« 2009年4月 | トップページ | 2010年2月 »

2009.06.30

小笠原選手1ゴール / J1第15節 大分vs鹿島

2009/06/28 16:05キックオフ 九州石油ドーム
【入場者数】20,391人【天候】晴 27.8℃ 67%
【主審】東城 穣【副審】八木 あかね/中込 均

得点者:54' 清武弘嗣(大分)、61' 小笠原満男(鹿島)、72' 岩政大樹(鹿島)

久々にアントラーズの試合を見てきました。簡単な感想を。録画を見直してないのと、このところ、アントラーズの情報にも、すっかり疎くなってるので、的外れなこと書いちゃうかもしれませんが、お許しを。(コメントかメールで指摘していただけるとありがたいです。)

満男選手のゴールを見られたのは、うれしかったです。といっても、中央でボールキープした興梠選手に目をとられていたので、満男選手が上がってきたところは見逃してます(汗)。でも、興梠選手から、右の野沢選手に、そして、遠いサイドに飛び込んできた満男選手にちょうど合わせた野沢選手の見事なパスと、満男選手の見事なボレー。素晴らしい連携でしたね。同点弾のあと、すぐにボールを拾いにゴールに走っていった選手が見えたと思うのだけど、誰かしら。

2点目は、満男選手の左CKからでしたね。この試合、最初は、右CKを満男選手、左を野沢選手が蹴ってましたよね? 満男選手のプレースキックは、GKに取られることが多くて、あまり調子よくないのかなと思ってたけど、この得点の時は、遠いサイドの選手を狙って、中央フリーの選手に折り返すという形で、あらかじめ練習してたかのような、いい形だと思いました。最後のこぼれ球を決めたたのは岩政選手だったんですね。

ただ、得点を決めたとはいえ、満男選手、コンディションはよくなさそうです。ダニーロ選手が交代で入る時に、両手を腿において腰を折っていて、その後も、プレー継続中に2度ほど同じ姿勢になってました。足も、引きずり気味に見えました。試合終了後には、すぐにセンターサークルには向かわず、ゴール脇のボトルを取りに行って水を飲み、頭にかけてました。試合後は、足を引きずってるようには見えなかったけど、単にばててただけの様子とは思えず、心配です。

そして、この試合、満男選手は守備時の相手選手への接触を減らしているように見えました。4日前のACLでイエロー2枚で退場になってるから、その反省? とも思いましたが、それだけじゃないのではとも思えます。イタリアから帰ってからすぐの頃は、ずいぶんイエローが多くて、それは笛の基準の違いだろうと思ったのですが、そのときは、徐々に減っていったと思います。ところが、今季は、ずっと(多分その頃以上に)イエローが多くて、どこかケガの影響で思ったように体を動かせないせいなのではと思ったりもするのです。かなりプレースタイルを変えていかないといけない状態なのかもと。まぁ、久々に1試合だけ見ただけなので、無責任な推測ですが。

九石ドームは、芝が悪かったですね。試合開始前にはキレイに見えたんですけど、根付いていないんでしょう、プレーするとボコボコと剥がれちゃって。選手たちもずいぶんやりづらそうでした。

そして、ともかくともかく、暑かったです。前半はずっと晴れていて(ピッチは日陰部分の方が多かったけど)、1階スタンドの最上段まで、ピッチから熱風が吹き上げてきてました。わたしは日陰にいたにも関わらず、前半は、ボーッとしちゃって、集中力欠いてました(汗)。

中2日でのグランパス戦は、選手たちのコンディションがもっと厳しくなりますね。アウェイ2連戦でメンタル的にもキツイと思いますが、無事戦えますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2010年2月 »