« ファジアーノ岡山で康剛選手活躍中 | トップページ | 川崎戦・大宮戦チケット »

2008.04.09

小笠原選手、ケガをおしてフル出場 / ACLグループステージ第3戦 鹿島vs北京国安

4月9日(水) AFCチャンピオンズリーグ
鹿島 1 - 0 北京 (19:00/カシマ/6,487人)
得点者:53' ダニーロ(鹿島)


帰り道です。なんとか勝ち点3取れてよかったです。内田選手、腰の右側を痛めて交代になりましたが、大丈夫でしょうか。ひねったのかしら。

満男選手は、アップで左足のロングボールを1本も蹴らず。かなり具合が悪いようです。いつも、ちゃんと見ているわけではないけど、普段は右ほど多くはないけど、左でも蹴ってるので。

アップの様子から覚悟はしてたんですが、試合中も調子悪かったですね。トラップも乱れるし、ミスパスも。相手を倒して、イエローまでもらっちゃうし。(今日の審判は接触プレーに厳しかったです)

自身もロングパスは蹴らず、グラウンダーの短いパスを使うようにしてたみたいです。ただ、そのせいかリズミカルな感じがなかったですね(涙)。最後の最後になって、強いミドルシュート。大きく上に外れましたが、1本は打ちたかったのかな…。その少しあと、右前の増田選手に出したロングパスは素晴らしかった。

周囲と合わす、左に出したパスがラインを割った時に、新井場選手に大きく腕を振り下ろして何か言ってました。興絽選手にも、同じような場面がありました。

調子が悪くてもフル出場。監督の信頼を感じますが、こんな状態でも、やらなきゃならないものなんでしょうか。確かに、野沢選手がいなかったせいか(ケガ?)、1人少なくなった相手に、ようやく勝てた渋い試合で、お休みもらえるような余裕はとてもなかったけど。

ケガのせいなのか、周囲への指示もいつもよりちょっと少なかった気がします。それでも、チームの中心で気を配っているのは相変わらず。相手に退場者がでたあと、マルキーニョス選手の主張を聞いたり、内田選手が倒れたときも、ドクターの様子を見て、交代の準備が必要と、大岩選手を経由して、ベンチに伝えてました。

試合後、やや足を引きずりながら、バックスタンドに挨拶に向かっていた満男選手、スタッフ(広報の方?)に呼ばれてメインスタンドに戻ったので、てっきりヒーローインタビューだと思ったのですが、インタビューはなし。そのまま現れず、どうしたのでしょう。ケガの治療に呼び戻されたんじゃないですよね?

内田選手、野沢選手、満男選手と万全でない状態で、中3日でレッズ戦はキツいですね。無事勝ってくれますように。


追記

満男選手、イエローもらってませんね。よかった。

北京国安戦レビュー : 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト

テレビまだ見直してませんけど、相手の選手に出たのかな。

|

« ファジアーノ岡山で康剛選手活躍中 | トップページ | 川崎戦・大宮戦チケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6543/40830404

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原選手、ケガをおしてフル出場 / ACLグループステージ第3戦 鹿島vs北京国安:

» 敵状視察 ホーム 鹿島戦 [與野レッズBlog]
鹿戦です。ここ2試合の逆転勝利が自力なのか僥倖なのかがはっきりする試合です。 リ [続きを読む]

受信: 2008.04.11 07:46

« ファジアーノ岡山で康剛選手活躍中 | トップページ | 川崎戦・大宮戦チケット »