと気づいて、声を出すってことは、すごく大変なことだと思うけど、心がけてるんですね。

インタビュアーの古田靖さんのブログにも、インタビューについてちょこっと感想が載ってました。
適宜更新: 「逆転力」は明日発売(予定)

|

« サッカー観戦は修業だ / 2008ゼロックススーパーカップ 鹿島vs広島 | トップページ | 審判が主役に / 2008ゼロックススーパーカップ 鹿島vs広島(2) »

コメント

久しぶりに書き込みします。

ありさん、いつも新鮮な情報有難うございます。

早速、本屋に行きました。

満男選手の思いがひしひしと伝わってくる内容でしたね。
例えとして、違うポジションでプレーする話が出てきて、自分の場合はその状況にもよるって話してましたが、ん~やっぱり前のポジションで攻めたいという思いもあるんだろうなーと感じました。
チームに対する責任感の表れも凄く感じられますね。

ビジネス本だけど、いつもの様にジャージ姿で、あくまでも自然体で、前のページの上原投手がスーツでばしっと決めてるのとは対照的で、何だか笑えました。そこが良いんですが(笑)。

投稿: りんご | 2008.03.09 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/40376061

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス誌で小笠原選手インタビュー / Gakken Mook 「逆転力」:

« サッカー観戦は修業だ / 2008ゼロックススーパーカップ 鹿島vs広島 | トップページ | 審判が主役に / 2008ゼロックススーパーカップ 鹿島vs広島(2) »