2008.05.05

間違いました(汗)

前のエントリーにコメントいただきましたが、今季初の半袖じゃなかったですね。大間違い。大宮、暑かったですものね。半分寝ていてい加減なこと書いてしまいました。ANDOHさん、ご指摘ありがとうございました。

もしかして、以前、コメントいただいたANDOHさんでしょうか? あの時の判定のこと、書こう書こうと思いつつ、ノビノビになってました。いいキッカケをいただきました。

昨年の天皇杯5回戦甲府戦のエントリーで、ダニーロ選手にイエローカードが出たいきさつが解らないと書いたんですけど、オガコさんにコメントをいただいて、多分、指輪か何か装飾品を身につけてて、そのために外に出させられたのかなと思いました。ANDOHさんもわたしも、審判が出ろと言っているところは見てないので、そうでない可能性もありますが(汗)。ただ、もしそうだとすると、アウトオブプレーになるまでピッチに入れないし、許可なく入ったことに対してイエローカードが出るので正しいんですよね(って、知ってたわけではもちろんなく競技規則読んでみました(汗))。

審判のやってることに対して、サッカーしたこともないわたしが間違ってると思うのがそもそもおかしいんですけど、あの時は、満男選手が早くダニーロ選手を入れろと、猛烈にアピールしてたので、てっきり主審の間違いだと思い込んでしまって…。満男選手もダニーロ選手がピッチ外に出た理由が解ってなかったのかもしれないですね。

この件だけじゃなくて、ラインを割ったボールがマイボールかどうかとか、ファールの判定をめぐってでもそうですけど、どうしても、味方の選手がアピールしてると、そちらの主張が正しいと思っちゃいます。それで、審判に文句言っちゃったり(汗)。反省しなきゃいけませんね。わたしみたいな素人から、いわれのないブーイングを浴びる審判の方たち、大変でしょうね。今、最もやりたくない職業の1つがサッカーの審判です(笑)。

最近、審判についての問題がいろいろ取りざたされてますけど、選手と審判と観客とが一緒にいいゲームを作ろうという気持ちがないと、お互いが被害者のような気がしてきて、なかなかうまくいかないのかなとこのダニーロ選手のイエローの件を思い出すと考えさせられます。互いに対するリスペクトは大切ですよね。サポーター同士もそうだと思いますけど。

このブログではコメントに対して1つ1つはお返事してません。このところ、新しくコメントくださる方もいらして心苦しく思ってはいるのですけど、ご挨拶返すのを決まりごとにすると、自分のペースでは出来ないし、今、ペース崩すと、多分、エントリーを書くこと自体も出来なくなると思うので。ただ、いつもありがたく読ませていただいてますし、参考にさせていただいてます。間違いなどありましたら、すかさず指摘、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.03

コンコースの光景

明日はもうフロンターレ戦になりますね。中2日で3戦目と、多分、コンディションが一番厳しくなる試合じゃないかな。ヴィッセル戦よりもさらにコンディションが悪いはずと、覚悟はして見に行かなければいけませんね。満男選手は左足の具合、大丈夫なんでしょうか。少し前に、トリニータのホームゲームの解説を増田忠俊さんがしていて、シーズン入ればどの選手もケガを抱えながらやっているものだと言ってました。骨折の治療後、痛みを抱えながらプレーを続けていたという増田さんの言葉だけに、説得力あるし、プロスポーツはそんなものと割り切らなきゃならないのかとも思うけど、やはり、本調子じゃないプレーを見てるのは、悲しいです。

ヴィッセル戦でメンバー表を見て気づいたんですけど、満男選手と本山選手って、今、ちょうど通算の出場試合数が同じなんですね。227試合。本山選手が出場停止になったジェフ戦で、満男選手が追いついて。このまま仲良くずっと出続けて欲しいような、でも、やっぱり無理はして欲しくないような。

話は変わりますが、東京駅発の臨時バスは、直行で(セントラルホテル経由でなく)走ってましたね。平日で人も少なくて並ばずにすんだし、道も空いてたのか1時間半かからずに着いて、スムーズでとてもうれしかったです。今度のクルンタイバンク戦でも、直行バスがたくさん出てるといいんですけど、GWじゃないから、また元に戻っちゃうかしら。

思いもかけず早く着いたスタジアムで思いがけないものを見ました。いいものと悪いもの1つずつ。

まず、いいもの。コンコースから関係者のドア(?)に入っていく大東社長、とっても素敵なネクタイをしてらっしゃいました。エンジと紺に細い白が入った、斜めのストライプ模様。チームカラーをさりげなく身につけて、おしゃれ。ああいうさりげない感じのものは、グッズになったりはしないのかしら。

そして、悪いもののほう。もう、ネットで話題になってるから、その場にいらっしゃらなくても、ご存知の方多いと思います。6ゲート近くでのもめ事。もめ事という言葉は、その時の状況をうまく表現できてないです。たった1人の男性を20人くらいの男たちが取り囲んで、つかみ掛からんばかりに詰め寄って、恫喝してました。赤のスカジャンを着た男たち。どうしても謝らせたいようで、「解らないってなんだよ。テメェは何度も同じことしてんじゃねぇか!」などなど、切れ切れに耳に入るひどい言葉。警備員さんが1人だけいたけど、もちろん、1人で多数を留められるわけもなく、見てるだけでも怖かったです。

どうやら、断幕のことでもめてるらしいとは分かったけど、その時には理由は分からず、取り囲まれている人が、よほどおかしな幕でも出してたのかと思ってたけど、ご本人が書いてらっしゃるのをネットで見て(リンクは貼りません)ビックリ。書いてあったのは「サポーターにもマナー・ルールがある。 目指せ!最強・最高のサポーター!」「相手を罵るのではなく、 チームを鼓舞せよ!」という文字だったんですね。スタジアムに張り出してはいけない言葉はあると思います。でも、これはそういう言葉には思えないですけど…。

残念なことだけど、満男選手がサポーターと一体感があると言っていても、わたしには、一体感を持ちたくない人が少数だけどスタジアムにいます。怖いし、ゴール裏には、あまり行きたくない。わたしの知人には、実家がカシマスタジアムから徒歩10分のところにありながら、もちろんアントラーズは応援してるけど「スタジアムには行かない」と断言している人もいます。もともとわたしは、アントラーズを応援していて、満男選手のファンになったのだけど、満男選手がイタリア行ってるあいだには、スタジアムからすっかり足が遠のいてました。理由はいろいろあるのだけど、一昨日のようなことを見聞きしてたことも大きい気がします。長くスタジアムに通ってると、いいこともあるけど、悪いこともあるから。ちょっと離れちゃうと、悪いイメージが大きくなっちゃうんですよね。性格もあるのかもしれないけど(汗)。

書いてたら、また悪いイメージばっかりになってきちゃいました。切り替えないと。明日こそは勝って欲しいですね。お願い!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.11.28

奇遇 in ソウル

最終戦に向けて、真剣モードの中、またまた緩い話題で申し訳ありません。ちょっと前の話になっちゃいますけど、びっくりして、かなりうれしかったこと。

前々節を観戦してなかったのは、満男選手が出場停止になったからではなくて、前々から予定していたソウル旅行のためだったんです(汗)。今さら韓流にはまった友だちとそのお仲間のお誘いで。なかなか一緒に旅行する機会もないので、スタジアムに行くことを取るか、かなり悩んだ上の決断でした。だから、たまたまF・マリノス戦で満男選手がイエローカードをもらったのは、申し訳ないけど、ちょっとありがたかった。レイソル戦勝ったから言えることだけど、どこかで4枚目をもらってしまうならそこでと思ってたので(大汗)。

ただ、せっかく行った韓国だったのに、着いた途端に体調を崩してしまって、観光はほとんど出来ず。出かけるのは食事だけみたいな状態(涙)。最後の夜、だるい体で考える気力もなく、ただただ皆にに付いて行った料理屋の入口の階段を上がって行こうというところで、友だちの大きな声。「いるじゃん!!」。いたんですよ。正確には写真の中にいたんです、満男選手と本山選手が!

本当に大衆的な、食堂っていう感じのお店ながら、日本のTVや雑誌にもよく紹介されている有名店らしいんですけど、入り口近くの壁には訪れた有名人たちの写真がビッシリ。その中に、3枚も二人の写真が張ってあったんです。テーブルについた2人の後ろにお店の人が立って撮った記念写真。店のお母さん「モトヤマ。オガサワラ」と、名前も憶えてました(笑)。

ダルダルだったのが、一気に元気になってしまいましたよ(笑)。仙台の牛タン屋で、座った席の目の前に満男選手のサインを発見した時も驚いたけど、まさかソウルでこんなことがあるとは。あ〜、奇遇です。運命を感じました(爆)。

写真には'00/6/4の日付が入ってました。でも。満男選手の顔19歳には見えないし、髪形も坊主っぽくて若い時とは違うし、みんな長袖なので夏ではなさそうだし、カメラの日付がずれてたのかな。本山選手が長髪なので、少し前のものみたいだけど、本山選手と満男選手が韓国旅行をしたって話ありましたっけ? アントラーズではソウルは行ってないと思うけど、代表?? そんな余裕のある日程の時ってあったかしら。

証拠写真、友だちが撮影してくれたんだけど、まだ送ってもらってないので今日はなしです。約束通り送ってくれたらこのブログに載せるかも。でも、そういう時って、肖像権とかどうなるんでしょうね。やっぱり満男選手の許可がいるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

何が起こっているの?

トニーニョ・セレーゾ監督との来期契約について

ロクに更新しないで、こんな時ばかりですみません。なぜ、今、こういう発表があるのでしょう。今季は、セレーゾ監督、攻撃的なチームを作って、今までと違ったやり方を見せていると思うから、今のやり方が成熟していく、来期以降の新しいアントラーズの姿を見たかったのだけど。去年までのやり方には飽きがきてたから、昨年末に解任なら、納得できたんですけど(汗)。

来季のセレーゾ監督、もう新しいいいオファーが来てるのかしら。敵チームの監督にだけはなって欲しくないなぁ。こんなに恐い相手は、そういないですよね。

それにしても、この時期の発表、来季はいないから、監督も選手も、最後を頑張れってことでしょうかね? 覚え書きを無視した件といい、アントラーズのフロントのやり方は分からないです。今まで信頼してたんだけどなぁ。

| | トラックバック (1)

2004.12.01

Re: 満男が心配でなりません

満男選手の調子と海外移籍について、心配しているというメールをいただきました。お返事を書いたのですけど、ほかにもメールをいただいたりして、心配されている方が、意外と多いのかもしれないと思い、こちらにも同じ文章をあげさせてもらうことにしました。率直なわたしの気持ちです。読んでみてください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

○○さん、おひさしぶりです。ありです。

移籍に関しては、心配されることはないと思いますよ。本人が行きたがっているので、行くことになるだろうという話を、人づてに、少し前に聞いてますから。アントラーズのフロントを、もう少し、信頼してあげてください。

満男選手のできに関しても、わたしはそれほど心配してないんです。今年は、代表にサブで長時間拘束されちゃったから、コンディションを崩していることも多かったけど。コンディションさえ整っていれば、鹿島にいても、欧州にいても、1歩1歩進んでいってくれると思っているので。今までも、そうでしたし。

時期としては、今行けばシーズン途中ですから、即戦力として期待され、なじむための十分な時間は与えてもらえないと思います。夏の向こうのキャンプの時からゆっくり入ったほうがいいのかもしません。だから、この冬は、いい条件の話があれば行けばいいと思うけど、焦って無理してまで行く必要はないんじゃないかな。

こういうことでソワソワしてしまう選手ではないと思うけど、周囲、特にマスコミが騒がしいでしょうし、本人も多少は落ち着かない気持ちかも知れません。移籍はタイミングだから、本人やフロントや代理人の方の努力だけではどうにもならない部分も大きいと思います。周囲がいろいろ言っても、どうなるものでもないでしょう。静かに見守りましょうよ。サイトの方にも書いたけど、今は、満男選手を、そしてチームを天皇杯に集中させてあげることが1番だと思います。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

満男選手のコラムから長くなりますけど、もう一度引用させてもらいますね。

『僕の海外移籍のことが、新聞で報道されたけど、いま僕はアントラーズの一員。ここでプレーすることが、最も大事なことだと考えています。だから、移籍云々というよりも、まず次の試合について考えたいです。』

次の試合について考えさせてあげましょうよ。

| | トラックバック (0)

2004.05.06

4年間皆勤賞?!

GWが無事すぎたので、これで4年間、アントラーズの公式戦で満男選手が出場する試合を、全部見たことになります(汗)。4年前のGWをバリ島で過ごしてた時には、こんな人生送ることになるとは、夢にも思ってなかったんだけど(笑)。もちろん、高校時代とか、もっと前から満男選手を応援してらっしゃる方に比べれは、そんなの自己満足の自慢話にすぎないでしょうけど、普段は長続きのしないわたしにとっては大事件です(爆)。

目が離せなかったんですよね。ともかく、一つ一つできることが増えていくのが素人のわたしにも見えて。こういうことを目標にやってるとか、こういうプレーを身につけたいと思ってるとか、満男選手の目標も分かる気がして見守ってきました。幸せな勘違いでしょうけど(笑)。

これからも長く見続けたいと思うけど、なによりコンディションがいい満男選手のプレーがたくさん見たいですね。コンディションのいい時にできる試合って、ホントに少ない気がするから。これまでの4年間で一番記憶に残ってる場面は、去年のバンコクでの途中交代の一コマの気がするけど(汗)、これからは、なるべくたくさん楽しい記憶が残って欲しいなと思ってます。

|

2004.05.01

「そろそろ化けてよ小笠原君」と

フジテレビの「すぽると」で金子達仁さんが言ってました。今後の日本代表のキーマンとして、川口選手と2人の名前を挙げてです。

今、アントラーズでとても大切なことを学びつつある気がするんですよね。今まで、身につけることができなかった何かを身につけられる機会なのかもという気がしてます。それが、どんなプレーかは、わたしには分からないけど。苦境のチームの中で、もがく経験で、また、ひとまわり大きくなっていくような。だから、代表での満男選手に、今ひとつ興味が湧いてません。でも、こういう時って、代表に選ばれれば、いい気分転換になるのかもしれないですね。ともかく、代表に選ばれようが、チームにいようが、ケガなく、いいコンディションでプレーし続けて欲しいですね(祈)。

|

2004.04.25

本山選手2アシスト

「新選組!」を見てたので、ハンガリー戦、前半の終わりからしか見てないですが、本山選手が入って、いきなり2点。ホント、流れを変えることのできる選手ですね。スーパーサブで出てた頃の活躍ぶりを思い出して懐かしい気持ちになりました。心配されたケガだけど、TVで見る限りでは、セレッソ戦とは全くプレーぶりが違ってて、接触を嫌がるそぶりもなかったから大丈夫なのかな。もう1試合あるけど、ケガを悪化させることなく帰って、アントラーズでも活躍して欲しいですね。

|

2004.04.17

女子日本代表

テレビ朝日が、あまりにシツコク取り上げるので、試合の前から飽きかけそうになってたんですが(汗)、今日の日刊の紙面に面白い記事がありました。選手のタイプを男子選手の名前で表したもの。井原選手とか、闘莉王選手とかいろんな名前がある中で、満男選手に例えられた選手がいました。

81年生まれのMF小林弥生選手。負けず嫌いで、精度の高いキック力な特筆モノとの寸評です。なんか急に女子代表に興味が沸いてきました。単純ですね(笑)。

|

2004.04.06

コンビは時間より相性?

サッカーマガジンの西部謙司さんのコラムのタイトルです。木村和司さんが「何年一緒にやっても合わない人は合わない」と言っていたエピソードが紹介されてます。


前に、風間八宏さんが、ワールドカップジャーナルで、普段仲がいいかどうかと、ピッチ上で相性がいいかどうかは、全然別というような話をしていて、興味深く聞いたのを思い出しました。相性って、面白いですね。

|

より以前の記事一覧